2017年04月23日

がっちりマンデー|お泊まりウォーズ

57010c30c3208ddb17328b7c8fd7e3c4_s.jpg


がっちりマンデー|お泊まりウォーズ



外国人観光客の増加によりホテルなどの需要が高まっています。宿泊産業の市場規模はおよそ3兆円と言われています。そんな今、ホットな宿泊産業の中でもキラリと光る独自のお泊まりビジネスでがっちり儲かっている会社の秘密に迫ります!

トピック
箱根豪華リゾートでも一人5000円?!
何もなさそうな立地でも大人気の宿とは
豪華なカプセルホテルとは?

四季リゾーツ|フォレスト箱根
箱根と言えば言わずと知れた高級リゾート地です。そんな箱根にある四季リゾーツのフォレスト箱根は、一泊素泊まりで5000円で宿泊することができます。周辺の宿の相場が2万円から5万円であることを考えるとその値段の安さは際立っています。しかも、その値段全シーズンを通して5,000円均一というから驚きです。

安さの秘密:企業保養所
四季リゾーツの安さの秘密は、企業の保養所であるということです。バブル時代に大企業は社員の福利厚生として豪華な保養所をたくさん作りました。しかし、空き部屋が多く赤字が続き、会社のお荷物となっている事例が多く存在していました。そこで四季リゾーツは、空いている部屋を一般の人が安く使えるようにすることを考えたのです。

四季リゾーツの仕組み
四季リゾーツは企業の保養所の維持費を負担します。一般のお客さんに空き部屋を提供する一方で、半分は企業保養所の機能を残しながら、半分の部屋はオーナー企業の社員の予約を優先して受けつけます。つまり、一般のお客さんは安く泊まれる一方で、オーナー企業は保養所機能を残したまま赤字を減らすことができるというワケです。四季リゾーツの宿は全国に21施設、その売り上げは年間10億円とがっちり儲かっているようです。


c88f359ebe51158e5113b73dcd1ecfe9_s.jpg


株式会社旅籠屋
旅籠屋はアメリカ映画で頻繁に登場するモーテル方式の宿を北は秋田県から南は鹿児島まで全国58店舗を展開しています。その年間売り上げは17億円と右肩上がりの成長を続けています。

サービスをしないのがサービス
旅籠屋の儲かりの秘密は、そのサービスの提供方法にあります。豪華な食事や温泉、娯楽施設などのサービスを提供しない代わりに値段を安く提供しています。料金は一部屋単位での設定となっており、例えば平日1名で宿泊の場合は5,000円ですが、4名で宿泊した場合は10,000円で宿泊することができます。つまり、家族などの大人数で宿泊をするとお得な料金体系となっています。

さらに料金は前払い方式なので、チェックインを済ませれば何泊してもフロントを通る必要はありません。チェックアウトの際も鍵を指定のポストに入れるだけなので、チェックアウト時にフロントに並ぶ必要もありません。

立地に秘密アリ
旅籠屋の儲かりのもう一つの秘密がその立地です。周りは観光地でも繁華街でもなく、一見周りには何もないような場所にありますが、実は車を走らせほど近い場所に高速のインターチェンジがあります。つまり、旅籠屋は車で旅行する人をターゲットにしているのです。そのため、旅籠屋の立地は、近くにインターチェンジがあるロードサイトとなっています。

cb6a278898644db2dd9ff1b77bd30be9_s.jpg


ファーストキャビン
都市部の駅前に12店舗を展開するファーストキャビンは、豪華なカプセルホテルです。カプセルホテルと聞いてイメージする窮屈で狭い部屋(カプセル)ではなく、一見するとまるでビジネスホテルのようで、ベッドとテレビが備わっています。

ファーストキャビンの儲かりの秘密は、カプセルホテル(簡易宿泊所)であることです。旅館業法では、ホテルには各部屋に窓が必要で広さも9平米以上という決まりがあります。ところがカプセルホテルは、旅館業法上では簡易宿泊所となるので部屋に窓も広さも関係ありません。

また、オフィスビルを改装して作っているので、その建築費用を安く抑えることが可能となっています。日本橋よこやま町店の場合、通常のホテルにした場合、そのコストは5億円以上ですが、ファーストキャビンの場合は3.5億円、さらに通常のホテル場合は工期が2年以上かかりますが、ファーストキャビンの場合は7ヶ月で完成しました。



関連記事
カンブリア宮殿|ベネフィット・ワン社長_白石徳生
WBS|旅行界の巨人「エクスペディア」の新戦略
ガイアの夜明け|民泊支援ビジネス続々登場!
WBS|アートとコラボの新ホテル「BnAホテル高円寺」
ガイアの夜明け|新ロボット革命、始まる〜変なホテル&ペッパー
posted by CYL at 10:28 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月16日

がっちりマンデー|儲かる業務用電気

7cd1f87990cdbc94229f7e0a6aeacd0b_s.jpg


がっちりマンデー|儲かる業務用電気



家庭用電気、略して”家電”はお馴染みの言葉ですが、今回は業務用電気、略して”業電”の儲かりの秘密に迫ります!

トピック
コンビニで目にする業電とは?
群馬県から現れた世界初の業電とは?
石川県で密かに作られていた超巨大業電とは?



コンビニで目にする業電とは?
神奈川県横浜市にあるエイシン電機株式会社の儲かり業電は、コンビニで見かけるコロッケやチキンなどを保存しておく「ホットショーケース」です。エイシン電機は、1976年の創業以来、ホットショーケースの製造販売を行っています。そのシェアは3割と業界で確固たる地位を築いてきました。年間の販売台数は3000台とがっちり儲かっているようです。

ホットショーケースの仕組みを見てみるとホットショーケースの底面付近にフィンヒーターというヒレのような形のものが連なった棒状のヒーターが回転することで、熱がケース内に乱反射して全体を均一に温めます。さらに中の商品を美味しくキープするために加湿器も装備されています。

また商品を美味しそうに見せるために秘密があります。それは照明です。キセノンボーランプという自動車のヘッドランプに使われているランプを使用しています。

26e8524da89609670abcbbc37a343268_s.jpg


群馬県から現れた世界初の業電とは?
群馬県高崎にあるマーズカンパニー(MARS Company)の儲かり業電は、業務用ドリンク冷蔵庫です。マイナス7.9度に冷やされた庫内から取り出されたペットボトルの水をコップにあけると水はマイナスの温度で保存されていたにも関わらず凍っていません。ところがコップの中に凍ったイチゴを入れてみると、あら不思議、今まで液体だった水が一瞬にして凍ってしまいました。なぜなのでしょうか?それは、水は0度以下でも凍るきっかけがないと凍らないという性質があります。つまり、通常の冷蔵庫では、庫内の振動、湿度ムラ、風がきっかけとなり凍ってしまうのです。逆に、それらの水が凍るきっかけを取り除いて、凍らないようにした冷蔵庫がマーズカンパニーが2014年に開発した”世界初”氷点下でも凍らない冷蔵庫「トーキョースノーマン(Tokyo Snowman)」なのです。ちなみに販売価格の定価は398,000円です。

さらにマーズカンパニーの儲かりの業電がもう一つあります。それが業務用冷蔵庫「蔵番」です。蔵番の最大の特徴は、庫内に電気を流すことで氷点下でも食材が凍ることがないということです。つまり、凍らないので解凍する必要がなく、0度以下保存で微生物の働きを抑え、食材が傷むことがないため今流行りの熟成肉を簡単に作ることができます。

62e05de6f74538f065fb3fcac7a786e9_s.jpg

石川県で密かに作られていた超巨大業電とは?
石川県白山市にある稲本製作所の儲かり業電は、超巨大洗濯機です。その大きさは高さ2.7m、長さ10mと超巨大です。当然ただ大きいだけはありません。200枚以上のバスタオルを30分で洗い終えることができるという高性能です。洗濯機、脱水機、乾燥機付きでお値段は1億円を超えますがそれでも販売は好調のようです。その背景にあるのが、海外からの観光客の増加によるホテルの増加です。ホテルの増加に伴ってホテルで使用されるタオル、シーツ、枕カバーなどの洗い物が増え、洗濯専門業者からの需要が増えているのです。


posted by CYL at 10:44 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月02日

がっちりマンデー|ザ・商社の三井物産株式会社

b047cd7c31cb7b7b1cd44b36c3b34c70_s.jpg


がっちりマンデー|
ザ・商社年間収益5兆円!三井物産株式会社
日本と海外を繋ぐ商社の仕事


年間収益5兆円、日本が世界に誇る商社である三井物産株式会社の儲かりの秘密に迫ります。キーワードは「資源」です。

まずは商社とは、一体どんな仕事をしている会社でしょうか?一言で商社の仕事を表現すると”日本と海外をつなぐ仕事”ということができます。儲かりの秘密に迫りながら商社の仕事を見ていきましょう。

オーストラリアで鉄鉱石ビジネス
金属資源本部に所属する前田壮象さん(34)がオーストラリアの西海岸にあるパースで行っている仕事は、鉄鉱石の輸出です。鉄鉱石は鉄を作るために欠かせない”資源”です。オーストラリアは鉄鉱石の輸出量世界一で、オーストラリアでの三井物産の鉄鉱石ビジネスは、海外企業53%、三井物産33%、新日鐡住金14%の出資
比率のビジネスです。

前田さんの仕事に同行し向かったのは、年間3500万トンの鉄鉱石が採掘されるウエスト・アンジェラス鉄鉱山です。鉄鉱石は、小さなものだと製鉄所の溶鉱炉で使用する際に目詰まりを起こしてしまうので、塊の鉄鉱石の方が高価な価格で取引されると言います。


d37ab2ec8de0d97849ee8fad45927831_s.jpg


ロシアで天然ガスビジネス
エネルギー第二本部の山崎大輔さんがロシアのサハリンで行っている仕事は、天然ガスを日本へ輸出する仕事です。液化天然ガス(LNG)は、火力発電所などで使用される”資源”で、私たちの生活に欠かすことのできない電気を生み出す源です。

6ヶ月前にロシアに赴任した山崎さんの出向先企業が、サハリンエネジー社です。サハリンエナジー社は、ガスプロム50%、シェル27.5%、三井物産12.5%、三菱商事10%、出資の会社です。

ロシアは天然ガスの埋蔵量世界第2位です。山崎さんが仕事をするロシアのサハリンは北海道の北にある南北に細長い島で、日本と近いために天然ガスを輸送するための輸送費を抑えることができるという利点があります。

三井物産では、島の北東部で天然ガスを採取し、地下に埋めらたパイプラインで島の南部へ輸送します。輸送された天然ガスは、液化プラントでマイナス160度で冷却され液体天然ガスに変えられ日本へ輸送されます。

オーストラリアとロシアの仕事から商社は日本と海外をつなぐ仕事をしていることがわかります。三井物産は”資源”ビジネスでがっちり!!



posted by CYL at 10:31 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月26日

がっちりマンデー オリエンタルランド

145819822873180cd3ef94d9e9c80932_s.jpg


がっちりマンデー
オリエンタルランドの
がっちりの秘密に迫る



来場者の7割は関東から
東京ディズニーランドの年間入場者数は1983年の開園以来、右肩上がりを続け、2015年度は3019万人と開園当時に比べると約3倍の入場者数となっていますが、入場者数が増え続けているおおきな理由はご近所さんにあります。

来場者の地域別来園者比率を見てみると関東からやってくるひとが全体の67パーセントを占めています。しかもリピーターが多いのです。つまり、何度来てもリピーターを飽きさせないような仕組みがあります。季節ごとのイベントやジャングルクルーズではどの船長の船に乗るかで案内が変わってきます。

さらに来年者の滞在時間は、アトラクションなどを増やすことで、開園当初6時間でしたがいまでは平均滞在時間は9時間となっています。


ヒットを生み出す新商品開発会議
オリエンタルランドでは年間販売アイテム数2000点を販売していますが、その一方で年間5000点以上の新商品開発を行っているのです。その効果は、開園当初、一人当たりの平均グッズ売上は2700円でしたが、2015年度は3964円と約1.5倍に伸びていることからもわかります。

また、グッズが売れる大きなきっかけとなるのが、他のお客さんが身につけているグッズを見ることだといいます。SNSなどでアップされることによって、いかに多くの人の目に触れるようにすることもひとつのポイントとなっているようです。

eff60dc6e7f134a8ca32fec47d974c16_s.jpg


待ち時間を短くする工夫
例えば、人気アトラクションのセンターオブジアースでは、2名のお客と3名以上のお客を違う列に振り分けることで空席の発生を未然に防いでいます。空席を防ぐことで待ち時間の短縮に繋がるのです。行列の待ち時間が減ることでお客さんの疲れも軽減でき、たくさんのアトラクションを回ることができます。その結果、お客さんの満足度を高まるだけでなく、買い物や食事へと繋がるのです。


posted by CYL at 09:55 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月19日

がっちりマンデー 儲かる雑用ビジネス

d96d41284af0c85ee22842fb61dd3329_s.jpg


がっちりマンデー
儲かる雑用ビジネス
ロボットvs人間



ABBジャパン
限りなく人間に近いロボット「YuMi」

親会社のABBは本社をスイスに置く世界4大ロボットメーカーのひとつで、年商はおよそ3兆8千億円の大企業です。ABBが開発したのは、限りなく人間に近いロボット「YuMi」です。

これまで働くロボットといえば工場の産業用ロボットでしたが、大きくて危険ということで、ロボットは柵に囲まれて人間が近づけないようになっていました。ところが、YuMiは樹脂製で安全、小型軽量のため人の隣で作業をすることでできるのです。また、これまでと違うのは、家庭用の電源で稼働するということです。いつでも、どこでも、だれでも使えるのがYuMiなのです。

そして1番の特徴は、作業を教えることが簡単だということです。従来のロボットは、専門家によるプログラミング作業が必要でしたが、YuMiは直接人が触れて動かしながら教えることができるのです。

人間なら単純で飽きてしまう作業を繰り返し休みなく正確に行うYuMiが実際に働いているのが、飲食店のリンガーハットです。YuMiが行なっているのは、包んだ餃子をケースに移す作業です。心配なのは、YuMiのせいでリストラをされるひとが出てしまうのではないかという懸念がありますが、単純な作業をロボットに任せることで人間はより複雑な仕事により多くの時間を費やすことができるようになるといいます。人間とロボットでうまく仕事を分担することで効率がアップに繋がるのです。

外観けんた君
YuMiのお腹におおきな目をつけたロボットが外観けんた君です。製品の汚れや傷をチェックする外観検査をするロボットシステムです。

高齢化が進む現代では、今後、高齢化により労働者を集められなくなることが予測されます。そのため、人をロボットに置き換えるのではなく、人不足によりできない仕事をロボットが代わりに行うということがこれからのモノづくりの現場で起きてくるのではないかと担当者は語ります。

気になるYuMiのお値段は700万円。それでも様々な現場から問い合わせが殺到しているといいます。

08d0ddb245c6178b777de5456840a9de_s.jpg


RPA TECHNOLOGIES
ソフトウェアロボットBizRobo(ビズロボ)

港区赤坂にあるRPA TECHNOLOGIESは新しいロボットで話題の会社です。年商10億円のRPAが誇るロボットが、BizRobo(ビズロボ)です。「こんなのやりたくない」と人間が思うような雑用や事務処理をミスなくなってくれます。

ビズロボはパソコンの中にあるソフトウェアロボットです。例えば、経理の雑用で、社員から交通費の申請があった時に、金額が合っているかひとつひとつ経路を調べてチェックする作業は、単純ですが手間と時間がかかる作業です。それをビズロボが24時間365日休まずにやってくれます。20件の交通費申請がならば約30秒で作業は完了します。さらに金額が合っているか否かをチェックするだけでなく、それらのデータをワードやエクセルを使って同時にまとめてくれます。

ビズロボの利用目的は、繰り返しが多いルーチンワークをビズロボが行うことで、本来やらなければいけないこと、やりたいことに人間が集中することができる環境をつくることにあります。そして、その結果、会社としての付加価値を上げることに繋がるという訳です。

株式会社タスクールPLUS
レンタルオフィス&社員


オフィスだけでなく社員もレンタル
レンタル社員は、、、、
請求書、領収書、書類のコピー等の雑用を行う

posted by CYL at 09:11 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする