2017年01月05日

ワールドビジネスサテライト|どうなる!?2017年世界経済の行方

ワールドビジネスサテライト
どうなる?! 2017年の世界経済



アメリカ経済の注目点
キーワードは「ドル高の行方」


ドル高が続けば、自動車産業などの従来型の企業の業績に影を落とすことになります。アメリカ経済の成長が伸びなければ、トランプ氏がドル高への牽制球を得意のツイッターで行う可能性も否定できません。

アメリカ経済とドル高の関係について、コロンビア大学のグレン・ハバード学長は次のように語ります。これまでドル高は世界経済へのプレゼントのようなものでした。しかし、ドルが上がりすぎると金融政策に影響を与えます。大方の予想では、今年の利上げの回数は3回と目されていますが、急激なドル高が進めば、利上げの回数が減るかもしれないといわれています。

欧州経済の注目点
キーワード「3人の女性政治家」


今年は、オランダ、ドイツ、フランスで選挙がありますが、イギリスのようにEU離脱の動きが続くのかどうかが焦点となっています。その鍵を握っているのが三人の女性政治家です。

フランス野党国民戦線党首のルペン氏
EU離脱を掲げているルペン氏は、4月のフランス大統領選挙において2位の支持率を得ています。フランス大統領の権限は、首相の任命、議会の解散権、国民投票の実施など大きな権限を持っていますので、ルペン氏が大統領になった場合は、EU崩壊の危機に陥る可能性もあります。

ドイツ野党のドイツのための選択肢のフラウケ・ペトリー氏
反EUを掲げるペトリー氏率いるドイツのための選択肢は結党からわずか4年の政党ですが、移民問題などが追い風となって政権与党を脅かす支持率を得るまでに成長しています。

メルケル首相
上記二人の政治家の動きをなんとか封じ目込めようとしているのがドイツのメルケル首相です。12年目の任期を迎えるメルケル首相ですが、秋の総選挙で仮に野党に大きく議席を奪われ、辞任に追い込まれるようなこととなれば、市場には大きな衝撃が走ると予想されています。ただ、目下のところ、ルペン氏やペトリー氏が選挙で敗れ、メルケル首相側が勝つというのが大方の予想です。

中国経済の注目点
キーワード「緩やかな景気減速」


2017年は2020年までの目標である年率6.5%成長を下回ると予想されています。現在、中国経済を支えているのは、政府によるインフラ投資と住宅ブームです。しかし、それ以外で経済を牽引する産業が育っていないのが大きな課題となっています。周政権は、2017年を構造改革を進める痛みの年とする考えがありますが、秋には今後5年間の指導部の顔ぶれを決める共産党大会が控えているため、国内景気の下支えを優先せざるを得ないのではないかとの声もあります。構造改革を進めながら、景気の減速をいかに回避するか周政権の舵取りが問われます。









posted by CYL at 22:46 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月25日

がっちりマンデー|2016儲かりキーワード

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s.jpg


儲かりキーワード1
”フィンテック”


フィンテックは、数年前にアメリカで生まれたファイナンス(金融)とテクノロジー(技術)を組み合わせた造語です。フィンテックによって、お金にまつわる色々なサービスがデジタルでますます便利にお手軽になることが予想されます。

たとえば、スイカやパスモ、スマホによる支払い、自動改札でのオートチャージなどが、フィンテックにひとつにあたります。

そんなフィンテックでがっちり儲かっているのが、港区芝にある株式会社マネーフォーワードです。マネーフォーワードのフィンテックは、スマホによる自動家計簿です。現在、利用者数は400万人を超えてがっちり儲かっているようです。

さらに今年2月に最新のフィンテックビジネスをはじめたのが港区赤坂にある株式会社お金のデザインです。お金のデザインでは、一部のプロやお金持ちが使っているような資産運用サービスをフィンテックの力で誰でも簡単に安く使うことができるサービスを提供しています。

お金のデザインが提供するサービスは資産運用プログラム「THEO(テオ)」です。コンピュータが利用者の運用方針に合わせて自動でお金の運用をしてくれるサービスです。

お金を預けて投資の場合、普通の手数料は運用金額の2から3%ですが、THEOの場合は1%です。現在、THEOで資産運用中の人は12000人います。


儲かりキーワード2
”チャットボット”


たとえば、カスタマーサポートなど現在は、質問に対して人間が答えていますが、その人間にかわってロボットが質問に答えてくれるサービスがチャットボットです。目下、色々な会社が導入を検討しています。


クロネコヤマトのチャットボット
ラインでお届け日の確認

アスクルのチャットボット
ロハコ」マナミさん
ひと月の問い合わせ件数、約2万件のうち、マナミさんが解決するのは実に4割の8000件。その分、カスタマーサービスの負担が減るため、より丁寧な対応ができるようになるといいます。

ロハコ事業の売り上げは、2013年にマナミさんを導入した21億円から3年間で約1.5倍の328億円まで上昇し、右肩あがりの急成長を遂げてがっちり儲かっています。


儲かりキーワード3
”グランピング”


グラマラス(魅力的な)とキャンピングをあわせた造語です。10年ほど前にヨーロッパで生まれたぐらんぴんぐは、ちょっとリッチなサービスと手軽なキャンプ体験ができると、若い女性を中心に大人気を博しています。

千葉県木更津市にあるワイルドビーチサイドグランピングパークでは、特製テントにはベットが用意されています。キャンプなのにベッドで眠ることができるのです。さらにコテージ型ホテルには、シャワーはもちろんジャグジーまで完備されており、その風情はまさに高級ホテルそのものです。

星野リゾート
日本初のグランピングリゾート
河口湖 「星のや富士







posted by CYL at 08:48 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月18日

がっちりマンデー|法律改正でがっちり

fa62f22105721a024fac653653cf0409_s.jpg


がっちりマンデー|法律改正でがっちり


法律が変わることによって規制が緩和されて企業が参入しやすくなったり、逆に規制が厳しくなることで活路を見出す企業があります。今回はそんな法律改正によってがっちり儲かっている企業の儲かりの秘密に迫ります。

がっちり企業1
警備会社のALSOKが狩猟ビジネス


改正された法律
 鳥獣保護法

 鳥類・哺乳類などの野生動物は保護が必要でむやみに捕獲できない

平成26年に改正
 改正前
 狩猟ができるのは猟友会
 改正後
 猟友会と一般企業のハンター

実はあまり知られていませんが、平成27年 鳥獣による全国の被害額は200億円以上だと言われています。そして狩猟の需要に対してハンター不足が問題となっていました。それを解消するために行われたのが平成26年の法律改正です。

法律改正を受けて、猟銃による被害に悩む農家のために狩猟ビジネスに乗り出したのが警備会社としてお馴染みのALSOKです。

016c95affd526fd385d1e39e82187aa4_s.jpg


法律の改正で一般企業が狩猟を行うことが可能となりましたが、そのためには狩猟免許を持ったハンターが必要です。猟銃免許には銃で捕獲できる免許や罠で捕獲できる免許など数種類あります。ALSOKでは、罠で捕獲できる免許を取得して、鳥獣の捕獲を行います。

罠による捕獲には警備会社のALSOKならではノウハウが使われています。それは泥棒など検知するセンサーです。罠をセンサーで感知することで、罠を見回る作業の効率化を計っています。

まとめ
法改正による一般企業の参入
 →競合他社が少ない
本業のノウハウを活用
 →人感センサー



3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_s.jpg


がっちり企業2
自動車部品製造会社が農業を兼業



農地法
農地を勝手に企業に貸したり農地に建物を建てることを許可しない法律

平成21年に改正
 改正前
 農業と関係ない企業は農業ビジネスNG

 改正後
 農業と関係のない企業も農業ビジネスOK

改正後、2000を超える企業が農業に参入しています。

熊本県天草市にある熊本部品株式会社は、自動車部品のワイヤーハーネス(電気配線)をつくっている会社です。ワイヤーハーネスとは、ライト、オーディオ、ギアー、ハンドルなどに電気信号を届けるための配線で、人間に例えると血管や神経に相当する部品です。

熊本部品では法律改正でベビーリーフの栽培を始めました。ベビーリーフは、発芽後、30日ほどで収穫ができる野菜やハーブの若い葉っぱです。年に何度も安定して収穫ができることから、販売代金の入金があることで経営に役立っています。

自動車部品会社の様々なノウハウがベビーリーフ作りに役立てられています。例えば、ベビーリーフ工場で活躍する機械は、自分たちが使いやすいように全て自社で手作りされています。また、ワイヤーハーネス作りで培われた品質管理はベビーリーフづくりにも活用されています。

ベビーリーフを熊本部品から仕入れている果実堂は、 欠品、クレームを出さない熊本部品とは取引をしたい会社の一つだと語ります。品質の高いものを安定して大量につくるのは工業も農業も同じなのです。

熊本部品の年間売り上げ30億円のうち、ベビーリーフだけで1億円だというから驚きです。

まとめ
ベビーリーフ
 →年に数度の安定した売り上げ
本業の技術、ノウハウの活用
 →作業員の手工業技術
 →機械設計
 →品質管理



がっちり企業3
ネット販売で食品ロスをなくす



食品リサイクル法
食品廃棄物(食べ残しや売れ残り)を減らすための法律
平成12年に成立、13年に施行

東京五反田にあるグラウクス株式会社は、KURADASHIというサイトを運営するネット販売の会社です。KURADASHIでは、賞味期限が短いなど訳あり商品を安価に販売をしています。実はKURADASHIに掲載されている商品は、日本の食品業界にある3分の1ルールという暗黙の習わしによって食品ロスになってしまった商品が一部掲載されています。

3分の1ルール
例えば、賞味期限1年の商品があります。賞味期限の3分の1にあたるのは4ヶ月ですが、小売店は製造日から4ヶ月以内の商品でないと仕入れません。また、小売店では賞味期限が4ヶ月残っていない商品は店頭に並べることはしないのです。

製造日から4ヶ月以上経過した商品
 →食品ロス→KURADASHIで販売

賞味期限が4ヶ月以上ない商品
 →食品ロス→KURADASHIで販売


まとめ
食品ロスになる商品
→販売することでがっちり





posted by CYL at 08:58 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月15日

オイコノミア|落語の経済学

232276346239ee27e910463bccd4b92d_s.jpg


オイコノミア|落語の経済学



落語「千両みかん」の経済学
落語の演目「千両みかん」から経済学が見えてきます。果たしてそれは一体どんなことでしょうか、探して見ましょう。

千両みかんとはこんなお話。
8月にみかんを食べたいと病に臥せった若旦那が言った。その父は息子のためを思い番頭さんにみかんを探すように頼んだ。ところがみかんは冬の果物だけに江戸中の八百屋をまわった番頭さんでしたが、みかんを見つけることができませんでした。

みかん問屋を訪れた番頭さん。みかんはあるがそのお値段は、、、なんと千両だというではありませんか。若旦那の願いを叶えるためには千両でも安いと若旦那の父は番頭さんに購入するように命じました。若旦那はみかんを美味しそうに食べ、残り3房を父、母に分けて、最後の一房は番頭さんへとみかんを手渡しました。みかん1つで千両ということは1房100文と考えた番頭さんはそのまま姿をくらませてしまったというお話です。

この千両みかんのお話を経済学の視点から見てみると2つの経済学用語が浮かび上がります。それは次の2つです。

1、使用価値
あるモノが「使う人にとって」どのくらい価値があるのか。
例:若旦那とそのお父さんには、みかんは千両の価値があった

2、交換価値
市場でほかの商品と交換できる客観的な価値
みかんには千両の交換価値はない
つまり、使用価値と交換価値はイコールではない。


5ae28ca760dccdfbc99c282f5ea6a968_s.jpg


落語「花見酒」の経済学
花見酒はこんな話です。
兄貴分と弟分の二人が花見の季節に酒を売ってひと儲けしようと考えました。二人は酒屋で2升のお酒を後払いで購入しました。酒を運ぶ途中で兄貴分は我慢できずに弟分に10文を払って一杯飲んでしまった。弟分はお金を払ってもらったので文句はありません。少しすると今度は弟分がお酒を飲みたくなってしまった。弟分は先ほど兄貴分からもらった10文を兄貴分に払って一杯飲んだ。お互いに10文をやり取りしながら続けていくうちにお酒は空になってしまいました。

この話から見えてくる経済学は
「共有地の悲劇」です。

共有地の悲劇とは
何人かで共有する資源をそれぞれが自由に使えると乱用して悪い結果になってしまう。
例:牧草地→牧草は食べ尽くされてしまう
うなぎ →取り放題→絶滅

ひとりが所有していれば大切に使うことになるが、共有地の悲劇は、”みんなのものは誰のものでもない”ということです。税金は共有地の悲劇の一例かも知れません。


6dcc885d3f1fbae641d11a13eb90aec4_s.jpg


落語界の仕組みを
経済学で考える


入門(弟子入り)しないとプロの落語家になれないのが落語の世界です。落語の世界には独特の階級があります。見習い→前座→二ツ目→真打ちという4段階の階級です。この階級は年功序列で約15年で真打ちに昇格するといいます。

落語界が徒弟制度になっているのには訳があります。経済用語の人的資本(人間が身につけている知識や技能を資本とみなすこと)は、さらに二つに分類することができます。一般的人的資本と特殊的人的資本です。落語は特殊的人的資源にあたり、教科書などに記述するのが難しいため、徒弟制度が今も続いているのです。

一般的人的資本
読み書き、計算、外国語など応用範囲の広い能力

特殊的人的資本
一部の専門的な職種でのみ力を発揮できる能力。
教科書などに記述するのが難しく徒弟制度が効果的だとされる。










posted by CYL at 07:00 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月14日

ガイアの夜明け|冬の味覚に異変あり

6e61dddd72c2fe4257579b5d49f658bc_s.jpg


ガイアの夜明け
冬の味覚が大ピンチ
ライバルは世界


カニがピンチ
日本人が愛してやまないカニが、いま、世界で奪い合いとなっています。日本のカニを確保するため日本の商社が未知の海域に挑みます。

中国でのカニの消費拡大などで日本のカニの確保が困難になりつつあります。市場在庫の減少で年末のカニが確保できない可能性もあるといいます。

カニ確保がピンチのワケ
1、ロシアから日本への輸出制限(自然保護)
2、アメリカが2016年の漁獲枠を4割削減
3、中国での需要の増加


0a192779892d7208a0f280f12dfa4d44_s.jpg


目指せ、新たな漁場開拓!
東京中央区にある水産商社のアライアンスシーフーズは、様々な海産物を取り扱っており、カニの輸入においては日本でトップクラスの会社です。世界の主なカニの漁場はロシア、アメリカ、カナダの3つですが、アライアンスシーフーズは新たな漁場を探すべく、ノルウェーの北にあるバレンツ海に希望を託しました。

年末のカニを確保するという大きな任務を与えられたのがアライアンスシーフーズの大谷さんです。大谷さんはバレンツ海から輸入される商品には品質に大きな課題があることを感じていました。それを改善するのが大きな任務のひとつとなっていました。

バレンツ海を臨む街、ボーツフィヨルドにやってきた大谷さんが握手を交わしたのは、カニ漁船の船長のウルフさんです。船に乗り込む船員は20代の若者たち。ほとんどカニ漁の経験はなく、カニを食べたことすらない人たちです。それもそのはずノルウェーにはカニを食べる習慣がないといいます。

そんな船員たちを乗せた船が向かうのはこれまで行ったことのない北極圏にある海域です。船員たちはエサとなるスルメイカやニシンを仕込みます。出発から30時間後、やっと漁場に到着しました。到着するとエサをつけたカゴを海に仕掛けます。その数は200。2日後にカゴを引き上げます。最初のカゴにはタラバガニが多く入っていました。幸先のよいスタートとなりました。

問題は加工方法
カニを捕獲した後の加工工程をつぶさに観察をする大谷さんの姿がありました。ミソが付着、エラの付着を見つけると船員に指導を行います。いいカニが取れても加工が悪ければ商品にならないと大谷さんは語ります。だからこそ加工工程は細心の注意を払って仕事をすることの必要性を船員たちに根気よく指導するのです。

結局、新たな漁場探しの挑戦は、カニの脱皮時期が通常よりも2ヶ月早かったことなどの理由もあり(脱皮したてのカニは身が詰まっておらず商品価値がない)漁獲量は予定の4分の1で終わりを迎えることとなりました。

d8299ad4dc9c7b5b0a29d71f0712af0a_s.jpg


中国のカニ需要の高まり
韓国釜山は世界から海産物が集まる東アジアの貿易拠点のひとつです。そこにやって来たのはアライアンスシーフーズのカニの仕入れ担当者です。

年末用のカニの仕入れを目的に韓国人の仲買人と会いましたが、日本よりも高く買ってくれる中国に売ったばかりで交渉の席にも着くことすら叶いませんでした。

次にやってきたのは大きな冷凍倉庫。品質のよい小ぶりのカニを発見した仕入れ担当者は早速韓国のブローカーとの交渉に臨みました。まず、提示したのは昨年と同様の金額です。これにはブローカーは見向きもしませんでした。さらに1割り増しの値段を提示しても取りつく島もない状態。結局、交渉の結果、落ち着いた額は昨年の3割増しの金額でした。これには仕入れ担当者も予想を超える高相場となっていることを肌で感じたようです。







posted by CYL at 08:00 | ガイアの夜明け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする