2015年04月21日

未来世紀ジパング 池上彰解説 トマ・ピケティ「21世紀の資本」

未来世紀ジパング
池上彰解説 トマ・ピケティ「21世紀の資本」



広がる格差を止めるには


フランスの経済学者トマ・ピケティが書いた経済書「21世紀の資本」が世界でヒットしています。その内容は、”放っておくと格差は拡大する”というメッセージがデータをもとに示してあります。


トマ・ピケティさん(43)
パリ経済学校教授、経済学者でピケティさんの著書「21世紀の資本」は世界約40カ国で約160万部販売されています。


トリクルダウン(経済)
結婚式などで行われるシャンパンタワーを想像してください。ピラミッド状に組み上げられたシャンパングラスの一番上からシャンパンを注ぐと頂点から底辺へとシャンパンが流れていきます。

シャンパンをお金に、シャンパンタワーを上部から富裕層、中間層、低所得者層と考えてみてください。最初、富裕層に流れたお金はやがて低所得者層までまわってくるという考えを「トリクルダウン(経済)」といいます。トリクルダウンは滴り落ちるという意味です。

しかし、いまトリクルダウン経済に異変が起きていてその異変が格差社会の原因となっています。いままでは富裕層のグラスがいっぱいになればそれが溢れて中間層、低所得者層に滴り落ちていきましたが、富裕層がより大きなグラスへと買い換えることで富の集中が起こっているのです。つまり、資本主義社会では富めるものはますます富めるような仕組みになっているということです。


高額所得者1%が全体に占める割合
アメリカ社会の例ですが、1928年では、高額所得者1%がアメリカ社会全体の所得の19.6%を占めていました。その後、時代は流れ次第にその数値は下がり格差がなくなり1973年には7.7%になりました。しかし、数値はV字を描くように上昇し2013年には再び20%近くまでなっています。

第2次大戦後、アメリカの経済発展についてアメリカの経済学者クズネッツさんが調べたところ資本主義が発展するほど格差が縮まってくることを実証的なデータで示しました。レーガン政権(1981-89)では「クズネッツ理論」として資本主義を推進したのですが、ピケティさんは「クズネッツ理論」を使ってレーガン政権以降について調べてみるとなんと格差は拡大していることがわかったのです。


r(資本収益率) > g(経済成長率)

rはリターンの略で株、預貯金、不動産などから得られる利益を意味しています。一方、gはgrowth,成長率のことです。国民全体でがんばった成長率で給料などを意味します。rとgの伸び率を比較してみるとrは年平均で4から5%の伸び率なのに対して、gは年平均で1から2%の伸び率なのです。庶民の給料が上がらないわけです。

世界の長者番付のトップ10の中で注目したいのは8位のクリスティ・ウォルトンさんと10位のリリアンヌ・ベタンクールさんです。クリスティ・ウォルトンさんはアメリカの大手スーパーマーケットのウォルマートの創業者の次男の奥さんです。リリアンヌ・ベタンクールさんはフランスのロレアル創業者の娘さんです。2人の共通点は莫大な資産を受け継いだということです。r(資本収益率) > g(経済成長率)に元づけば彼女たちの資産は年々増えていくということを意味します。

つまり、「富めるひとはますます富み、格差が拡大していく」とピケティは著書で警鐘を鳴らしているのです。


日本社会の問題
低所得者が増えている

世帯あたりの平均収入が1994年には約650万円だった数値がどんどん下がり2012年には300万円以下の世帯の割合が32.7%になっています。

低所得の要因
年金収入だけの高齢者の増加
非正規労働者の増加

ピケティさんの提言
富の再分配


若い世代を優遇する税制
特に資産がなく所得も少ない若い世代を優遇しなければならない。

資産家への累進課税
お金持ちから税金をとって若い人への教育費などに使う。


続きを読む 世界の格差(韓国、米国、中国)







posted by CYL at 11:28 | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未来世紀ジパング 池上彰解説 ピケティ「21世紀の資本」格差社会

未来世紀ジパング
池上彰解説 ピケティ「21世紀の資本」



広がる格差を止めるには


世界の格差

<韓国>
高級ブランド店が立ち並ぶソウル市江南(カンナム)区の片隅に広がる九龍村には約1000人の低所得者がバラック小屋で暮らしています。その多くは一人暮らしの高齢者です。2月上旬ソウル市が強制的な立ち退きを行いました。バラック小屋はすべて取り壊されました。ソウル市はその跡地に2017年に高層マンションを建設する計画です。別の場所に移住を余儀なくされた住民は泣き崩れるしかありませんでした。


<アメリカ>

(富)高級マンション建設ラッシュ
ニューヨークのマンハッタンに昨年完成した超高級マンション「ONE57」は地上90階で居住用としてはマンハッタンで最高峰になります。窓からセントラルパークが一望できるのです。現在マンハッタンでは高級マンションがとくに売れているといいます。

(貧)家賃高騰
マンハッタンにあるメキシコ料理店ではひと月の家賃86万円と6年前の2倍に高騰し閉店を余儀なくされました。ニューヨークでは地元に根付いてきたお店が家賃の高騰により閉店するお店が増えています。

(貧)無料歯科クリニック
氷点下の街に長蛇の列ができていました。18時間列に並んでいるひともいました。行列のお目当は無料の歯科クリニックでした。歯科医団体が毎年1回行っているもので、医療保険未加入のひとが列に並んでいたのです。医療保険は月に1万円ほどですが保険を支払う余裕がない人が多いのです。アメリカでは歯科保険は任意のため3人に1人が未加入なのです。保険未加入のため治療費が高額になることを懸念して10年歯科医にかかっていないひともいました。

(富)超富裕層
アメリカテキサスの高級住宅街に住む元コンチネンタル航空CEOのゴードン・ベスーンさんの資産は80億円以上です。自宅には19世紀に活躍したアメリカの時計職人レミオ・カーティスの壁掛け時計は7800万円、またベスーンさんの腕時計だけで2年前にクリスティーズがオークションを開いたところ売却価格6億3600万円になりました。

自宅から車で2時間の場所にある別宅の敷地には石油の掘削機があり、湖まであります。その広さは東京ドーム104個です。広大な敷地には野生の鹿などもいて狩りを楽しんでいます。そのほかにもニューヨークとカリフォルニアにも別宅を所有しています。

(貧)シアトル郊外のテント村
マイクロソフト、アマゾン、スターバックが本社をかまえるシアトルの郊外に広がるテント村があります。彼らは仕事を持っているのですが十分な給料ではないため家賃を支払うことができないのです。

<中国>

(富)競走馬へ投資
中国本土の深圳からカジノの街マカオへやってくるのは中国の超富裕層です。彼らの目的はカジノではなく海外の競走馬への投資です。高いものだと一口約2000万円だといいます。

(貧)裸老族
80年代に農村部から深圳に出稼ぎにきた第1世代は農民工とよばれ深圳の近代化に貢献した人々です。しかし、現在彼らは「裸老族」と呼ばれています。その意味するところは財産もなく年金も受け取れない農民工です。

彼らは日雇いの仕事を探して現場で仕事を待ち続けます。仕事が見つかっても日当2000円にもならないといいます。ある男性は家賃2万円の家に住み毎食おかゆとキュウリの漬物をたべて暮らしているといいます。

改革開放の指導者「ケ小平」
豊かな深圳の実現に貢献したとされるのがケ小平さんです。先に豊かになれるものから豊かになって落伍したものを助けよという「先富論」を唱えました。その声に呼応し1980年代以降、内陸部の農民が都市部に出稼ぎにやってきました。


つづきを読む ピケティ「21世紀の資本」のポイント






posted by CYL at 10:08 | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月14日

未来世紀ジパング 日本の魚を海外に 支える技術(ナノ水、ノバフレッシュ、CAS付き冷凍庫)

未来世紀ジパング

日本の魚を海外へ
鮮度を保つ技術は世界一



丸福水産「ナノ水」
窒素の細かい泡に秘密あり


魚をナノ水に約5分から8分浸すだけで鮮度を保ちます。

秘密は
ナノ水を作り出すのがナノフレッシャーという機械です。ナノバブルという100万分の1ミリの窒素の泡を作り出します。魚の劣化の原因は体内に酸素が入る酸化という現象です。ナノ水に浸かることで体内に窒素が入ると酸化が遅くなり鮮度を維持することができるのです。



富士商工「ノバフレッシュ」
魚を仮眠状態に



秘密は
魚を特殊な装置に入れて密閉し酸素、窒素、二酸化炭素をいれて50分間加圧します。装置から取り出した魚は仮眠状態になっています。魚を取り出し氷水で冷却し冷蔵庫で保存します。通常は水がないので魚は死んでしまうはずですが再度装置にいれて加圧すると魚が仮眠状態から覚醒するといいます。(現在は研究段階)


アビー「CAS付き冷凍庫」
千葉県流山市



磁力、光、音など8つの力を加えて鮮度を保つ特殊な冷凍庫です。冷蔵庫の中から4年前にCAS付き冷凍庫で凍らせたというタコを取り出しました。2時間後解凍が完了すると指に吸盤が吸いつきました。「これは生命体としては死んでいるのだが、細胞は生きていることがわかる」と開発をしたアビーの社長は語ります。CAS付き冷凍庫はもともと過冷却水をつくるために開発されてといいます。過冷却水はゆっくりと冷やされることで水を流すとすぐに凍ってしまう不思議な水です。



posted by CYL at 13:42 | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未来世紀ジパング アジアの物流システム(ヤマト運輸+全日空) 鍵は沖縄にあり

未来世紀ジパング
日本の魚を海外に

新鮮な魚を届ける物流システム
ポイントは沖縄県にあり


香港の魚事情
香港では日本の刺身が人気です。回転寿し店で並ぶ品は日本の回転寿しとほとんど変わりません。その理由は物流システムにありました。青森から1日で届いたヒラメが生きたまま厨房に届けられているのです。



青森から香港へ物流の流れ

午前8時30分 
ヤマトクール宅急便で青森市中央卸売市場出発
陸路にて仙台空港へその間岩手、宮城で荷物を集荷

午後3時 
仙台空港到着
冷凍用のコンテナに移されて通常の旅客機の空きスペースに運び込まれる


午後5時30分 
仙台空港から大阪伊丹空港へ出発
関西向けのクール便と一緒に運ぶ

午前2時 沖縄那覇空港へ到着
沖縄貨物ハブへ運ばれて仕分けされます。海外へ荷物を送るので通関が必要ですが24時間対応可能です。

午前5時15分 
香港にむけて貨物便が出発

日本時間午前7時45分 
香港空港に到着
昼過ぎに店に到着

青森から香港までおよそ30時間です。


物流のポイントは沖縄にあり
2002年に政府は沖縄県を国際貿易の拠点とするため国際物流特区に指定しました。もともと那覇空港は数少ない24時間発着ができる空港でした。那覇空港は中国、東南アジアの主要都市へ4時間で以内での移動が可能です。全日空、ヤマト運輸、沖縄県が手を組んで新しい物流システムをつくりました。

ヤマト運輸グローバル事業推進部長 梅津克彦さんは「アジアをひとつの面として捉えています。国際クール宅急便は当然のサービス」と語ります。香港では新鮮さが好まれるため直接日本から仕入れていることは大きなアピールとなるのです。






posted by CYL at 13:36 | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未来世紀ジパング 日本の魚を海外へ 鍵は物流システムと鮮度保存技術

未来世紀ジパング 沸騰現場の経済学

日本の魚を海外へ
鍵は物流システム、鮮度保存技術

沸騰キーワード「新鮮力」
ポイント1 物流システム
ポイント2 鮮度保存技術


世界の寿司はサーモン
世界的な寿司ブームですが、その恩恵をうけているのは海外産のサーモンです。サーモンの2大産地は南米のチリと北欧のノルウェーです。2国で世界のサーモン生産量の約63%を占めているのです。日本人が寿司と言えばマグロを思い浮かべますが、海外ではサーモンが寿司に使われることが多いのです。その要因のひとつは現地では生で食べることができる魚がサーモンしかないということです。

海外へ日本の魚を
全国漁業協同組合連合会(全漁連)がはじめて出した直営店は東南アジアで成長著しいシンガポールでした。全漁連は日本の魚の普及に努める団体です。全国の美味しい魚を「プライドフィッシュ」と名付けて発信しています。そのキャッチフレーズは「あなたはまだ魚の本当の旨さをしらない」です。シンガポールにオープンした直営店JF神田わだつみ シンガポール店長 原慎二さんは、地元の市場「バッファローロード テッカセンター」へ魚の調査にでかけましたが、生でたべることができるような新鮮な魚は残念ながらありませんでした。

なぜ海外なのか
JF全漁連 代表理事専務 長屋信博さんはこう語ります。「日本の多種多様な水産物を現地の方々にも味わってもらいその味をしっかりとおぼえていただく。そのためには本物の水産物を提供していかなければいけない。全漁連が生産段階から関与していくということは本物の水産物をわかってもらうには有効だと思う」シンガポール店では日本産の魚を使い産地と旬をお客さんにアピールしました。他の日本食レストランでは味わえないと現地のお客さんの評判は上々でした。

世界の魚消費量は増加
そしてもう一つ海外に活路を見出したい理由は日本の魚の消費量は14年前のピーク時に比べて3割減にあることです。減少分を海外へ輸出することで国内の漁業の活性化を図っていくことを目指しています。世界では魚の消費量は増えています。先進国では健康志向のため脂の少ない魚へ徐々にシフトしてきていますし途上国では肉より安いタンパク源として魚が食べられはじめているのです。

世界の魚の消費量(一人あたり)
2001年
1位 日本
2位 ポルトガル
3位 韓国

2011年
1位 ポルトガル
2位 韓国
3位 日本

一人あたりのランキングの上位には入っていませんが、国単位で見ますとここ10年間の間にその消費量は1.5倍になっており、日本全体の消費量の7倍にあたります。


日本人がよく食べている魚ランキング
昭和40年
1位アジ、2位イカ、3位サバ

昭和57年
1位イカ、2位マグロ、3位カレイ

平成12年
1位イカ、2位マグロ、3位サケ

現在
1位サケ、2位イカ、3位マグロ




<日本の新鮮な魚をいち早く届ける>

ポイント1
新鮮な魚を届ける物流システム



香港の魚事情
香港では日本の刺身が人気です。回転寿し店で並ぶ品は日本の回転寿しとほとんど変わりません。その理由は物流システムにありました。青森から1日で届いたヒラメが生きたまま厨房に届けられているのです。



青森から香港へ物流の流れ

午前8時30分 
ヤマトクール宅急便で青森市中央卸売市場出発
陸路にて仙台空港へその間岩手、宮城で荷物を集荷

午後3時 
仙台空港到着
冷凍用のコンテナに移されて通常の旅客機の空きスペースに運び込まれる


午後5時30分 
仙台空港から大阪伊丹空港へ出発
関西向けのクール便と一緒に運ぶ

午前2時 沖縄那覇空港へ到着
沖縄貨物ハブへ運ばれて仕分けされます。海外へ荷物を送るので通関が必要ですが24時間対応可能です。

午前5時15分 
香港にむけて貨物便が出発

日本時間午前7時45分 
香港空港に到着
昼過ぎに店に到着

青森から香港までおよそ30時間です。


物流のポイントは沖縄にあり
2002年に政府は沖縄県を国際貿易の拠点とするため国際物流特区に指定しました。もともと那覇空港は数少ない24時間発着ができる空港でした。那覇空港は中国、東南アジアの主要都市へ4時間で以内での移動が可能です。全日空、ヤマト運輸、沖縄県が手を組んで新しい物流システムをつくりました。ヤマト運輸グローバル事業推進部長 梅津克彦さんは「アジアをひとつの面として捉えています。国際クール宅急便は当然のサービス」と語ります。香港では新鮮さが好まれるため直接日本から仕入れていることは大きなアピールとなるのです。




ポイント2
鮮度を保つ技術は世界一




丸福水産「ナノ水」
窒素の細かい泡に秘密あり

魚をナノ水に約5分から8分浸すだけで鮮度を保ちます。

秘密は
ナノ水を作り出すのがナノフレッシャーという機械です。ナノバブルという100万分の1ミリの窒素の泡を作り出します。魚の劣化の原因は体内に酸素が入る酸化という現象です。ナノ水に浸かることで体内に窒素が入ると酸化が遅くなり鮮度を維持することができるのです。



富士商工「ノバフレッシュ」
魚を仮眠状態に


秘密は
魚を特殊な装置に入れて密閉し酸素、窒素、二酸化炭素をいれて50分間加圧します。装置から取り出した魚は仮眠状態になっています。魚を取り出し氷水で冷却し冷蔵庫で保存します。通常は水がないので魚は死んでしまうはずですが再度装置にいれて加圧すると魚が仮眠状態から覚醒するといいます。(現在は研究段階)


アビー「CAS付き冷凍庫」
千葉県流山市


磁力、光、音など8つの力を加えて鮮度を保つ特殊な冷凍庫です。冷蔵庫の中から4年前にCAS付き冷凍庫で凍らせたというタコを取り出しました。2時間後解凍が完了すると指に吸盤が吸いつきました。「これは生命体としては死んでいるのだが、細胞は生きていることがわかる」と開発をしたアビーの社長は語ります。CAS付き冷凍庫はもともと過冷却水をつくるために開発されてといいます。過冷却水はゆっくりと冷やされることで水を流すとすぐに凍ってしまう不思議な水です。


posted by CYL at 12:39 | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。