2017年12月23日

ワールドビジネスサテライト|AIスピーカー覇権争い

cb56fccc0e6cf908888e24461711c22f_s.jpg


ワールドビジネスサテライト|
AIスピーカー覇権争い
グーグル開発者会議


音声認識技術とAIを組み合わせることで話しかけるだけで、音楽をかけたり、家電を操作したりしてくれるAIスピーカー分野で激しい戦いを繰り広げているのがアマゾンとグーグルです。

年に1度開催されるグーグル開発者会議で注目を集めているのがAIに関するブースです。グーグルが開発を進めているAIスピーカーが「グーグルホーム」です。開発者会議では、現在、アメリカで販売されているグーグルホームが、来年の夏から日本でも発売されることが発表されました。

現在AIスピーカーの分野の圧倒的なシェアを誇るのがアマゾンです。次いでグーグルが2番手を走ります。アマゾンは、開発コードをいち早く公開したことで様々な企業がサービスを提供しています。例えば、ウーバーを呼んだりドミノピザで注文をしたりと1万を超えるサービスが利用可能となっています。一歩のグーグルは他社との連携が少ないことからサービスの面で、アマゾンの後塵を拝しています。

現時点では、首位を走るアマゾンと2番手を行くグーグルとは圧倒的な差がありますが、グーグルは今後どのような戦略でアマゾンと戦って行くのでしょうか?

グーグルは、ユーザーのスケジュールを把握して目的への出発時間を知らせてくれるといった新たな機能を追加するとしています。

また、会場ではグーグルが他社と連携して開発した音声を認識してその場でジュースを提供するジュースサーバーがあり、グーグルはこれまで遅れをとっていた他社との連携に力を入れ始めているのです。

さらにグーグルの強みである検索機能を活用して、グーグルが20年近く収集したデータをもとに自然な会話を可能にすると言います。

しかし、AIスピーカーはアップルやマイクロソフトも開発を進めていると言われており、今後、どの企業がリードするのかますます競争が激しさを増しそうです。

posted by CYL at 10:00 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワールドビジネスサテライト|AIスピーカー覇権争い

cb56fccc0e6cf908888e24461711c22f_s.jpg


ワールドビジネスサテライト|AIスピーカー覇権争い
グーグル開発者会議


音声認識技術とAIを組み合わせることで話しかけるだけで、音楽をかけたり、家電を操作したりしてくれるAIスピーカー分野で激しい戦いを繰り広げているのがアマゾンとグーグルです。

年に1度開催されるグーグル開発者会議で注目を集めているのがAIに関するブースです。グーグルが開発を進めているAIスピーカーが「グーグルホーム」です。開発者会議では、現在、アメリカで販売されているグーグルホームが、来年の夏から日本でも発売されることが発表されました。

現在AIスピーカーの分野の圧倒的なシェアを誇るのがアマゾンです。次いでグーグルが2番手を走ります。アマゾンは、開発コードをいち早く公開したことで様々な企業がサービスを提供しています。例えば、ウーバーを呼んだりドミノピザで注文をしたりと1万を超えるサービスが利用可能となっています。一歩のグーグルは他社との連携が少ないことからサービスの面で、アマゾンの後塵を拝しています。

現時点では、首位を走るアマゾンと2番手を行くグーグルとは圧倒的な差がありますが、グーグルは今後どのような戦略でアマゾンと戦って行くのでしょうか?

グーグルは、ユーザーのスケジュールを把握して目的への出発時間を知らせてくれるといった新たな機能を追加するとしています。

また、会場ではグーグルが他社と連携して開発した音声を認識してその場でジュースを提供するジュースサーバーがあり、グーグルはこれまで遅れをとっていた他社との連携に力を入れ始めているのです。

さらにグーグルの強みである検索機能を活用して、グーグルが20年近く収集したデータをもとに自然な会話を可能にすると言います。

しかし、AIスピーカーはアップルやマイクロソフトも開発を進めていると言われており、今後、どの企業がリードするのかますます競争が激しさを増しそうです。

posted by CYL at 10:00 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月06日

ワールドビジネスサテライト|パリ協定離脱に沸く石炭の街

7fe6f9ca8cfce7d53f1b41e75d9c91f7_s.jpg


ワールドビジネスサテライト|
パリ協定離脱に沸く石炭の街


アメリカのトランプ政権がパリ協定離脱宣言を行いました。二酸化炭素排出量で世界第2位のアメリカが、パリ協定から離脱する意味は世界の気候変動にとって決して小さくありません。ただ、正式な離脱はパリ協定の規定により3年後の2020年11月となります。

石炭産業の雇用創出
離脱を表明したトランプ大統領の演説で頻出したのが”石油産業”という言葉です。アメリカの石油産業の雇用は消えてなくなったのではなく他国に奪われているとトランプ大統領が語る通り、パリ協定離脱の背景には石油産業の支持者と石油産業の雇用創出の狙いがあるようです。

トランプ政権で石炭需要拡大
ウエストバージニア州チャールストン郊外にあるかつての石炭の街は、現在、石炭産業の衰えにより住民の約3割りが年収300万円以下の貧困地帯となっています。街に暮らす元炭鉱労働者は、環境規制の緩和は石炭産業にとって良いことだと語ります。

c4c918a5149a366bf851caa33f342749_s.jpg


アメリカで石炭は主に火力発電の燃料として利用されています。オバマ前政権の下、石炭は二酸化炭素排出量がより少ない天然ガスにとって変わられていました。その結果、過去5年間で全米で45社が経営破綻しています。
しかし、トランプ政権以降、再び石炭産業は活気を取り戻しつつあるようです。

プリチャード・マイニング社で働く炭鉱労働者のひとりボブ・ベネットさんは約半年ほど前からフルタイム雇用になったと話します。プリチャード・マイニング社は、半年前まで従業員28名でしたが、現在は約90人に増加しています。その背景には、石炭需要の増加があります。石炭産業にとってトランプ大統領は今や希望の光そのものとなっているようです。

一方でトランプ政権政府の決断に、気候変動よりも政治献金を優先するなんてという意見もあるようです。

67a7235228b02b8f360cd4dcf6061647_s.jpg





posted by CYL at 21:25 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月05日

ワールドビジネスサテライト|米国最新フィットネス「ダヴィンチボディボード」

e3df118555dec18d80e9fcf8327d0a02_s.jpg


ワールドビジネスサテライト|
米国最新フィットネス「ダヴィンチボディボード」



健康やダイエットは年代性別、さらには国の枠を超えた共通のニーズとなっています。いま、アメリカや韓国でブームとなっているエクササイズが、ダヴィンチボディボードです。

開発きっかけはチョコ
開発者のフローリー・マホニーさんは元々チョコレートの会社の経営者でしたが、チョコレートが原因で太ってしまい、自宅の家具にチューブをつけてエクササイズを行っていたことが、ダヴィンチボディボード開発のきっかけとなりました。

省スペースで投資額小
ダヴィンチボディボード

木の板の四隅にチューブとストラップをつけた至ってシンプルな作りのダヴィンチボディボードは、効率的に筋力を鍛えることができると言います。

また、スポーツジムなど経営者にとっては、ダヴィンチボディボードの導入は、投資額を抑えることができ、かつ省スペースという魅力を兼ね備えたエクササイズとなっています。

ただ、ダイヴィンチボードの導入には条件があります。それは認定トレーナーです。導入するには、1日9時間の講習を受けた認定トレーナーが必要となります。

ダヴィンチボディボード
販売価格:7万8000円(税別)

認定トレーナー
講習会費用:6万8000円(税別)

専用ジムライセンス料金
約250万円

開発者のフローリー・マホニーさんによると日本での販売台数は1年間で1万台が目標と語ります。果たして日本ではダヴィンチボディボードブームはやって来るのでしょうか。




posted by CYL at 08:00 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月03日

ワールドビジネスサテライト|マンション販売に異変?主婦の情報力を活かせ

14145ad9a3e6f38e39d3c2369f355e89_s.jpg


ワールドビジネスサテライト|
マンション販売に異変?主婦の情報力を活かせ


首都圏のマンションの供給戸数が24年ぶりに低い水準となっています。そんな中、マンション価格が高騰しており、さらに東京23区と都下(23区外)のマンション価格に格差が生まれています。

マンション平均価格上昇
都下のマンション平均価格は1999年には4125万円でしたが、2016年は4985万円となっており、その価格上昇率は約20%となっています。

また、東京23区の平均マンション価格は、1999年には4723万円でしたが、2016年には6629万円に上昇しています。その上昇率は約40%にもなります。

都下と23区の平均マンション価格の差は、1999年では598万円でしたが、2016年には1644円と1999年に比べて約2.7倍の格差が生まれています。

都下のマンション平均価格
1999年 4125万円
2016年 4985万円(20%UP)

23区のマンション平均価格
1999年 4723万円
2016年 6629万円(40%UP)

リクルートコミュニケーションズ
”マチアイ”

都内でマンションを販売する三菱地所レジデンスでは、リクルートコミュニケーションズが提供する”マチアイ”サービス(以下、マチアイ)を導入しています。

都下でマンション販売を担当する三菱地所レジデンスの担当者によると、マンション購入希望者のうち、約8割が地元の人ではないため、街の情報を持っていないと言います。

マチアイでは、実際にその街に住み、街の情報を教えてくれる主婦などを”カウンセラー”として活用しています。例えば、カウンセラーが持つ子供の遊び場所や病院の情報などをマンション購入希望者へ提供することで、マンション購入後の生活を想像することができ、購入の不安を解消してくれます。

マンション購入希望者
20%:地元の人
80%:地元以外の街を知らない人

例えば、子供の遊び場所や病院の情報などを提供することでマンション購入後の生活を想像することができます。

リクルートコミュニケーションズの渋谷麻里さんによると、マンション販売の成約率を数パーセント上げるのも困難である業界において、マチアイを導入したことで20%成約率が上がったという物件もあると言います。マチアイは首都圏を中心に28件のマンション販売の現場で導入されています。

64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_s.jpg


狭小住宅|オープンハウス
価格とアクセス重視顧客需要取り込み

ユニークなCMでもおなじみのオープンハウスは、平均15坪のいわゆる狭小住宅を数多く販売しています。オープンハウスは、土地の広さよりも価格やアクセスの良さを希望する顧客の需要を捉えています。

オープンハウス営業本部長の大島健人さんによるとマンション価格はここ3年で2割から3割上昇し、平均で5500万円から6000万円となっているが、オープンハウスでは一戸建て住宅を4500万円から5000万円とマンション平均価格よりも安く提案をしていると言います。

例えば、下北沢にある110坪の土地を、オープンハウスでは4分割して活用します。そうすることで、一戸あたりの販売価格を抑えます。

現在は働き方改革などを含めて価値観の変化が大きな時代、土地の広さよりもアクセスの良さを重視する人が多くいます。それらの需要に合致しているのが、オープンハウスが提案する戸建住宅なのです。

秘策はラインワークス導入
顧客連絡を密に

オープンハウスでは、ラインワークスを導入し、ラインでの顧客との密なる連絡で販売促進を行っています。





posted by CYL at 09:40 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする