2017年10月08日

オイコノミア|メンタルヘルスの経済学

a9ea92e3f0166745c6fb852753cb69f3_s.jpg


オイコノミア|メンタルヘルスの経済学


今回はメンタルヘルスを経済学から考えてみます。メンタルヘルスを損なった場合は医学の分野ですが、メンタルヘルスを健全に保つための対策について経済学から考えてみましょう!

実際にメンタルヘルスが悪くなった企業ほど利益率が悪化してしまうことがわかっています。そのため、今注目のワードが「健康経営」です。

メンタルヘルスを経済学で考える上で以下の3つのポイントから順にみて行きましょう。

メンタルヘルスの3つのポイント!
1、長時間労働
2、裁量権
3、コミュニケーション


1、長時間労働
日本では労働基準法第32条に「使用者は労働者に休憩時間を除き1週間に40時間を超えて労働させてはならない。」「使用者は1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて労働させてはならない」とあります。

過労死ラインとして、1ヶ月あたり約80時間を超える残業があると業務とメンタルヘルス悪化の関連性が強いとされています。

議論となるのが、週に40時間を超えて働きたいと考える人に働くなと言うべきかと問題があります。自己責任で働くなら良いと考える人もいるかもしれませんが、もし過労が原因で心身に不調をきたし医療を受けた場合、その医療費にも税金が使われていることを考えるとそう単純な話ではないのです。

長時間労働対策事例
介護などの人材派遣サービス会社の長時間労働対策をみてみましょう。対策名はその名も”恥ずかしいマント”。一体どんな対策か想像がつかないと思いますが、やむを得ず業務の都合で残業申請をした社員は、ハロウィンの仮装で使われるようなマントを身につけて仕事をするという辱めを受けるのです。

残業が当たり前という価値観から恥ずかしいことという価値観へと転換を計るのが”恥ずかしいマント”の狙いです。実際にこの企業では残業が半減し、利益は1.5倍以上になったと言いますので、その効果は絶大です。

bc80812f137c9c76b0a0c6186d9bb218_s.jpg

2、裁量権
裁量権とは、仕事の進め方を自分で決めることを言います。この裁量権があるか否かがメンタルヘルスに大きな影響を与えるのです。

裁量権対策として、ウェブサービスのコンサルティングを行う会社では「リモートワーク」を行なっています。リモートワークは、好きな場所で好きな時間に働くことができる働き方です。社員の一人は、子供を幼稚園へ送ってから迎えに行くまでの間をコア時間として在宅で仕事をしています。会社が社員に仕事をする場所や時間の裁量権を社員に与えることで、子育てと仕事の両立を可能としています。


3、コミュニケーション
会社の規模の拡大に伴って社員同士のコミュニケーションが希薄になりその対策として、社員同士の飲み会や交流会を促す施策を行なってきた企業では、それらの施策の副産物として、社員のメンタルヘルスにも良い影響を及ぼしていると言います。

上司の評価の一つに部下のメンタルヘルスが加わるようになっています。それはメンタルヘルスを理由に社員が休職したりした場合、企業の損失はその社員一人分ではすまないことがあるからです。

働き方改革に取り組むことこそ、社員のメンタルヘルスの改善に繋がります。以前、ワンオペという過酷な労働を従業員に強いた企業がありました。一時的に企業の利益を上げても長くは続かないものです。働き方対策にしても、目の前の仕事に追われてそれどころではないかもしれません。しかし、同じく一時的にはその場はしのぐことができるかもしれませんが、長期的な視点からみた場合、決して最善の策とはならないのです。

先進各国と比較して、日本の労働生産性が低いことがわかっています。経済や社会の構造変化の真っ只中にある今、働き方改革を後回しにしたツケが将来に悪い影響を及ぼすことがないように企業経営者にはしっかりした対応が求められています。






posted by CYL at 23:13 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月07日

オイコノミア|漫画やアニメの経済学

f0e28663a89ee43c82a66e9b544bf2fb_s.jpg


オイコノミア|マンガの経済学


これまで日本では絵本は一人の作家が作り上げることが通例でした。しかし、今、複数の作家がそれぞれの得意分野を持ち寄って分業制で絵本を制作する手法が現れました。それは、一人の職人が一つの作品を作り上げる作業からまるで映画制作のように多くの人々が携わりながら作り上げる作品のように。

絵本の制作資金の収集方法にも新たな手段が現れました。それがクラウドファインディングです。

クラウドファインディングとは
不特定多数の人がインターネットを通じてお金を出し合い資金が必要な人やプロジェクトを支援する仕組み。


お金を使いたい人と預けたい人のマッチングをこれまでは金融業が行なってきました。銀行は預金を集めて設備投資をしたい、研究開発をしたい企業に貸し出すのです。いわば、お金が欲しい人または必要な人と預けたい人をマッチングする。クラウドファインディングがこれまでの金融業の働きをしているのです。

クラウドファインディングでヒットしたアニメが「この世界の片隅に」です。クラウドファインディングで資金集めを行なったところ約4,000万円が集まり、上映館数が63から300以上となりヒットとなりました。


ワーキングプア問題
今、若いアニメーターがたいへん厳しい環境下で労働を強いられています。いわゆるワーキングプア問題があります。長時間労働でありながらそれに見合う賃金を得ることができていないのです。アニメーターとは主にアニメのキャラクターを描く仕事をしている人々です。

アニメーターの1日の平均労働時間は11時間で新人アニメーターの平均年収は111万円となりかなり厳しい労働環境と言えます。


アニメ制作に分業制

デジタルアニメーション制作会社社長の塩田周三さんは、もともと製造業出身ということで、製造業では当たり前の分業制をアニメーション制作へ持ち込みました。アニメーション制作の工程を細分化しそれぞれの作業に担当者を配置しました。

分業制のメリットは、それぞれ担当の分野がしっかりと決まっているため、繰り返し専門の作業を行うことで、専門性を極めることで、作業の効率と質が上がり、結果として生産性が上がります。

分業制のメリット
作業の特化による技術向上
作業と作業の移行時間の節約
効率性を高める機械の発明



公的資金と外部性
日本のアニメは今や日本文化の一つと言っても過言ではありません。そこで税金などを使ってアニメ業界に補助金を投入するという考えもあります。しかし、ただ単に文化だから保存のためにというだけでは血税を使うわけには行きません。そこで、税金を投入するためには経済用語「外部性」がキーワードとなります。

外部性とは
ある企業(人)の行いが他の企業(人)の満足度や所得に直接的な金銭的取引を介さずにプラスの影響を及ぼすこと。


外部性の例として、一つあげると聖地巡礼です。聖地巡礼とはアニメの舞台になった場所を実際に訪れることを言います。アニメと舞台になった土地の間では直接の金銭的取引はありませんが、アニメのファンが舞台になった土地を訪れることで、もたらされる経済効果があります。実際に、アニメ「君の名は」の舞台となった岐阜県への経済効果は約253億円という試算もあります。

アニメ産業の成長を止めないために税金を使ってアニメーターの待遇を改善する。そのことに外部性があるのであれば税金を使うことも一つの手段となるのではないだろうか。


33ecfae8ee57a7832019887bd42136f9_s.jpg


フリーミアムで新たなファン獲得
今、無料で絵本を公開する作家が登場し話題となっています。無料で公開することで本を買う人が減ってしまうという懸念があります。しかし、今はフリーミアムというビジネスモデルがあります。

フリーミアムとは
基本的なサービスや製品は無料で提供しさらに高度な機能や継続を希望する場合などに課金する仕組み。


フリーミアムの例は、無料の試供品やアプリなど基本性能は無料でそれ以上の機能を希望する場合は、課金されるような仕組みです。前述の絵本作家は、なぜ絵本を無料で公開をするのかその理由をこう語ります。現代の親には絵本を試し読みする時間がなく、大抵は自身が子供の頃に読んだ絵本を購入することが多く、新しい絵本が売れない。それならば本屋に足を運ぶことなく、試し読みができる環境を提供すれば、新しい絵本も売れるのではないかと。本屋以外で試し読みができる環境それがネットを通じた無料公開だったのです。










posted by CYL at 23:47 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月01日

オイコノミア|実家とうまくいく経済学

be58901364c28d4aeda56fee34e8289b_s.jpg


オイコノミア|実家とうまくいく経済学

親子関係を経済学で考える

コミットメントとは
自らに縛りをかけて約束を果たすこと

親子関係は、血縁によるコミットメントであり、血縁によって行動が縛られます。その強さ故の弊害が、ホールドアップです。

ホールドアップとは
コミットメントが強い関係において、どちらかが強すぎる力を押し付けると弱い方は身動きが取れなくなり「お手上げ」状態になること

例えば、子供が独立して家を出る時、親が「私を捨てて出て行くの?」と発言をしたとします。すると子供は、どうして良いかわからなくなってします。このような状態をホールドアップと言います。


親子の良い関係を保つために働きかけることが必要です。その時にかかる労力を含めた費用を交渉費用と言います。

交渉費用とは
取引相手と条件を交渉するのに要する費用であり、費用には労力や時間などが含まれる

かつての親子関係における交渉費用は、ほぼゼロでした。それは親子のほとんどが同じ家で暮らし、稼業を家族で行なっていたことが理由にあります。一方で、現在の親子は、その75%は別々に暮らし、ライフスタイルも考え方も異なっていることが多いため、昔に比べて交渉費用は高くなっています。


c6b0ff6e0a0f018f3a7bdafaa591a71e_s.jpg


片付かない実家の経済学
帰省した際に実家を片付けたくなったというアンケートに対して、Yesの回答率は28%となっています。実家が散らかっている原因の理由の一つには、親子関係の情報の非対称性が関係しています。

こんな事例があります。たくさんの鍋が台所に所狭しと並んでいる。母にとっては娘と一緒に料理をした思い出の鍋。しかし、娘にとっては単に古いだけの使わない鍋。親子でこの認識のギャップ(情報の非対称性)を埋めることで、母は、鍋というモノの価値観を思い出という価値に転換することで、片付けることができたと言います。

このように親子の情報の非対称を解消することが片付けをスムーズに行うポイントとなります。


大量の衣料をどうするか
特に女性は衣類を大切にするため捨てることができないケースがあります。捨てることには抵抗があり、売るとしてしても二束三文になるため、結果として捨てられないケースが多いのです。そこで、捨てる、売る以外の方法を提案するという方法があります。例えば、寄付です。私の持っている服が役に立つと考えることで、衣類を手放すことが可能になります。

つまり、片付けには”モノの価値から心の価値”への転換が鍵になるようです。

51aa483bb02f128653bcc7d076ac31f8_s.jpg


親が遺産を残す動機
親が子供に遺産を残す動機には大きく分けて下記の3つがあります。

利己的
自分の老後のため

利他的
子供達の将来のため

王朝的
家系を継続するため

日米で遺産に関するアンケートを行なった結果、意外な結果となりました。アンケート結果の違いには、宗教心が関係していると言われています。

日本
利己的 65%
利他的 34%
王朝的 1%

アメリカ
利己的 32.7%
利他的 67%
王朝的 0.3%


親子の経済関係の変化
かつて親子の経済関係(財力)は、子供が大きくなるに連れて、逆転し、子供が親の面倒を見るのが当たり前でした。しかし、今は子供が非正規社員などの場合は、子供が親を逆転することなく、子も親も財力が小さいままであるという現実があります。

リレーのバトンに例えると、かつては親から子へのバトンリレーがスムーズに行われていましたが、今は親がバトンを持ったまま子供との並走を余儀なくされているという現状なのです。



posted by CYL at 11:15 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月12日

オイコノミア|もしもあなたが難病になったら

f3340222d3fb3c900dc10564a25f44c6_s.jpg


オイコノミア|もしもあなたが難病になったら

オイコノミアとは、経済学を意味するエコノミクスの語源となった古代ギリシャ語です。経済学とは、お金儲けの学問ではなく、人々がどのように生きれば皆で一緒に幸せになれるのかを考える学問です。

今回は、難病について経済学から考えてみましょう。世界に難病は5,000種類以上ありますが、その中で日本で難病指定されている病気は330種。その患者数は約92万人にもなります。

明治学院大学特別研究員の大野更紗さんは、皮膚筋炎及び筋膜炎脂肪織炎症候群という難病の経験者です。難病を突然発症した大野さんは、同じ病室で、皆一様に苦しんでいるのに、難病に指定されている病気を患っている人と難病指定されていない病気に罹っている人ではその待遇に違いがあることに疑問を感じたと言います。

難病指定されるためには様々条件があります。下記は一例にすぎませんが、これらの条件を少なくともクリアーしていなければ、難病に指定されることはありません。つまり、指定難病とは社会的な定義ということになります。

難病指定の条件(一部)
発病のメカニズムが不明
治療方法が確立されていない
長期間の治療が必要
日本の人口の0.1%以下程度

また、難病は完治が見込めず生涯にわたって治療が続くことが多いのです。そんな難病の治療費について経済学で考えてみましょう。

保険制度を考える
治療費に多大な影響を与える保険制度について考えてみましょう。あなたならA、B、どちらの保険を選びますか?

A、5万円までは全額負担 以降は無料
B、自己負担が1500万円までは3割負担
以降は無料

実は、Aは自動車保険タイプの保険で、Bが医療保険タイプの保険となります。前述の大野さんの場合、難病を罹った経験をお持ちということから、Aタイプの保険を絶対に選ぶと語ります。そうでなければ難病という大きなリスクには備えることができないと言います。

現在の医療保険はBタイプが多く、難病に罹った際のリスクにはうまく対応ができないのが現状です。現状の保険タイプは今後、民間または政府によって変革が求められるかもしれません。

病名がわからない
難病を罹った患者さんに共通する苦労が、病名がわかるまでに時間がかかるということです。難病の専門家の数が少ないために、巡り合って適切な診断がくだされるまで時間が要するのです。

サーチ理論
市場は取引相手を探す場と考えます。サーチ理論は、自分に合った相手を探すために有効な考え方のことをいいます。その一つが、フラッグを立てることで出会いやすくすると考え方です。

織田友理子さんは、遠位型ミオパチーという超希少難病を抱えています。織田さんは2008年に同じ超希少難病を抱える患者の会を結成しました。織田さんが「自分たちがここにいるという声を上げないと問題が可視化されない」と語るように、署名活動を行った結果、2014年に指定難病に認定されました。

織田さんが行った行為がまさにフラッグを立てることを意味します。患者の会を立ち上げたことでそこには同じ病を抱える患者だけではなく、専門医の医師などサポーターが現れたのです。フラッグを立てるにはサポーターが必要です。

難病患者にも
健常者にもプラス

かつては車椅子のなどの障害者用として整備されたエレベーターですが、いまでは小さな子供を抱える母親がベビーカーなどと一緒に利用しています。このように健常者にもプラスとなることがあるのです。

マイノリティーの経済学
難病患者はいわばマイノリティーです。マイノリティーが多数派とどのようにかかわるのかについて考えて見ましょう。

転校生というマイノリティーを例に考えてみましょう。よくありがちな転校生というマイノリティーに対して多数派の対応として、なんだか嫌な感じがするから話さないということがしばしばあります。一見、嫌な感じがするからという原因と話さないという結果の間には因果関係があるように見えることがあります。

しかし、人の振る舞いを心の中と行動に分けて考えてみると下記のように分類することができます。

心の中  イメージ良い   イメージ悪い
行動
話す   真正進歩主義者  偽善者   

話さない 日和見進歩主義者 差別主義者

例えば、良いイメージを持っているが話さないという日和見進歩主義者。多くの人はこの分類に属するのではないでしょうか。良いイメージはあるけれど、周りの人の様子を伺いながら、自らの行動を決めるのです。その結果、話さないという行動から転校生のイメージが悪くなる。つまり、行動が心の中を決めているのです。それを東京大学の松井教授は、帰納論的ゲーム理論と名付けています。

帰納論的ゲーム理論を障がい者に当てはめて考えてみましょう。今では障がい者の駅などで見かける機会が多くなりましたが、かつてはほとんど見かけることはありませんでした。見かけないという行動が、障がい者に対する偏見へと繋がって行くことがあるということです。

かつては経済学は人間関係を科学する学問でもありました。相手のことを考える、相手の立場に立って、ものをみる、そんな広い意味での共感が今問われています。

posted by CYL at 22:21 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月06日

オイコノミア|あなたの知らない”お菓子”な経済学

eb4ad7629df44e19a5c800c721f31979_s.jpg


オイコノミア|
あなたの知らない”お菓子”な経済学


チョコレートから見えてくる経済学
製品差別化

いま健康志向のチョコレートが注目を集めています。それを示すようにチョコレート市場の推移をみるとチョコレートの小売金額は年々伸びており、2015年には約5000億円となっています。また、50歳以上のチョコレートへの支出額が過去15年で5割も増加しています。

チョコレートはお菓子の定番であるため、競争相手が多く価格競争が激しくなります。価格競争になると商品の値段が下がるため消費者にとっては嬉しいことですが、売り手は困ってしまいます。

そこで、従来のチョコレートよりも低糖質であるなど健康志向のチョコレートを開発することで、競争相手が少ない状態を作り出そうと売り手は考えます。

健康志向のチョコレートは、従来のチョコレートと似ているけれど、違うので、独占力があります。独占力があることで競争を回避することができるため、健康志向のチョコレートは商品価格を高めに設定できるのです。

さらに元々チョコレートが好きな人だけではなく今までチョコレートを食べなかった層までターゲットにできるため、新たな市場の創出に繋がります。

このように新しい機能や特性をつけることで他の商品と差別化し、消費者を獲得することを製品差別化と言います。


カカオ豆の生産者の貧困
買い手独占

カカオ豆生産者の貧困が世界的な問題となっています。なぜカカオ豆生産者の収入が低いのか。その原因は、カカオ市場の仲買人の買い手独占状態であることが挙げられます。

複数の買い手がいる場合は、生産者は買い手の中から一番高く買ってくれる人にカカオ豆を売ることができまます。しかし、カカオ豆生産者が貧しいため、売るために必要なトラックなどの輸送手段を持っていません。そこで村までカカオ豆を買うつけにきてくれる買い手に売ることになります。

その結果、買い手独占となってしまいます。買い手独占の場合は、買い手が一人しかいないので売り手の交渉力が非常に低い状態となり、当然高く買ってもらうことはできません。


経済学でダイエット?!秘密は税金
経済学にも肥満を防ぐ方法があります。それは税金です。
イギリスで2018年に導入が予定されている砂糖税は、砂糖の含有量100mlにつき5g以上8g未満の場合、1リットルに対して18ペンス(約25円)が課税されます。また、砂糖の含有量100mlにつき8g以上の場合は、1リットルに対して24ペンス(約33円)が課税される予定です。(これらの税収は子供向けの健康プラグラムの財源に充てられます。)このように税金を課すことで人々の消費に歯止めをかけようというのです。

また、3人に1人が肥満だと言われるメキシコでは、2014年に砂糖入り飲料1リットルに対して1ペソ(約6円)が課税される税金が導入されています。その結果、消費量が9%減少したと言います。(特に低所得者の消費量については17%減少)

一般的に税金は、人の行動に影響を与えないものが良いとされていますが、砂糖税やソーダ税のように人の行動を変える目的で導入される税金のことをピグー税と言います。ピグー税は人の行動を変えることで社会をより良くすることができると期待されています。

ピグー税の例
ロンドンの渋滞税
平日の7時から18時まで課金区域内で運転するドライバーは1日11.5ポンド(約1600円)を支払う
posted by CYL at 08:00 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする