2015年07月22日

NHKスペシャル|政治の模索〜吉田茂と岸信介〜

NHKスペシャル|政治の模索吉田茂と岸信介.jpg


NHKスペシャル|戦後70年ニッポンの肖像



政治の模索
第1回保守・二大潮流の系譜
吉田茂と岸信介



NHKスペシャル|吉田茂と岸信介1.jpg


1960年、神奈川県大磯町にある吉田茂の邸宅をかつて吉田茂の政敵と言われる人物が訪ねていました。ときの総理大臣の岸信介です。その時の映像が残っていますが、二人は笑顔を見せていました。しかし、戦後政治をめぐって熾烈なせめぎ合いが行われていました。

吉田茂|経済発展優先路線
戦後、占領時代の大半で総理大臣を務めたのが吉田茂です。焦土と化し餓死者が出るほどの食糧難だった日本で、吉田茂が考えたことは経済を立て直し、復興を実現することでした。

吉田茂は戦前、外交官としてアメリカとの関係を重視して開戦に反対を唱えていました。戦後は、マッカーサーによる占領政策が続く中で、国力の回復に努めました。まず吉田が取り組んだのが、平和主義を盛り込んだ新憲法を広く国民に浸透させることでした。

NHKスペシャル|吉田茂経済発展路線.jpg


岸信介|新憲法制定の自立路線
一方、岸信介は、吉田茂が総理大臣にあった頃、GHQによって東京の巣鴨プリズンに拘束されていました。戦時中、東条内閣の閣僚を務めていた岸信介は、開戦の証書に署名しました。GHQはその罪を問いA級戦犯容疑者として逮捕したのです。収容から3年後、不起訴となり釈放されました。国家の自立を目指す岸の路線はここから動き出しました。

GHQによる公職追放で故郷の山口県岩国市に戻っていた岸信介は、禅寺で開かれた地元の青年たちの集まりで自らの秘めた想いを語りました。それは日本再建のため、巣鴨での3年を経て、再び政治の舞台へ立つ決意を新たにしていました。

NHKスペシャル|岸信介自立路線.jpg


吉田茂|サンフランシスコ講和条約&日米安全保障条約
吉田茂は1951年に歴史の晴れ舞台に立ちます。サンフランシスコで講和条約を結び、日本の独立を回復し、GHQによる占領に終止符を打ちました。さらに、同日、独立後もアメリカ軍の駐留を認める日米安全保障条約を結びます。吉田茂は、アメリカの軍事力に依存することで、軽武装のまま経済復興に集中できると考えたのです。”金のかかる軍備はアメリカもち”と当時のインタビューで吉田茂は語っています。結果的にはこのときが吉田政権の絶頂期となりました。

岸信介|政界復帰&自民党誕生
独立回復の前後から公職追放を解除された戦前の指導者たちが次々と政界に復帰します。その中には岸信介の姿もありました。吉田茂が率いていた自由党に所属した岸信介は次第に吉田茂への対決姿勢を明確にしていきました。占領下で作られた憲法は改正しなければならないと主張したのです。

そんな岸信介が取り組んだのが自らの考えを実現するための基盤づくりでした。憲法を改正するために保守政党の団結を試みました。一方の吉田茂は、岸信介の動きに対して政権奪還のための動きに過ぎないと批判しました。当時の世論は岸信介に追い風でした。その結果、吉田は、延べ7年にわたって運営してきた政権の座を追われました。翌年の1955年、岸信介らが唱えてきた保守合同が実現し、自主憲法の制定を党の理念として掲げる自由民主党が誕生しました。

NHKスペシャル|吉田茂と岸信介part2.jpg


岸内閣|最優先は安保改定
政界復帰から4年で総理大臣に就任した岸信介が、最優先で取り組んだのが日米安全保障条約の改定でした。それまでの安保条約は、アメリカに日本の防衛義務がないなど岸にとっては不平等条約そのものでした。岸はアメリカと交渉を行って、条約の原則的な改定にこぎ着けます。順風満帆に見えた岸ですが、思わぬ所からほころびがでます。警察の権限を強化した法案を提出しますが、世論と党内からの反発で廃案に追い込まれます。警官の権限強化は、国民に戦前のことを思い出させたのです。これを機に国民の反発の声は安保反対運動に発展し、岸内閣の支持率は26%へと下落します。

岸と吉田の密約
さらに内閣の閣僚であった三木赳夫や池田勇人らが辞任したのです。池田勇人の動きの背後にあったのが吉田の存在でした。池田を自らの後継者として育ててきた吉田は、当時、池田に宛てた手紙の中で、岸の安保改定を厳しく批判していました。

その後、池田は再び入閣し、一転して岸への協力姿勢を示しました。その裏には、安保改定という岸がすすめる自立路線から吉田がとってきた経済優先路線へと戻そうとする思惑がありました。吉田は岸の安保改定に協力する代わりに次期首相候補として池田を入閣させたのです。

1960年5月19日、岸政権は、安保改定に向けて国会承認を得るために会期を延長し、衆議院での単独採決に踏み切ります。ところがこの採決がくすぶっていた安保反対運動に火をつけます。この日を境に国会を取り巻くデモの規模は大きくなっていきました。反対運動は全国に広がり、一週間後には参加者の数は54万人にふくれあがりました。デモに参加していた女子学生が死亡したことで、さらに反対運動は激化します。岸は安保改定を実現したものの政権を維持することはできませんでした。

岸が退陣表明をした日、吉田から一通の手紙が届きました。その内容は次期首相に池田勇人を念押しするものでした。当時、池田とは別に岸の弟の佐藤栄作が後継候補として浮上していました。こうした中、吉田と岸は箱根で秘密裏に会談を行いました。吉田は、佐藤栄作は岸の実の弟であることは周知の事実であるため、間を開けた方がよいと忠告したのです。結果的には、岸は吉田の言葉に従い、その後、吉田路線を継承する池田勇人内閣が誕生しました。

NHKスペシャル|吉田茂と岸信介part3.jpg


池田勇人|吉田の経済発展路線を継承
池田内閣が、最優先に取り組んだのが経済発展政策でした。その後、池田のあとに総理大臣となったのが岸の弟の佐藤栄作は、沖縄返還などを実現しましたが、憲法改正には消極的でした。こうした中、アメリカの雑誌に憲法改正に取り組まない自民党を批判した論文が掲載されました。執筆者は岸でした。

その後も経済発展路線が続いた
1968年には日本のGNPが世界第2位になりました。国の調査では9割の日本人が中流意識を持つようになっていました。佐藤政権後の内閣も憲法改正を提起することはありませんでした。こうしたなか、憲法改正を訴えてきた中曽根康弘が首相候補として台頭してきました。80歳を超えて憲法改正に取り組んでいた岸は中曽根に期待を寄せました。しかし、中曽根は総理大臣に就任してからわずか10日あまりで憲法改正を封印します。


つづきを読む|第2回”豊かさの分配”その先に
田中角栄、小泉純一郎、民主党政権




posted by CYL at 16:15 | NHKスペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

NHKスペシャル|生命大躍進第3集”知性誕生の謎”

NHKスペシャル|生命大躍進知性誕生.jpg

NHKスペシャル|生命大躍進”知性誕生の謎”


第3集
ついに”知性”が生まれた

「考える」という私たちが持つ高度な能力のめばえは、すでに恐竜時代にはじまっていました。なんと人間のように考え、罠をしかけることまでできたに違いないという脳を極度に進化させた恐竜が見つかったのです。

私たちの祖先は、恐竜が支配していた時代に、思いがけない偶然によって突如新しい脳を手に入れたことがわかってきました。恐竜とはまったく異なる方法で、知性へと繋がる脳の大躍進を成し遂げたのです。

それらのことは、最新のDNA研究によって明らかになりました。なぜ私たち人間だけが高度な知性を持っているのか、そのヒントは私たちよりも巨大な脳を持っていたにもかかわらず絶滅してしまったネアンデルタール人にありました。最新のDNA技術によって、ネアンデルタール人の化石からそのDNAの完全復元に成功したのです。そこからわかったのは、たった1文字のDNAの書き換えによってもたらされたドラマでした。

NHKスペシャル|知性誕生の奇跡.jpg


巨大な脳を持った恐竜|トロオドン
人類誕生より遙か前に巨大な脳を獲得し、考えるようになった恐竜がいたという学説があります。その恐竜の化石が見つかったのは、カナダのアルバータ州立恐竜公園です。3万個を超える恐竜の化石が見つかっていることから、世界遺産に登録されています。

考える恐竜「トロオドン」の化石を分析したのがカリフォルニア州立大学のデール・ラッセル博士です。ラッセルさんは、10年をかけてトロオドンの化石を集め全身を再現することに成功しました。

トロオドンは背丈が1.2mほどの小さな恐竜でした。際だって大きな目が正面に向かってついており、ものが立体的に見えるように視覚が発達していました。さらに恐竜としては珍しく指が互いに向かい合っており、起用にものをつかめた可能性があります。そして、目や手を巧みに操る発達した脳がトロオドンの最大の武器でした。脳のサイズは恐竜の中では飛び抜けて大きなものでした。

ところがある日、直径10mほどの隕石が地球に衝突しあらゆる恐竜が絶滅してしまいました。恐竜たちの間で芽生えはじめていた知性もこの事件によって完全に消滅してしまいました。

NHKスペシャル|大脳新皮質.jpg


新たな脳|大脳新皮質
私たち人間が持つ高い知性は、およそ2億年前に私たちの祖先が獲得した新しい脳「大脳新皮質」によって支えられています。

恐竜が絶滅するより遙か昔のおよそ2億年前、私たちの祖先は、新しい脳「大脳新皮質」を持つことでこれまでにない新たな能力を授かっていました。それはいろいろな感覚をまとめる能力です。

たとえば、恐ろしい恐竜の姿が見えてきたとき、それが視覚として脳に伝えられます。さらに地面が振動してひげや毛が揺れると触覚として脳に伝えられ、だんだん大きくなる足音は聴覚として脳に伝えられます。視覚、聴覚、触覚などの情報を大脳新皮質に送ることで何がどこからやってくるのかを総合的に判断ができるようになったのです。こうして感覚が研ぎ澄まされたことで、私たちの祖先は夜の世界へと進出していきました。夜は恐竜たちの活動が減る安全な時間でした。

どのようにつくられたのか
どのように大脳新皮質を手に入れたのか、その謎に迫るのは理化学研究所の花嶋かりなさんです。ほ乳類の脳ができる仕組みを調べています。

脳の細胞がつくられるには、2つの遺伝子がかかわっています。その2つの遺伝子とはいわばアクセル遺伝子とブレーキ遺伝子です。アクセル遺伝子は、脳の細胞に増殖せよと命令物質を出します。一方のブレーキ遺伝子は、増殖するなという命令物質を出します。たとえば恐竜などの”は虫類”では脳ができるときに、アクセルとブレーキが同時に働き、それぞれの命令物質を打ち消し合います。そのため、細胞の増殖が穏やかに保たれ、脳はそれほど大きくなりません。

ところが私たち”ほ乳類”では、脳ができるときになぜか一時的にブレーキ遺伝子が故障し、働かなくなります。するとアクセルだけが踏み続けられ、脳の細胞は暴走的に増殖し続けます。こうしてできたのが大脳新皮質です。調べてみるとブレーキ遺伝子の故障が起こるのは、私たち”ほ乳類”だけだということがわかっています。

遺伝子故障の原因は?
それはなぜか、花嶋さんがその原因を突き止めました。ほ乳類のDNAではブレーキ遺伝子のすぐ脇で僅かな変化が起きていました。このことで分子レベルでDNAの形が微妙に変わり、細胞内をさまようあるタンパク質がくっつくようになりました。するとタンパク質(FOXG1タンパク質)が蓋となって、ブレーキ遺伝子は命令物質を出すことができなくなります。これがブレーキの故障でした。DNAに起きたわずかな変化が、細胞の増殖を暴走させ、大脳新皮質を生み出したのです。大脳新皮質は進化の過程で一層巨大化し、その後ほ乳類を大繁栄させ、やがて私たちの知性を生み出す元となるのです。

突然変異|ほとんどハズレ
DNAは突然変異でしばしば変化しています。しかし、そのほとんどは生きる上で役に立たないハズレ、ときには命の危険に繋がることもあります。ごくたまに奇跡が起こるのです。いまわかっている限りでは、私たちの脳がこれほど一気に巨大化するような事件は、生命40億年の歴史の中で1回しか起こっていない奇跡です。


NHKスペシャル|言葉.jpg


人間ならでは知性|言葉
4万2千年前、私たちホモ・サピエンスとは異なる別の人種「ネアンデルタール人」が存在していました。ネアンデルタール人は際だって巨大な脳を持っていました。それはホモ・サピエンスよりも1割以上大きな脳でした。その上、ネアンデルタール人は体格にも優れ、並外れた力を持っていました。

腕力はホモ・サピエンスの倍もあったと推定されています。ネアンデルタール人は当時最強のハンターでした。しかし、4万年前ネアンデルタール人は絶滅してしまいました。

石器から見る違い
ネアンデルタール人は、数万年もの間、同じタイプの石器をつくり続けました。それを狩りから調理とあらゆる用途の使っていました。一方、私たちホモ・サピエンスの石器を見ると用途ごとに大きさや形を変えた石器をつくっていたのです。そこからホモ・サピエンスは高度のコミュニケーション能力があったと推定できます。言葉がなければどんなに優れた技術でも一代限りで終わってしまうからです。言葉を使って技術が伝えられ、さらに発展させていったと考えられます。

化石からDNAの復元
ネアンデルタール人よりも高度な言葉を使っていたと言われるホモ・サピエンス。最新研究からそこに遺伝子が深く関わっていることがわかってきました。言葉がうまく話せないのはFOXP2遺伝子に変化が起きていることが原因であるとわかったのです。

ネアンデルタール人の化石からDNAを取り出し、ばらばらになったDNAの破片をコンピュータプログラムでつなぎ合わせることで、絶滅したネアンデルタール人のDNAを復元することに成功しました。

復元したDNAを使ってネアンデルタール人とホモ・サピエンスの言葉に関わるFOXP2遺伝を比べてみると、意外なことの主要部分に違いはありませんでした。そこでFOXP2遺伝子の周辺まで分析の対象を広げ、40万文字のDNAを徹底的に洗い直しました。その結果、見えてきたのは、ほんの”1文字”の重要な違いを発見します。ネアンデルタール人では”A”の部分が、私たちホモ・サピエンスでは”T”に変化していました。

Tに変化したことであるタンパク質がそこにくっつくようになりました。その結果、FOXP2遺伝子の一部に蓋がされ、作られる物質の量が減ったことで何かが変わりFOXP2に影響を与え言葉が生まれたといいます。いまわかっているのはここまです。

言葉を使って生き延びた
厳しい氷河期、私たちの祖先は言葉を武器にして生き残りを賭けました。言葉を使うことでたくさんの人が協力し合い、大がかりな狩りができたのです。さらに言葉は、知識を世代を超えて引き継ぎ発展させることです。人間以外の生き物ではどんなに素晴らしい技能を身につけても一代限りで子には伝わりません。ところが人間は言葉を使って知識を子に伝え、子がそれを発展させ、孫に引き継ぐことができるようになったのです。

現代科学では、1文字の遺伝子の書き換えだけで、私たちが言葉を持ったことのすべてを説明できるわけではありませんが、僅かな違いで大きな変化が起こるのが生命40億年の神秘なのです。


関連記事
生命大躍進|第1集_そして目が生まれた
生命大躍進|第2集_こうして”母の愛”が生まれた

posted by CYL at 17:40 | NHKスペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

NHKスペシャル|錦織圭_頂点への戦い

NHKスペシャル|錦織圭.jpg


NHKスペシャル|錦織圭_頂点への戦い


2014年9月、全米オープンシングルスで日本人初の準優勝を成し遂げたプロテニスプレーヤーの錦織圭選手(25)。なぜ進化したのか……全米オープンで錦織選手が打ったすべてのボールの動きを記録したビッグデータを分析しました。その結果見えてきたのは、常識では考えられない前の位置からの攻撃”前で打つ”テニスでした。

しかし、いま錦織選手はトッププレーヤーになってはじめての試練に直面しています。ライバルたちが錦織選手のテニスを研究し、前で打つテニスを封じ込めに来たのです。


躍進|全米オープン
錦織圭の伝説は、全米オープンから始まりました。当時世界ランキング11位の錦織選手は、トップ10の選手たちを次々と破って勝ち進みました。世界ランキング6位のミロシュ・ラオニッチ選手、4位のスタン・バブリンカ選手、ともにフルセット4時間を超える激戦をものにしました。

そして迎えた準決勝、相対するのは世界ランキング1位ノバク・ジョコビッチ選手でした。誰もがジョコビッチ選手の勝利を予測した試合で、錦織選手はいままでに見せたことのないテニスでジョコビッチ選手を攻めました。そして、世界王者を破る大金星で、日本人選手初の準優勝を果たしました。

さらにその年のランキング上位8人で戦うツアーファイナルに初参戦することになったのです。錦織選手の躍進の陰には独自のテニススタイルの確立がありました。


トップ10の壁|マイケル・チャン
錦織選手がプロデビューしたのは17歳の時でした。身長178cmと世界のトップ選手の中では小柄ですが、天才肌のテニスでランキングを更新し続けました。テニスのランキングは年間の大会で稼ぐポイント数で決まります。錦織選手は2012年にトップ20に入りましたが、その後2年間にわたりトップ10の壁に阻まれていました。

その理由のひとつはパワー不足でした。コートの後方のベースラインでの打ち合いになると、小柄な錦織選手には不利となり、余計に走らされることで体力を消耗してしまいます。ときは、自分のテニスを見失いランキングで格下の選手にストレート負けをすることもありました。打開策を求めた錦織選手はマイケル・チャン氏をコーチに招きました。

マイケル・チャン氏は、史上最年少の17歳で四大大会を優勝し、世界ランキング最高位は2位の名選手でした。身長175cmと錦織選手よりも小柄ながら俊敏さを生かしてベースラインから打つストロークを得意としていました。チャンコーチは、パワー不足のためストロークで打ち負けてしまう錦織選手に新しいテニススタイルを授けることを考えました。

チャンコーチが求めたことは、ボールを打つ場所をベースラインの後ろから思い切って前に移す”前で打つテニス”でした。前に出ることで左右に大きく振られることなくボールを打ち返すことができます。

錦織圭|進化の秘密.jpg



ジョコビッチ戦の分析
全米オープン準決勝のジョコビッチ戦を分析することで見えてきたのが、ボールをどこで一番多く打ち返しているかの違いでした。

ジョコビッチ選手はテニスコートの一番奥に引かれたベースラインの後方1mから2mの間からボールを一番多く打っていることがわかりました。これは平均的な選手と一緒です。一方の錦織選手は、ベースライン付近(前後)からもっとたくさん打っていることがわかりました。チャンコーチの教え通り前で打つテニスを実践していたのです。

前で打つテニスには、錦織選手のパワー不足を補うだけではなく、攻撃面でのメリットもわかりました。ベースラインから離れてボールを打つよりも、ボールを早いタイミングで打ち返すことによって、相手の準備の時間を奪い、プレッシャーをかけることができるのです。

打点の違い.jpg


ライバルたち|錦織封じ
今シーズン最初の四大大会「全豪オープン」準々決勝で、世界ランキング4位のバブリンカ選手と再び対戦しました。試合のデータからバブリンカ選手が周到な作戦を立てて錦織戦に望んだことがわかりました。バブリンカ選手が打ち込んだボールの落下点を調べてみるとフォアハンドのライン近くにボールが集中していました。その狙いはコートの外へ錦織を誘いだし、錦織の前で打つテニスを封じることでした。作戦は功を奏しバブリンカ選手がゲームをものにしました。

マドリードオープンの錦織選手と対戦する世界ランキング3位のマレー選手は、試合当日、錦織対策のためにある練習を行っていました。それは深い位置のコーナーぎりぎりを狙ったサーブ練習でした。その日の試合ではサーブに追いつくことが精一杯だった錦織選手は前で打つテニスを封じられストレート負けを喫しました。

マレー選手の作戦にはある秘密がありました。試合をさかのぼること1ヶ月半前、錦織選手とマレー選手が練習をする機会がありました。このとき、マレー選手はデータ会社に依頼して細かく練習のデータを分析したことがわかりました。錦織選手のリターンの傾向を調べ返しにくい場所を調べていたのです。

錦織封じ.jpg


さらに上をいく対抗策
サーブ対策

チャンコーチは、錦織の弱点を戦略的に攻めてくる相手の上をいく対抗策を考えていました。まずはリターンしにくいボールにすぐに反応できるようにする特訓でした。チャンコーチ自らが通常のサーブポイントよりも3mも前からサーブを打ち込んでいきます。角度とスピードをつけて返しにくいサーブを再現するためです。相手が厳しいサーブを打ってきたら必ずしもいいリターンでなくてもよいとチャンコーチはアドバスします。そうすれば得意のストロークに持っていけると。

下半身強化|常に低く
もうひとつの課題は厳しいショットでコートの外に誘い出されたときの対応です。特訓に用意されていたのは腰につけるゴムでした。コートの後ろにある金網とひもで繋がっているゴムを腰に巻いてショットを打ちます。重心が高くなるとゴムによって後ろへ引っ張られてしまいます。姿勢を常に低く保つことで振り回されても素早く体勢を立て直せるようにするのが狙いでした。さらに踏ん張る力を養うため特別な器具を使った訓練も取り入れました。

チャンコーチはトップ選手になることで大変なことは研究され、その対策がすぐに他の選手に知れ渡ってしまうことだといいます。だから常に変化しなければトップ選手で居続けることはできないといいます。

錦織圭|トップ選手でいるために.jpg


錦織選手が超えなければならないのが1年間トップに君臨し続けているノバク・ジョコビッチ選手です。ジョコビッチ選手は、コーチで元世界ランキング1位のボリス・ベッカー氏と錦織対策を進めてきました。

ローマ|ジョコビッチ再び
2015年5月のイタリア・ローマで開催されたツアー大会で、錦織選手の特訓の成果が試される時がやってきました。錦織選手は準々決勝で半年ぶりにジョコビッチ選手と対戦することとなりました。第1セット、ジョコビッチ選手が錦織封じのためにとった作戦は意外なものでした。サーブの際にボールの回転数を上げることでバウンドを高くし、小柄な錦織選手が打ち返しにくい高いボールを打ち込んでいたのです。錦織選手の体勢を崩すことで得意のストロークを封じ込めました。

第2セット、ジョコビッチのサービスゲームを取るチャンスが訪れた時に錦織選手は動きました。高いバウンドとなる前にボールをとらえることで体勢を崩しながらも打ち返し、得意のストロークでポイントを得ることに成功しました。チャンコーチとの特訓で鍛えた素早い反応と重心を低く保つための下半身で、第2セットを取り返すことに成功しました。

第3セット、ジョコビッチ選手はさらに高度な作戦をとってきました。それは錦織選手が得意な前で打つテニスをあえてさせるというものでした。ジョコビッチ選手は、錦織選手に左右に振られ一見返すのがやっとのように見えましたが、実はジョコビッチ選手は、錦織選手へのリターンを左右に打ち分けるのではなく、あえてリターンをコート中央に打ち返していました。それはコート中央からのショットは角度がつけにくいためにポイントを取る”決め球”を打ちにくいのです。ジョコビッチ選手は錦織選手の焦りを誘うのが狙いでした。そしてジョコビッチ選手が、隙を突いて放ったドロップショットに錦織選手は追いつけませんでした。それ以後、一度リズムが崩れ集中力を欠いた錦織選手はそのまま第3セットを奪われ敗れてしまいました。

錦織対策|ジョコビッチ.jpg


自信|マイケル・チャン
チャンコーチは、錦織選手とジョコビッチ選手の差はそれほど大きくないと感じています。差があるのは自信だといいます。トップ選手と戦うときにもっと自信をもって戦うことが必要で、全米オープンの時に気持ちを思い出して欲しいと語ります。

王者の条件|ジョコビッチ
ジョコビッチ選手は王者になるための条件をこう語りました。「錦織が王者の心を手に入れるために必要なのは、敗北をどう受け止めるかだと思う。私も飽きるほどの敗北と失敗を繰り返してきた。簡単なことではないが、敗北を目標へと向かう長い道のりの一部だと思えるかどうかが、王者になれるかどうかの差だと思う。そしてそれはすべて自分の心の持ち方次第なんだ。」


王者の条件|ジョコビッチ.jpg


posted by CYL at 09:55 | NHKスペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする