2015年06月26日

未来世紀ジパング|アジア驚異の成長国ミャンマー(4)|日本兵士の戦争秘話

未来世紀ジパング|戦争秘話.jpg



未来世紀ジパング
アジア驚異の成長国ミャンマー
日本兵士の戦争秘話



ミャンマーは、1962年から2011年まで軍事政権が統治していたため半世紀近く閉ざされてきました。70年の時を経て明らかになった日本兵士の戦争秘話がありました。

ミャンマー|日本兵士の戦争秘話.jpg


70年の時を経て
日本兵士の戦争秘話


ミャンマーの旧国名ビルマといえば、1948年初版の「ビルマの竪琴」を思い出します。ビルマで終戦を迎え、僧侶となった水島上等兵の物語です。ミャンマー中部の古都バガンには、1000年以上前に建てられたという仏塔がそのまま残っています。カンボジアのアンコールワットと並び世界3大仏教遺跡と称されていますが、世界遺産にも登録されていません。

そこにやってきた日本人の一行がいましたが、目的は観光ではありませんでした。戦没者の慰霊碑へやってきたのです。70年前の戦争で亡くなった多くの日本人の遺骨がミャンマーにいまなお残されています。渡航ビザなど外国人の受け入れが体制が整ったことでようやく訪れることができたのです。

インパール作戦|多くの犠牲者
ミャンマーは、1944年に行われた日本軍と連合国軍の戦い「インパール作戦」の激戦地でした。のちにインパール作戦は史上最悪の戦いといわれる戦いでした。山岳地帯で武器・食料の補給路がなく撤退も許されない玉砕戦だったからです。飢えや疫病でなくなった日本兵は約3万人にのぼります。

涅槃像を寄付
インパール作戦の激戦地のひとつミッチーナにある寺院に入るとまだ新しい巨大な涅槃像がありました。横になったお釈迦様の像の前では地元の人や遠くからやってきたという人々が祈りを捧げていました。像には日本人の坂口睦さんの名前が刻まれていました。坂口さんは2013年に90歳を過ぎて亡くなりましたが、長年をかけて日本で11億円を集めて涅槃像を作ってくれたといいます。地元の人は、坂口さんは忘れないように銅像を作りました。

退却命令|救われた命
インパール作戦で、玉砕命令を拒否して部隊を退却させた人物がいました。旧陸軍歩兵第114連隊の水上源蔵少将でした。その決断が、坂口さんをはじめ3000人の命を救いました。しかし、水上少将は責任を取り自決しました。戦後、坂口さんはその恩に報いようと私財を投げ打ち募金活動に奔走し、2000年、軍事政権下のミャンマーを訪れ、悲願だった涅槃像を寄贈しました。「被害を受けたミャンマー国民へのいささかの償いとして涅槃像を建立した」と碑には坂口さんの思いが刻まれていました。

そしてミッチーナには古くから語り継がれている逸話がありました。1944年8月4日、大きなイラワジ川の中州で退却命令を下した水上少将が一人自決したといいます。地元の人は、70年の時を経てそれが本当であったことがわかったといいます。


関連記事|アジア驚異の成長国ミャンマー
posted by CYL at 11:56 | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未来世紀ジパング|アジア驚異の成長国ミャンマー(3)|開拓する日本企業

未来世紀ジパング|開拓する日本企業.jpg


未来世紀ジパング
アジア驚異の成長国ミャンマー
開拓する日本企業



ミャンマーは、1962年から2011年まで軍事政権が統治していたため半世紀近く閉ざされてきました。2011年に民主化、経済解放政策が取られてからわずか4年ですが、一攫千金を狙う開拓者が続々と押し寄せています。

ミャンマー|開拓する日本企業.jpg



開拓する日本企業


初の外資系銀行|日本メガバンク
ミャンマー初の外資系銀行は日本の三井住友銀行となりました。主な業務は急増する日系企業への融資です。

自動車販売|新車市場
ヤンゴン市内にある最高級ホテル「セドナホテル」に、着飾ったミャンマーのセレブたちが集まっていました。大広間に集まった200人の前に登場したのが、トヨタの車の写真を掲げた女性たちでした。セレブを集めて行われていたのはトヨタの新車宣伝イベントだったのです。ある車の値段は日本の3倍の値をつけて販売されていました。イベントの仕掛け人が三井物産の町田さんでした。三井物産は50年以上ミャンマーでのビジネスをしてきた実績があり、財界と強いパイプを持っています。

ミャンマーを走る車の9割以上は中古車です。イースタンラーライナーという自動車専用船が運行されていて日本から中古車が続々とやってきています。現在、日本の中古車輸入国(2014年)の1位はミャンマーとなっています。そんな中古車天国のミャンマーで、2014年に新車の輸入が解禁されたのです。韓国の自動車販売会社はこんな宣伝文句がありました。「日本の中古車をやめて韓国の新車にしよう」一方で、トヨタを販売する三井物産は、3月に修理工場を新設し、日本式のアフターサービスでお客の心を掴もうとしていました。


日本食|冷凍食品
ミャンマーセレブの豪邸のお邪魔すると一等地に立つ豪邸、30mのプール、数千万円の自家用車9台に、それぞれの車に運転手がついています。お宅に入ると大理石に巨大なリビングとダイニングがありました。リビングに置かれていたのは北海道の小樽で買った土産でした。大の日本ファンという夫妻は、とくに日本食が好きだといいます。

新たな物流網
6月に開かれたミャンマー最大の食品見本市に日本の総合商社「双日」の姿がありました。紹介していたのはミャンマーにまったく馴染みのない「ちくわ」でした。双日は、ミャンマー初の冷凍物流網を開拓し、日本の冷凍食品を広めようとしています。

物流網の鍵を握るのは双日が現在建設中の国内最大級の冷凍倉庫です。商品ごとに部屋をわけて温度管理を徹底する仕組みとなっています。さらに停電が多いミャンマー対策として、最新の自家発電機を備えています。

そして冷凍食品の運搬に欠かせないトラックです。その特徴はメインのエンジンと冷凍ユニットのエンジンが独立していることです。これまでミャンマーにはなかった新型トラックが現在10台走っています。

パパママストア|個人商店
ミャンマーの小売業の95%を占めるのが、家族で経営する「パパママストア」と呼ばれる個人商店です。双日では最新のトラックを使ってパパママストアーへ商品を運搬しています。パパママストアへ運ばれたアイスクリームが以前まではガラガラだった冷凍庫へ運ばれ、日本式にアイスの種類ごとに綺麗に陳列されていきます。以前までは運搬の途中で一度溶けてしまっていたので形が歪なアイスクリームとなっていましたが、双日の物流網を使うことで運送の途中で溶けていないアイスクリームがは子供達の口に運ばれました。


関連記事|アジア驚異の成長国ミャンマー
posted by CYL at 11:48 | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未来世紀ジパング|アジア驚異の成長国ミャンマー(2)|ミャンマーのいま

未来世紀ジパング|ミャンマーのいま.jpg


未来世紀ジパング
アジア驚異の成長国ミャンマー
ミャンマーのいま


ミャンマーは、1962年から2011年まで軍事政権が統治していたため半世紀近く閉ざされてきました。2011年に民主化、経済解放政策が取られてからわずか4年ですが、一攫千金を狙う開拓者が続々と押し寄せています。

ミャンマー|アジア最後の秘境.jpg


ミャンマーのいま

2011年、軍政から民政に移管され、経済も解放政策に変更されています。いままで閉ざされてきた国が世界に開かれて間もないのがミャンマーです。それゆえにアジア最後の秘境と呼ばれているのです。現在のミャンマーをつくった立役者となったのが、現在のテイン・セイン大統領です。改革に取り組んで2015年の経済成長率は8.3% になると推測されています。

国別乗降客数2位
日本でも、成田ーヤンゴン間の直航便が就航されました。ミャンマーの国別乗降客数では、ミャンマーの隣国のタイが1位で、次いで日本が2番目に多くなっています。3位は中国となっています。

サービス業先行
中国やタイといった新興国のビジネスモデルは、日本企業の工場が増え駐在員が増えることで、あとからサービス業が追いついてくるという形でしてが、ミャンマーの場合は逆で、ミャンマー日本人商工会に所属する239社のうち製造業はわずか10社となっています。

高騰する家賃
ヤンゴンでは、年々増加する日本人向けのフリーペーパーがあり、色々なお店の宣伝が並んでいます。中でも注目は物件情報です。なんと3LDKの家賃が30万円から40万円となっており、ニューヨークのマンハッタン並みの水準に高騰しています。

証券取引所オープン
ミャンマーの市場開放は進んでいて2015年秋にはヤンゴン証券取引所がオープンする予定です。日本取引所グループJPXと大和総研が出資してシステムやノウハウを現地に提供して運営されることになっています。

工業団地稼働
サービス業の遅れをとっていた製造業も、ヤンゴン郊外にティラワ工業団地ができ、2015年6月から一部稼働がはじまるので企業の進出が加速するといわれています。

修正された人口
神秘のベールに包まれていたミャンマーですが、その姿は徐々に明らかになってきました。その象徴が人口です。以前は人口6400万人といわれていましたが、2014年に34年ぶりの国勢調査が行われた結果、5100万人に修正されました。

知られざる遺跡群
紀元前2-9世紀ごろの王朝が建立した古代都市ピュー遺跡群が、2014年ミャンマーで初めて世界遺産登録されましたが、まだ発表されていない遺跡があるのではないかといわれています。

秋の総選挙
2015年秋に予定されている2011年の民政移管後の初の総選挙で、事実上軍事政権の流れを汲む現政権とアウン=サン=スーチーさん率いるの国民民主連盟(NLD)との一騎打ちとなることが予想されています。

総選挙ではスーチーさん率いる国民民主連盟が圧勝すると言われていますが、スーチーさんは現状では次の大統領にはなれないのです。ミャンマーの憲法に大統領の条件が明記されています。「本人、両親、子供、配偶者のいずれかが(中略)外国国民であってはならない」と定めています。

スーチーさんの二人の息子はイギリス国籍となっていますので、憲法の規定に引っかかってしまうため、大統領にはなれないのです。現状の憲法では25%の議席は軍人に与えられていますので、事実上70%で憲法を改正することは難しい状況です。

ロヒンギャ問題
ロヒンギャは、ミャンマーを中心に暮らす約80万人のイスラム教徒で、”異教徒の厄介者”という言葉が出ており、ミャンマー国民にとっては同じ国民とは考えられない人々です。

ミャンマーの抱える火種のひとつとなっているロヒンギャ問題は、総選挙を控えているいま、世界からの批判よりも国内の批判によって票を失うことが怖いために、政府はロヒンギャ問題には一切手をつけないとしています。一方のスーチーさんもロヒンギャ問題には沈黙を守っている状況です。


ミャンマーのいま|まとめ.jpg


関連記事|アジア驚異の成長国ミャンマー

posted by CYL at 11:37 | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする