2017年12月06日

オイコノミア|欠乏の経済学

633a024e0b2ac33cfc38c7c48df64d0a_s.jpg


オイコノミア|欠乏の経済学



経済学の元々の目的は、モノやお金など物的資源の配分を研究する学問です。つまり、欠乏の研究の元祖と言ってよいでしょう。

ところが今、物的資源ではなく“心の資源”の欠乏が与える影響を経済学で研究しています。欠乏によって特別な心の状態(マインドセット)になることがわかっています。

欠乏を感じた時、人の心はどんな動きをするのか見ていきましょう。

1、目の前の欠乏しているものに注意が向けて心がいっぱいになる。
2、集中ボーナスがもたらされる。
3、処理能力の低下
4、トンネリングの状態になる
5、ジャグリングの状態となる
(1へ戻って負のループに陥る)

集中ボーナスとは
集中ボーナスとは、下記のムッライナタンとシャフィールドの実験結果の通り、目の前のことだけに焦点を当てることで集中力が高まることをいいます。その代償として、処理能力に負荷がかかることで正しい判断ができなくなって様々な間違いをしまう。(トンネリング)

ムッライナタンとシャフィールドの実験とは
持ち玉の数が違う2つの集団で射的ゲームを行ったところ、持ち玉が少ない集団が高得点を記録した。(集中力が高まった。)

トンネリングとは
何かに集中することで他のことに意識を向けられないこと。トンネリングの状態になると喫緊の課題に集中してしまうあまり、緊急ではない活動を後回しにしてしまいます。その結果、目の前のこと場当たり的な対応に終始してしまう。(ジャグリング)

トンネリングから抜け出すヒントは、下記のマシュマロテストの結果の通り、他のことに注意を向けることで、トンネリングを回避することができる。

マシュマロテストとは
子供の目の前にマシュマロをひとつ置いて「戻ってくるまで食べずにいられたらもう1つあげるよ」という実験です。待っていられた子供たちが何をしていたかというと、マシュマロ以外のことを考えるようにしていた。

1012825e56cfa151f4deee4c4db891ed_s.jpg


貧困と欠乏

フィリピンのスカベンチャーと呼ばれるゴミの中から資源を収取して日々生活の糧としている人々がいます。彼らには貯蓄の習慣がないため、日々の暮らしだけに注力してしまい(トンネリング)、例えばシャンプーなどはボトルで購入した方が結果的に支払う総額を抑えることができますが、小分けのシャンプーをその日使う分として購入をしています。

また、時にまとまった収入があったとしても、お酒やタバコ、ギャンブルなどに費やしてしまいます。(判断能力の低下とジャグリング)

貧困問題は、欠乏の状態を理解することで、解決のアプローチは変わってきます。

貧困解決の道
教育や貯蓄によって将来が良くなるという情報を提供する(し続ける)ことが大切であることがわかっている。(将来の利益の「見える化」)

例えば、大学の年間授業料と大卒者が将来見込める月収を「見える化し、さらには貯金を促すためにタバコを1本節約するといくら、ビールを1本節約するといくらとこちらも「見える化」する取り組みがなされています。

さらに、これらの取り組みについて1度だけではなく、定期的に周知することもまた重要です。そのために大切なのが「リマインド」です。

リマインドとは
忘れてはいけないことを思い出させるためのお知らせのことです。

912620380fc80f9334911c85df15a5c4_s.jpg


欠乏に陥らないためのポイント
スラック


スラックとは
英語で緩み、たるみを意味するスラックは、経済用語で使われていない余裕の資源を意味します。

スラック(余裕)があれば予想外のことがあっても対処できます。アメリカのセントジョンズ地域医療センターの例を見てみましょう。同センターには32ある手術室はいつもいっぱいで急患があった場合は、その都度、手術スケジュールを組み直すことで対処していましたが、ミスが多く発生していました。

この状態を専門家に相談したところ、急患用にひとつ手術室を空けておくことを提案された。助言に基づいて実施したところ効率が格段にアップして毎年手術件数が7~11%増加する結果となっているといいます。まさにスラックの効果と言えます。

posted by CYL at 23:26 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オイコノミア|遊園地・テーマパークの経済学

33ecfae8ee57a7832019887bd42136f9_s.jpg


オイコノミア|
遊園地・テーマパークの経済学


遊園地・テーマパークの売り上げは2016年度過去最高額(約6650億円)を記録しました。少子化が進む社会においてなぜ過去最高額を記録したのでしょうか。経済学からみていきましょう。

資産の有効活用

夏に賑わいをみせているテーマパークと言えばプールですが、冬になれば無用の長物(遊休資産)となります。そんなプールを冬には釣り堀として活用しているテーマパークがあります。このように、1つの資源を使って複数の事業を展開することで生産性を上げることを経済学では“範囲の経済”といいます。

遊休資産とは
所有しているのに使っていない資産

範囲の経済とは
1つの資源や技術を使って複数の事業を展開することで生産性が向上すること。(例)コンビニのATMや宅配サービス、発酵技術を使ったビール会社の医療品事業

f0e28663a89ee43c82a66e9b544bf2fb_s.jpg


遊園地の消費の意味が変わった

また、ブログやSNSが遊園地やテーマパークの好調を後押ししています。SNSの登場によって遊園地の消費の意味が変わりました。

これまでの遊園地での消費の意味は、自分が楽しんで満足感を得るもの(非地位財)でした。しかし、いまは自分の楽しい思い出を他人に見せて満足感を得るもの(地位財)になっています。つまり、人より貴重な体験をしないと自分の満足度が上がらなくなったのです。

地位財とは
他人と比較することによって自分にとっての価値が変わるもの。(例:車、時計など)

非地位財とは
他人と比較してもしなくても自分にとっての価値が変わらないもの。(例:健康、通勤時間など)


大人・子供料金の違い

大人料金と子供料金に違いがあるのは、子どもを安くした方が結果的に遊園地全体の利益が大きくなるからという端的な理由です。遊園地側は、子供には子供の価格、大人には大人の価格というように、それぞれ利益が最大になる価格を設定しているのです。

822b3eedad9fd060e540e25ea110e0de_s.jpg


行列には耐えられますか?

遊園地に行くとアトラクションに乗るために時に何時間も行列に並ばなければならないことがあります。経済学で行列を見てみると、機会費用が高い人ほど不利な仕組みとなっています。

機会費用とは、ある行動をとった時間にほかのことをすれば得られたはずの利益のことを言います。例えば時給1000円で働いている人が1時間行列に並んだ場合の機会費用は1000円ということになります。

そのため、行列に並ばないとアトラクションに乗れないとすると機会費用が高い人は遊園地に行かなくなります。それを避けるための仕組みとして、追加料金で行列を飛ばすというサービスを用いることで機会費用が高い人でも遊園地へ足を運んでもらうようにします。

この仕組みは遊園地に限らずタクシー配車サービスやグリーン車・指定席にも当てはまります。新幹線の指定席やグリーン車は、使い料金を支払うことで事前に席を確保でき並ぶ必要がないというわけです。

posted by CYL at 23:24 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月08日

オイコノミア|メンタルヘルスの経済学

a9ea92e3f0166745c6fb852753cb69f3_s.jpg


オイコノミア|メンタルヘルスの経済学


今回はメンタルヘルスを経済学から考えてみます。メンタルヘルスを損なった場合は医学の分野ですが、メンタルヘルスを健全に保つための対策について経済学から考えてみましょう!

実際にメンタルヘルスが悪くなった企業ほど利益率が悪化してしまうことがわかっています。そのため、今注目のワードが「健康経営」です。

メンタルヘルスを経済学で考える上で以下の3つのポイントから順にみて行きましょう。

メンタルヘルスの3つのポイント!
1、長時間労働
2、裁量権
3、コミュニケーション


1、長時間労働
日本では労働基準法第32条に「使用者は労働者に休憩時間を除き1週間に40時間を超えて労働させてはならない。」「使用者は1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて労働させてはならない」とあります。

過労死ラインとして、1ヶ月あたり約80時間を超える残業があると業務とメンタルヘルス悪化の関連性が強いとされています。

議論となるのが、週に40時間を超えて働きたいと考える人に働くなと言うべきかと問題があります。自己責任で働くなら良いと考える人もいるかもしれませんが、もし過労が原因で心身に不調をきたし医療を受けた場合、その医療費にも税金が使われていることを考えるとそう単純な話ではないのです。

長時間労働対策事例
介護などの人材派遣サービス会社の長時間労働対策をみてみましょう。対策名はその名も”恥ずかしいマント”。一体どんな対策か想像がつかないと思いますが、やむを得ず業務の都合で残業申請をした社員は、ハロウィンの仮装で使われるようなマントを身につけて仕事をするという辱めを受けるのです。

残業が当たり前という価値観から恥ずかしいことという価値観へと転換を計るのが”恥ずかしいマント”の狙いです。実際にこの企業では残業が半減し、利益は1.5倍以上になったと言いますので、その効果は絶大です。

bc80812f137c9c76b0a0c6186d9bb218_s.jpg

2、裁量権
裁量権とは、仕事の進め方を自分で決めることを言います。この裁量権があるか否かがメンタルヘルスに大きな影響を与えるのです。

裁量権対策として、ウェブサービスのコンサルティングを行う会社では「リモートワーク」を行なっています。リモートワークは、好きな場所で好きな時間に働くことができる働き方です。社員の一人は、子供を幼稚園へ送ってから迎えに行くまでの間をコア時間として在宅で仕事をしています。会社が社員に仕事をする場所や時間の裁量権を社員に与えることで、子育てと仕事の両立を可能としています。


3、コミュニケーション
会社の規模の拡大に伴って社員同士のコミュニケーションが希薄になりその対策として、社員同士の飲み会や交流会を促す施策を行なってきた企業では、それらの施策の副産物として、社員のメンタルヘルスにも良い影響を及ぼしていると言います。

上司の評価の一つに部下のメンタルヘルスが加わるようになっています。それはメンタルヘルスを理由に社員が休職したりした場合、企業の損失はその社員一人分ではすまないことがあるからです。

働き方改革に取り組むことこそ、社員のメンタルヘルスの改善に繋がります。以前、ワンオペという過酷な労働を従業員に強いた企業がありました。一時的に企業の利益を上げても長くは続かないものです。働き方対策にしても、目の前の仕事に追われてそれどころではないかもしれません。しかし、同じく一時的にはその場はしのぐことができるかもしれませんが、長期的な視点からみた場合、決して最善の策とはならないのです。

先進各国と比較して、日本の労働生産性が低いことがわかっています。経済や社会の構造変化の真っ只中にある今、働き方改革を後回しにしたツケが将来に悪い影響を及ぼすことがないように企業経営者にはしっかりした対応が求められています。






posted by CYL at 23:13 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月07日

オイコノミア|漫画やアニメの経済学

f0e28663a89ee43c82a66e9b544bf2fb_s.jpg


オイコノミア|マンガの経済学


これまで日本では絵本は一人の作家が作り上げることが通例でした。しかし、今、複数の作家がそれぞれの得意分野を持ち寄って分業制で絵本を制作する手法が現れました。それは、一人の職人が一つの作品を作り上げる作業からまるで映画制作のように多くの人々が携わりながら作り上げる作品のように。

絵本の制作資金の収集方法にも新たな手段が現れました。それがクラウドファインディングです。

クラウドファインディングとは
不特定多数の人がインターネットを通じてお金を出し合い資金が必要な人やプロジェクトを支援する仕組み。


お金を使いたい人と預けたい人のマッチングをこれまでは金融業が行なってきました。銀行は預金を集めて設備投資をしたい、研究開発をしたい企業に貸し出すのです。いわば、お金が欲しい人または必要な人と預けたい人をマッチングする。クラウドファインディングがこれまでの金融業の働きをしているのです。

クラウドファインディングでヒットしたアニメが「この世界の片隅に」です。クラウドファインディングで資金集めを行なったところ約4,000万円が集まり、上映館数が63から300以上となりヒットとなりました。


ワーキングプア問題
今、若いアニメーターがたいへん厳しい環境下で労働を強いられています。いわゆるワーキングプア問題があります。長時間労働でありながらそれに見合う賃金を得ることができていないのです。アニメーターとは主にアニメのキャラクターを描く仕事をしている人々です。

アニメーターの1日の平均労働時間は11時間で新人アニメーターの平均年収は111万円となりかなり厳しい労働環境と言えます。


アニメ制作に分業制

デジタルアニメーション制作会社社長の塩田周三さんは、もともと製造業出身ということで、製造業では当たり前の分業制をアニメーション制作へ持ち込みました。アニメーション制作の工程を細分化しそれぞれの作業に担当者を配置しました。

分業制のメリットは、それぞれ担当の分野がしっかりと決まっているため、繰り返し専門の作業を行うことで、専門性を極めることで、作業の効率と質が上がり、結果として生産性が上がります。

分業制のメリット
作業の特化による技術向上
作業と作業の移行時間の節約
効率性を高める機械の発明



公的資金と外部性
日本のアニメは今や日本文化の一つと言っても過言ではありません。そこで税金などを使ってアニメ業界に補助金を投入するという考えもあります。しかし、ただ単に文化だから保存のためにというだけでは血税を使うわけには行きません。そこで、税金を投入するためには経済用語「外部性」がキーワードとなります。

外部性とは
ある企業(人)の行いが他の企業(人)の満足度や所得に直接的な金銭的取引を介さずにプラスの影響を及ぼすこと。


外部性の例として、一つあげると聖地巡礼です。聖地巡礼とはアニメの舞台になった場所を実際に訪れることを言います。アニメと舞台になった土地の間では直接の金銭的取引はありませんが、アニメのファンが舞台になった土地を訪れることで、もたらされる経済効果があります。実際に、アニメ「君の名は」の舞台となった岐阜県への経済効果は約253億円という試算もあります。

アニメ産業の成長を止めないために税金を使ってアニメーターの待遇を改善する。そのことに外部性があるのであれば税金を使うことも一つの手段となるのではないだろうか。


33ecfae8ee57a7832019887bd42136f9_s.jpg


フリーミアムで新たなファン獲得
今、無料で絵本を公開する作家が登場し話題となっています。無料で公開することで本を買う人が減ってしまうという懸念があります。しかし、今はフリーミアムというビジネスモデルがあります。

フリーミアムとは
基本的なサービスや製品は無料で提供しさらに高度な機能や継続を希望する場合などに課金する仕組み。


フリーミアムの例は、無料の試供品やアプリなど基本性能は無料でそれ以上の機能を希望する場合は、課金されるような仕組みです。前述の絵本作家は、なぜ絵本を無料で公開をするのかその理由をこう語ります。現代の親には絵本を試し読みする時間がなく、大抵は自身が子供の頃に読んだ絵本を購入することが多く、新しい絵本が売れない。それならば本屋に足を運ぶことなく、試し読みができる環境を提供すれば、新しい絵本も売れるのではないかと。本屋以外で試し読みができる環境それがネットを通じた無料公開だったのです。










posted by CYL at 23:47 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月01日

オイコノミア|実家とうまくいく経済学

be58901364c28d4aeda56fee34e8289b_s.jpg


オイコノミア|実家とうまくいく経済学

親子関係を経済学で考える

コミットメントとは
自らに縛りをかけて約束を果たすこと

親子関係は、血縁によるコミットメントであり、血縁によって行動が縛られます。その強さ故の弊害が、ホールドアップです。

ホールドアップとは
コミットメントが強い関係において、どちらかが強すぎる力を押し付けると弱い方は身動きが取れなくなり「お手上げ」状態になること

例えば、子供が独立して家を出る時、親が「私を捨てて出て行くの?」と発言をしたとします。すると子供は、どうして良いかわからなくなってします。このような状態をホールドアップと言います。


親子の良い関係を保つために働きかけることが必要です。その時にかかる労力を含めた費用を交渉費用と言います。

交渉費用とは
取引相手と条件を交渉するのに要する費用であり、費用には労力や時間などが含まれる

かつての親子関係における交渉費用は、ほぼゼロでした。それは親子のほとんどが同じ家で暮らし、稼業を家族で行なっていたことが理由にあります。一方で、現在の親子は、その75%は別々に暮らし、ライフスタイルも考え方も異なっていることが多いため、昔に比べて交渉費用は高くなっています。


c6b0ff6e0a0f018f3a7bdafaa591a71e_s.jpg


片付かない実家の経済学
帰省した際に実家を片付けたくなったというアンケートに対して、Yesの回答率は28%となっています。実家が散らかっている原因の理由の一つには、親子関係の情報の非対称性が関係しています。

こんな事例があります。たくさんの鍋が台所に所狭しと並んでいる。母にとっては娘と一緒に料理をした思い出の鍋。しかし、娘にとっては単に古いだけの使わない鍋。親子でこの認識のギャップ(情報の非対称性)を埋めることで、母は、鍋というモノの価値観を思い出という価値に転換することで、片付けることができたと言います。

このように親子の情報の非対称を解消することが片付けをスムーズに行うポイントとなります。


大量の衣料をどうするか
特に女性は衣類を大切にするため捨てることができないケースがあります。捨てることには抵抗があり、売るとしてしても二束三文になるため、結果として捨てられないケースが多いのです。そこで、捨てる、売る以外の方法を提案するという方法があります。例えば、寄付です。私の持っている服が役に立つと考えることで、衣類を手放すことが可能になります。

つまり、片付けには”モノの価値から心の価値”への転換が鍵になるようです。

51aa483bb02f128653bcc7d076ac31f8_s.jpg


親が遺産を残す動機
親が子供に遺産を残す動機には大きく分けて下記の3つがあります。

利己的
自分の老後のため

利他的
子供達の将来のため

王朝的
家系を継続するため

日米で遺産に関するアンケートを行なった結果、意外な結果となりました。アンケート結果の違いには、宗教心が関係していると言われています。

日本
利己的 65%
利他的 34%
王朝的 1%

アメリカ
利己的 32.7%
利他的 67%
王朝的 0.3%


親子の経済関係の変化
かつて親子の経済関係(財力)は、子供が大きくなるに連れて、逆転し、子供が親の面倒を見るのが当たり前でした。しかし、今は子供が非正規社員などの場合は、子供が親を逆転することなく、子も親も財力が小さいままであるという現実があります。

リレーのバトンに例えると、かつては親から子へのバトンリレーがスムーズに行われていましたが、今は親がバトンを持ったまま子供との並走を余儀なくされているという現状なのです。



posted by CYL at 11:15 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする