2015年05月14日

NHK「スーパープレゼンテーション」時を超える音楽と感情(マイケル・ティルソン・トーマス)

NHK「スーパープレゼンテーション」音楽特集Part1



時を超える音楽と感情
(Music and emotion through time)」
マイケル・ティルソン・トーマス
(Michael Tilson Thomas)


トーマスさんは、こう言います。クラッシック音楽は決して敷居の高いものではないと。生きているならあなたは(クラッシック音楽に)必要なことはすべて知っている。」

音楽で大切な二つのことは、”何”と”どのように”です。かつて”何”は神への賞賛でした。しかし、いまではわたしたち人間の感情の激しい浮き沈みを表しています。ベートーベンの有名な「運命」を思い出してください。最初は怒りと悲しみが表れていますがのちに喜びに変わります。クラッシックはいわば”感情”を表現する言語なのです。

マイケル・ティルソン・トーマスさん
サンフランシコ交響楽団の指揮者として主にオーストリアのウィーンで活躍した作曲家、指揮者で交響曲と歌曲の大家として知られるグスタフ・マーラーの音楽で権威ある音楽賞のグラミー賞を受賞したことで有名です。

しかし、彼の業績はそれだけにとどまりません。1987年に若手と才能を持った音楽家を教育するためにThe New World Symphonyを設立し700人の若手音楽家を輩出しています。新しくできたマイアミビーチセンターホールでは一般大衆向けにクラッシック音楽を披露しました。

YouTubeシンフォニーオーケストラ(YTSO)では、オンラインビデオオーディションで選ばれた96人の合奏のディレクターとして携わり、2009年、2011年にはシドニーのカーネギーホールでYTSOの指揮を行いました。

また、公立校の教育プログラム(the Keepig Score education program)をつくり、ネットやラジオ、DVDなどを使ってクラッシック音楽がより身近になるように貢献しています。

2010年にはアメリカ政府から芸術家に授与される最高の賞であるthe National Medal of Artsを受賞しています。





posted by CYL at 15:37 | スーパープレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月08日

NHK「スーパープレゼンテーション」折り紙の数学と魔法

NHK「スーパープレゼンテーション」


The math and magic of origami
(折り紙の数学と魔法)

Robert Lang(ロバート・ラング)
折り紙作家



吉澤章(1911ー2005)さんは折り紙を世界に広めた第一人者と言われています。その功績は、単に世界に折り紙を広めたということのほか、直感的なアーティストや職人技であった折り紙を言語化し、誰にで作れるようにしたことです。

そのおかげで折り紙は数学と出会い、コンピューターを使いさらなる進化を遂げています。もはや折り紙はアートの分野だけではなく医療、科学、宇宙から人体までそれに家電など様々な分野で応用されています。

折り紙の折り畳む技術の応用

宇宙開発分野
最初に折り紙の技術が宇宙開発に応用された例は1995年日本の人工衛星のソーラーパネル部分に採用されたことでした。

ローレンス・リバモア国立研究所
上空4万km上空に浮かぶレンズの直径が100mの巨大望遠鏡。打ち上げるためにはコンパクトにしないといけません。折り紙の技術をつかって巨大なレンズを折り畳むことにしたのです。そこで研究所のエンジニアは折り紙作家に協力を求めたのです。

JAXAはソーラーセイルを打ち上げました。移動中はコンパクトで目的地についたら広がる仕組みです。

医療分野
オックスフォードのユウ氏は詰まった動脈を広げるステントというものを開発しました。JAXAのソーラーセイルのように移動中はコンパクトで患部に達すると風船のように広がるのです。ステントは、折り紙の風船の折り方で畳まれているのです。

自動車産業
エアバッグもいかに小さく折り畳むかが重要です。設計者はパソコンでシミュレーションをしたいと考えます。そこで役に立ったのが折り紙で虫を折るために開発されたアルゴリズムでした。エアバッグのふくらみのシミュレーションができるのです。


ロバートラングさん曰く「どんな分野においても言えることですが生産性をあげるためには”死んでいるひと”を活かすことです。つまり、過去に誰かがやったことをうまく利用するということです。


計算折り紙
コンピューターをつかった折り紙は「計算折り紙」と呼ばれ近年急速に発展を遂げています。日本でも研究者が次々に新しいソフトを開発しています。ボールや玉ねぎのような折り紙をデザインできるソフトのORI-REVOやOrigamizerなどです。

NASAでは、宇宙で広げるソーラーパネルに応用したり、身近な商品だと飲料用の缶にも応用されています。缶の表面に折り目をつけることで強度が増し、素材を薄くすることができ、原材料の節約に役立っています。

アートと科学技術の融合
科学技術といえば大学や研究機関などで研究が進む”最先端のもの”と考えがちですが、折り紙のような古典とのつながりによってイノベーションが引き起こされることが期待されています。





posted by CYL at 16:21 | スーパープレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月03日

NHK「スーパープレゼンテーション」伊藤穣一が選ぶプレゼンの技 ベスト3

伊藤穣一が選ぶ
プレゼンの技 ベスト3

<第3位>
みんなで共和国を取り戻そう
ローレンス・レッシング


アメリカの政治と金の問題をなくすために法律を変えようと提案し大きな反響を呼んだプレゼンです。

観客の感情にうったえるある技が使われていました。

それはself, us, now型のプレゼンです。 selfで自分の体験を伝え、usで相手の共感を誘い、nowで行動を促すというオバマ大統領の演説でも使われる手法でした。

本プレゼンでは、self 子供の話、us 愛があれば行動する now 国のために動こうという形になっています。


<第2位>
紙タオルの使い方
How to use a paper towel
弁護士 ジョー・スミス


環境保護のために紙タオルの節約を訴えるシンプルなプレゼンです。

プレゼン技1
audience participation
観客を参加させる

プレゼン技2
body language
ボディーランゲージを使うことで聴覚だけではなく観客の視覚にも訴える効果があります。

プレゼン技3
props
小道具
実際に紙タオルをつかって手を拭く姿を観客に見せることで自分も試してみたいという気持ちにさせることに成功しています。


<第1位>
脳卒中について語る
My stroke of insight
脳科学者 ジル・ボルティ・テイラー


脳卒中の体験をもとに脳の神秘を語ったプレゼンです。

プレゼン技
emotion
感情

アイディアを伝えたという情熱がプレゼンの大きな力になったとてもいい例がジルさんのプレゼンです。ジルさんの話に中に引き込まれまるで自分もジルさんと一緒に体験しているように感じます。


<プレゼンの名言集>

映画監督ジェームスキャメロン
"Failure is an option, but fear is not "
失敗はアリ、恐れるのはナシ

人気ロックバンドU2のボーカル  ボノ
the factivist
事実に基づいた活動家






posted by CYL at 10:59 | スーパープレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月23日

スーパープレゼンテーション「色を塗ることで街を変えられるんだ」

スーパープレゼンテーション
色を塗ることで街を変えられるんだ
(How painting can transform communities)



アートで街を変えた二人の話です。イェルン・コールハースさんとその友人のドレ・ウアハーンさんはオランダ人アーティストです。

彼らは10年以上にわたり「Haas&Hahn」の名で活躍してきました。ブラジルにあるファベーラと呼ばれる貧しい地域の家々をペイントすることで地域全体をひとつのアート作品にできないかと考えました。突然オランダからやってきたふたりがどのように住民を巻き込んでアートを完成させたのかそのヒントを探ります。


「色を塗ることで街を変えられるんだ」
(How painting can transform communities)


まずは3件の家から
ファベーラの大半の家の塗装は未完成でした。塗装をしたら住人も喜ぶよという現地NGOの助言でまずは3件の家に”凧揚げをする少年”の絵を描きました。

完成した絵をみた少年がこういったといいます。「凧がないよ」それで他の家に凧を描くことにしました。すると地元の新聞だけではなく国際的な新聞にも取り上げられました。

自信をつけた彼らが次に目をつけたのは斜面の崩落を防ぐためにコンクリートで固められた道路でした。そこに川をイメージした彼らは鯉が川を遡る日本的絵を描くことにしましった。日本風の刺青を専門とする彫り師を呼び手伝ってもらいました。

住人みんなでつくる
制作中の1年は住人の家に居候をしました。その時期はちょうど警察と麻薬組織の戦争が勃発していました。そんな中で住人と一緒に暮らしてみてわかったことが2つありました。

ひとつは大変なときほど住人同士が協力をすること、もう一つはバーベキューです。バーベキューで隣人を招待して親睦を深めるのです。

絵より大切なこと
住人と一緒に制作を進めるうちに絵自体よりも交流の方がもっと大切だという気持ちがしたといいます。

シンプルなデザイン
今度は他の街でもっとシンプルなデザインで街をペイントすることにしました。そしてスケールが大きな企画の方が住人のウケがいいことがわかったので大きな企画にすることにしました。街全体をシンプルなデザインで彩るのです。完成したカラフルな虹色の街の写真は全世界に広がりました。

北フィラデルフィア
アメリカの最貧困地域のひとつ北フィラデルフィアに同じことができないかと依頼があり快諾したふたりが行ったのはその地域に住みバーベキューをすることでした。

彩るアートのデザインは建物のオーナーの希望を反映し、地元の青年を雇ってペイントを一から指導し完成させました。

クラウドファンディング
他の場所で同じ取り組みを行う際に問題が生じました。それは事前に計画を立てることが求められたのです。住人と一緒につくるという彼らのやり方ができないと考え資金集めとして利用したのがクラウドファンディングです。すると、ひと月1500人 10万ドルの寄付が集まりました。これで基本計画なしで、住人の手でつくっていく街づくりのビジネスモデルができあがりました。

"数字や先入観とかそういうの一切なしでいくことにした、この丘を巨大なアートにする、それだけだ、住人の手で 基本計画なしでね"


<日本での取り組み>

香川県直島

日本の建築家やアーティストが島全体をひとつのアートにしようという取り組みを行っています。観光資源に乏しかった島にいまでは国内外から多くの観光客が訪れるようになりました。観光客の顔だけではなく住人の顔に笑顔が溢れるようになったといいます。

福島県立保原高校 美術部
双葉町の人が暮す仮設住宅をペイントしています。どうしたら住む人々の気持ちを明るくできるのか部員ひとりひとりが考えて描いています。住民のひとも彼らが描いた絵を眺めると気持ちが和やかになるといいます。


<都市づくり>

bottom up
no master plan


都市開発は基本計画があるトップダウン型が主流です。しかし1960年代に行われたマンハッタンの再開発計画では思うようにいかず治安が悪化しました。

都市の研究で知られるジェーン・ジェイコブスさんはボトムアップが都市づくりに重要だと説いています。


ボトムアップの街づくり
関連記事
ガイアの夜明け 地域革命 南生協病院の取り組み 住民の意見を反映した新しい病院が世代を超えた交流の場になる


ガイアの夜明け 地域革命 真庭バイオマス発電 町にある活用されていない資源を利用した新産業興しで再生を図る




posted by CYL at 08:18 | スーパープレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月16日

NHKスーパープレゼンテーション「観光で寛容さを身につけよう」

スーパープレゼンテーション|アジーズアブサーラ.jpg


NHK「スーパープレゼンテーション」

「観光で寛容さを身につけよう」
アジーズ・アブ・サーラ



観光はお互いを結びつけ友情を育む
持続可能な方法



スーパープレゼンテーション|観光の未来まとめ.jpg


観光の未来はここにある
「MDJI ツアーズ」


2009年にユダヤ人の二人の友人と共同でアジーズ・アブ・サーラさんが設立しました。目的は人々を結びつけることです。

どんな観光か
あるツアーは、エルサレムをイスラエル人とパレスチナ人の二人の観光ガイドが案内するツアーです。ふたりは歴史や言い伝え、考古学や紛争を全く違った視点から語ります。

またあるツアーは、シカゴからやってきたユダヤ人観光客をパレスチナの難民キャンプへ案内しパレスチナ料理「マクルーバ」を共に食べるのです。そしてイスラエルとパレスチナの合同バンドが演奏する中でベリーダンスを踊ります。帰る頃には離れたくないと双方が泣いていました。

イギリスのイスラム教徒のグループを正統派ユダヤ教徒の家に案内し”ハミン”というユダヤ料理のシチューで夕食を共にします。100年前イギリスからやってきた彼らの祖先もまた同じ北アフリカからやってきたことに気がついたのです。

観光で平和を
毎年10億人が海外旅行をします。車窓からバスで観光名所を巡って写真を撮るだけはなく、人を結びつける力が観光にあります。世界の平和のために一緒に旅の姿をかえて旅に出ましょう。


アジーズ・アブ・サーラさんは現在アメリカのバージニア州を拠点にテレビ番組のリポーターとして活躍しています。


スーパープレゼンテーション|アジーズアブサーラまとめ.jpg


関連サイト
NHKスーパープレゼンテーション「テロリストの息子に生まれて」
偏見を打ち破り平和活動家になった軌跡




posted by CYL at 08:34 | スーパープレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。