2015年08月20日

未来世紀ジパング|知られざる注目国エチオピア

未来世紀ジパング|知られざる国エチオピア.jpg


未来世紀ジパング|
知られざる注目国エチオピア



概要
2015年4月、アフリカ最大の航空会社のエビオピア航空が、成田ーアディスアベバ間を就航しました。アディスアベバは、2014年の世界一の経済成長率を記録したエチオピアの首都です。

エチオピアは大変貌を遂げています。街のショッピングモールは、輸入品が溢れ、年収200万円を超える世帯が登場しています。そして、アジアの次なる世界の工場として注目を集め、世界企業が続々進出しています。

また、中国の新世界戦略「一帯一路」の実現に向けて、エチオピアでは、中国による大規模なインフラ整備が行われていました。さらに中国は、いままでのやり方を反省し、インフラ建設だけではなく、現地の雇用創出を目指すことで、中国はエチオピアの人々から好意的に受け止められています。

未来世紀ジパング|エチオピア基礎データ.jpg


未来世紀ジパング|急成長を遂げるエチオピア.jpg



エチオピアのイメージは?

多くの日本人が思い浮かべるエチオピアといえば、1984年に起きた大飢饉の時に撮られた栄養失調で苦しむ人々の姿ではないでしょうか。大飢饉によって100万人が餓死したと言われ、命をつなぐために周辺国へ逃れ、約200万人が難民となりました。これほどまでに悲惨な状況となったのは、2つの出来事が重なったことが原因でした。

未来世紀ジパング|エチオピア大飢饉.jpg

なぜあれほど悲惨な状況に?

エチオピアは、1974年から91年まで社会主義政権でした。その結果大きな影響が受けたのが農業でした。ソビエトのような社会主義体制にしたことで、土地、農機具、家畜、すべて国家の所有となり、国民はその下で働いて収穫したものは平等に分け合う体制がとられていました。そのため、人々はやる気を失い生産性が低下したことと、100年に一度と言われる大干ばつがエチオピアを襲ったことが重なり、多くの餓死者を出してしまったのです。

大変貌のエチオピア

大飢饉からわずか30年あまりでエチオピアは大変貌を遂げていました。2014年の経済成長率は10.3%で世界1位を記録しました。首都アディスアベバのショッピングモールには、輸入品で溢れ、200万円を超える世帯が生まれています。

かつて多くの難民を出したエチオピアですが、いまでは周辺国からエチオピアに約70万人が難民として逃れてきています。これまでケニアが難民受け入れ国としてアフリカ最大でしたが、2014年にエチオピアが抜いてしまいました。

未来世紀ジパング|世界の工場.jpg


世界の工場|チャイナ+1

エチオピア初の工業団地が誕生し、アジアや欧州の製造業15社が生産を開始しています。企業にとっての魅力はやはり労働力の安さです。1ヶ月の平均賃金は、アジア最貧国のバングラディシュが約8500円なのに対して、エチオピアでは約5000円となっています。ヨーロッパからアジアへ、世界の工場は常に動いています。いま中心になろうとしているのがアフリカ大陸のエチオピアなのです。ベルギーとオランダの合弁企業が製造していたのは、世界シェア1位のカジュアル衣料品メーカー「H&M」の商品でした。H&Mは、3年前からエチオピアで生産しています。

未来世紀ジパング|中国インフラ開発.jpg


中国による大規模インフラ整備

中国は、54の国と地域が加盟しているアフリカ連合(AU)の本部の総工費約150億円を無償援助しました。

さらに、中国による大規模インフラの建設が加速しています。たとえば、空港拡張工事は総工費約270億円で中国企業が請け負っています。その資金は、主にアフリカへのインフラ投資を目的とした中国輸出入銀行という政府100%出資の投資銀行が援助しています。

2015年9月開通予定の東アフリカ初の新交通システム(電車)は、首都アディスアベバで一番の問題となっている渋滞解消の切り札として期待されています。新交通システムの車両や線路はすべて中国製で、中国輸出入銀行が総工費の85%を出資しています。

東アフリカ初の高速道路の総工費は650億円で、こちらも中国輸出入銀行が75%を出資しています。高速道路計画は、隣国のジブチの港まで延伸する予定です。また、インフラ工事の本丸とも言える、東アフリカ初の高速鉄道は、アディスアベバからジブチ間約740kmを結び、2015年10月開通予定です。その総工費約4800億円で、中国輸出入銀行が70%出資しています。

7c828f685c8cb74b2bcc00cc416d0bb5_s.jpg


小国ジブチとつなぐ中国の狙いは?

高速道路と高速鉄道がつなぐジブチは、小さな隣国ですが、そこに中国の大いなる野望が隠されていました。それは、中国の新世界戦略「一帯一路」です。一帯とは陸のシルクロードのことで、一路とは海のシルクロードを指します。中国とアジア、中東、ヨーロッパをつないで経済連携を強化しようという壮大な計画なのです。その計画にジブチは欠かせない拠点のひとつとなっています。

さらに「一帯一路」の実現に欠かせないのがアジアインフラ投資銀行(AIIB)です。AIIBは、中国が主導する国際金融機関ですが、中国輸出入銀行がAIIBのモデルケースになるのではないかと言われています。


d6b11d55df7dd882a187daec19107f69_s.jpg

posted by CYL at 14:54 | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

未来世紀ジパング|シンガポールの表と裏

未来世紀ジパング|シンガポール.jpg


未来世紀ジパング|シンガポールの表と裏



1965年、マレーシアから独立したシンガポールは、2015年8月9日で建国50周年を迎えるまだ歴史の浅い国です。

シンガポールの面積は、東京都23区と同程度の716平方キロメートル、人口約550万人で、マレー半島の先端に位置する小さな国です。資源がない小さな国であるシンガポールが今日のような繁栄を築いたその理由は強力なリーダーの存在がありました。建国の父と呼ばれるリー・クワンユー元首相です。2015年3月に亡くなられるまで、建国以来50年かけて貫いてきた理念があります。それが、「富の集中」と「繁栄の追求」でした。

未来世紀ジパング|シンガポール強力なリーダー.jpg



綺麗な街の戦略|管理と寛容
シンガポールといえば、罰金を思い浮かべる人も多いことでしょう。清潔で安全な街をアピールする国家戦略をとるシンガポールでは、街の至るところで罰金マークを目にします。しかし、禁煙エリアを少し離れるとタバコを吸っているひとを多く見かけます。目ぬき通りのオーチャード通りには20mおきに灰皿が設置されています。管理と寛容がこの国のキーワードとなっています。その証拠にネオンきらめく夜の街に繰り出すとゲイラン地区に政府公認の歓楽街があります。お店に前に掲げられた大きな数字の看板は、国から与えられた営業許可番号です。

380aa08767f7eacb803ce7f3327130e5_s.jpg



民主主義より規律|監視カメラ
民主主義より規律を重んじるシンガポールを市民生活から垣間見ることができます。住宅のマンションや地下鉄、街の通りなど至るところに警察の監視カメラが設置されています。シンガポールの犯罪発生件数は、10万人あたり日本が1037件なのに対して、547件とおよそ日本の半分となっています。監視カメラが犯罪を未然に防ぐ役割を果たしているのです。

また、シンガポールでは、5人以上の集会は取り締まりの対象となるため、政府に抗議できる唯一の場所が決まっています。それがスピーカーズ・コナーと呼ばれる広場です。その広場にも当然のように監視カメラがありました。


国家戦略|優遇税制
2014年からシンガポールで暮らす与沢翼さん(32)は、日本でインターネットの広告会社を経営し、ネオヒルズ族ともてはやされましたが、2014年4月に3億円の法人税未納が発覚し会社は破綻しました。

そんな与沢さんはいま、シンガポールの最高級マンションに暮らしています。その家賃は月額およそ200万円ですが、ネットによる情報販売と株取引、そしてカジノによる儲けで、月収は4000万円だといいます。

与沢さんはシンガポールにやってきて500万円を元手に個人で日本株の売買を始め、いまでは月に1000万円の利益があるといいます。シンガポールに移住を決めたワケそれはシンガポールの国家戦略のひとつ「優遇税制」にありました。シンガポールでは、日本では20%かかる株の譲渡所得税がまったくかからないのです。

未来世紀ジパング|シンガポール優遇税制.jpg


国家戦略|超官僚国家
シンガポールの国家公務員の数は8万2000人です。その特徴は、官僚の給料は国の経済と連動していることです。国が発展すれば給料も上がるという仕組みです。

シンガポールの国づくりに、リー・クアンユー氏が手本にした国が日本でした。1942年から1945年、イギリスの植民地であったシンガポールを旧日本軍が占領していたため、シンガポールの人たちは日本に対してよい感情を持っていないことは事実です。しかし、国家の繁栄のために、日本のよいところを学ぼうという姿勢には、リ・クアンユー氏の超現実主義がありました。

当時、若い官僚200人が日本に派遣され様々なトレーニングを受けました。彼らは、日本企業の成功のノウハウを製造業からサービス業に至るまで”日本式”を学び、それを国づくりに生かしたのです。日本で学んだことをまとめた1986年にシンガポール政府が出版した書籍が残っています。題名は「日本人から何を学べるか」、それは当時、シンガポールのエリートの必読書だったといいます。

リー氏が進めてきた官僚が主導する国づくりはいまに引き継がれています。優秀な学生を国費で海外留学させて官僚に登用し国づくりに当たらせています。しかし、皆が憧れる官僚への道は狭く厳しいものです。リー・クアンユー氏が好んで使っていた言葉に”サバイバル”という言葉がありますが、そのサバイバルは小学校から始まります。PSLEと呼ばれる小学校卒業時の全国統一試験は、子供たちの進路を決める重要な試験です。子供たちはもちろん親たちも必死です。


未来世紀ジパング|超官僚国家.jpg


posted by CYL at 09:00 | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

未来世紀ジパング|移住するならマレーシア!イスカンダル計画

未来世紀ジパング|マレーシア「イスカンダル計画」.jpg


未来世紀ジパング|移住するならマレーシア!
巨大プロジェクト「イスカンダル計画」


移住したい国9年連続No1
マレーシアの人口は3000万人、日本の国土のおよそ9割にマレー系67%、中国系25%、インド系7%などさまざまな人種が暮らしています。

マレーシアには年金などで暮らす日本人が多く移住しています。実は、マレーシアは、タイやハワイ、オーストラリアをおさえて移住したい国のトップを9年連続維持しています。

マレーシアの人気の秘密.jpg


マレーシアマイセカンドホーム(MM2H).jpg



親日国の理由
ルックイースト政策

日本とマレーシアの友好関係のきっかけは、1981年から2003年の間、首相を務めたマハティール氏です。20年以上首相を務め、マレーシアの高度成長を支えた立役者です。そんなマハティール氏が提唱した有名な政策があります。ルックイースト政策です。マレーシアを近代化させるために、東にある国、日本を見習おうという政策でした。

マハティールさんが、初めて来日したのが1961年、日本は戦後復興の最中でした。そんな時代に勤勉に働く日本人の姿に感銘を受けて「ルックイースト」日本を見習おうと考えたのです。

マレーシアは、税制を優遇して積極的に日本企業を誘致しました。(現在1400社) さらに留学生や研修生を日本に送り込み、日本で技術や働き方を学んで帰り、マレーシアの経済成長を支えたのです。

ルックイースト政策.jpg



さらなる経済発展に向けて
イスカンダル計画

シンガポールの対岸にあるマレーシア・ジョホールバルで計画されている大規模な開発計画がイスカンダル計画です。2025年までに、総投資額13兆円をかけて、新しい都市をつくろうというものです。開発が始まった2006年当時、150万人だった人口も300万人へと倍増をさせる計画です。

三井物産は、東京の中央区に匹敵する空き地に、学校、住宅、病院、ホテル、オフィス、複合レジャー施設をつくり、街の開発プロジェクトを進めています。

街づくりで、もっとも力を入れているのが教育都市「EduCity(エデュシティー)」です。イギリスから医療専門の大学やオランダの海運技術を学ぶ大学など、各国の専門性の高い大学を1箇所に集約しています。そんな大学を目当てにマレーシアに移住する日本人が増えているといいます。

ある家族は、日本に父親を残し、母子でマレーシアに移住し、キャサリン妃が卒業したイギリスの伝統校「マルボロカレッジ・マレーシア」に子供たちを通わせています。

イスカンダル計画.jpg



ビジョン2020
90年代にマハティール首相が打ち出した「ビジョン2020」は、2020年までに、マレーシアを先進国にするための計画です。計画のひとつには、ひとりあたりのGDPを年間3万ドルにすることがあります。(2014年現在およそ1万ドル)ビジョン2020を達成するためのエンジンとなるのがイスカンダル計画なのです。


国別投資額の裏に深い歴史
イスカンダル計画への国別投資額(下記)を見ると、1位はダントツでシンガポールとなっています。2位のアメリカのおよそ2倍にあたる4652億円を投資しています。なぜシンガポールがマレーシアのプロジェクトにここまで投資するのか、その理由は、シンガポールはもともとマレーシアの一部だったことが挙げられます。

イスカンダル計画国別投資額.jpg


1965年、マレーシアから独立したシンガポールでしたが、実質的には追い出されたのです。当時のマレーシア首相が、シンガポール地域の指導者を気にしていました。それがシンガポールを切り離すきっかけとなりました。その指導者とは、シンガポール建国の父と言われたリー・クアンユー氏です。いまでは、切り離したシンガポールがマレーシアより発展していますが、今度は、マレーシアがシンガポールを参考にしてイスカンダル計画を進めているというわけです。


中間層の消費を狙う
海外初出店|三井アウトレットパーク

日本全国13箇所に展開する三井アウトレットパークが、海外初出店の地に選んだのがマレーシアでした。その理由は、堅調な経済成長率と魅力的なマーケットであることが挙げられます。近年経済成長を続けるマレーシアは、2014年の経済成長率は6%となっており、消費を支えるいわゆる中間層の増加で買い物にお金を使うようになってきているのです。

このアウトレットの大きな特徴は、クアラルンプール国際空港の敷地内にあることです。クアラルンプール国際空港は世界的な国際空港です。その年間利用客およそ5000万人をお客として取り込もうという狙いがありました。モール内には、出発のギリギリまで買い物を楽しんでもらうため、搭乗券の発券機まで備え付けてあります。

また、人気ファッションブロガーを招待し、彼女たちの発信力によってアウトレットをアピールしてもらおうと考えました。彼女たちのブログによって紹介された商品はあっという間に注目を集めるのだといいます。



posted by CYL at 12:11 | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする