2017年02月21日

ガイアの夜明け|その便利必要ですか?!

b0ec108dfda2e06b1b2fba89d714d6aa_s.jpg


ガイアの夜明け|その便利必要ですか?!



24時間営業のファミレスやネット通販でいつでもどこでも注文することが可能で、注文した品物が翌日には手元に届く便利な時代。その便利の裏側にはそれを支える人々がいます。その人たちの負担が大きくなっています。

激化する宅配競争の陰で
ネット通販業界では、楽天が「楽びん!」という受注から最短で20分で配達するサービスエリアを拡大しました。一方でアマゾンジャパンも「プライムナウ」という最短で1時間以内で配達するサービスを東京23区すべてに広げました。配達競争はますます激化する中で、配達業者は、荷物の増加とスピードを求められることで大きな負担を強いられています。

埼玉県川口市にある運送会社「トランプ」は、1994年創業の宅配便の小さな運送会社です。トランプで配達車両の運行を管理する宇田さんは大きな課題を抱えているといいます。それは荷物の量が圧倒的に多いことです。物理的に100%依頼に応えることができないといいます。トランプは大手運送会社から宅配業務を請け負い、その仕事を契約したドライバー100人に委託しています。

再配達は死活問題
午前8時、埼玉県所沢市の自宅を出てきたのはトランプが委託する個人ドライバーの中島さん(38)です。まずはじめに中島さんが向かったのは大手運送会社の配送センターです。そこで荷物を積み込みます。午前9時30分から早速配達を始めます。荷物のおよそ9割はネット通販の商品です。たくさんの荷物を効率よく届けるためにはあるハードルがあります。それは配達時間の指定サービスです。8時から12時の配達指定時間帯が1日の山場だと中島さんは語ります。午前10時を過ぎると午前中の時間指定にもかかわらず不在の人が増え始めます。

中島さんは荷物を一つ配達して150円という完全歩合制です。不在の場合は、何度訪問しても荷物を届けない限り歩合給とはなりません。そのため不在、再配達は死活問題なのです。午後6時を過ぎると不在票を入れた顧客から再配達の依頼が舞い込みます。それでも不在の顧客から全てから再配達の依頼があるわけではありませんので、依頼がなかった顧客へは翌日再配達を行います。1日の仕事を終えて中島さんが自宅に帰宅したのは午後11時過ぎでした。帰宅した中島さんを迎えてくれたのは奥様で、「宅配の仕事はなくなることはないが、主人の体がもつかどうか心配です」と語ります。

荷物増加負担はドライバーへ
さまざま業種で働く人が個人でも加入できる労働組合の神奈川労連という組織があります。そこを訪れたのは元ヤマト運輸で働いていたドライバーです。過労死ラインと言われる残業80時間以上の月が連続して5ヶ月連続したなど過酷な労働環境での勤務をいまもヤマト運輸で働く仲間のために改善したいとやってきました。ネット通販大手のアマゾンが配達の委託先を佐川急便からヤマト運輸へと切り替えたことで、ヤマト運輸が取り扱う宅急便の取り扱い個数は3割増加しました。そのためドライバーの荷物量は急激に増加したといいます。

業界上げての取り組み
こうした状況の中、配達ドライバーの再配達の負担を減らす試みが業界で始まりました。それは戸建て用の宅配ボックスです。日本郵便、ダイワハウス、住宅ポストを製造製造するナスタが共同開発しました。ナスタの笹川社長は、再配達がなくなることで依頼主もドライバーももっと時間を有効に使うことができると語ります。



posted by CYL at 23:17 | ガイアの夜明け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月26日

ガイアの夜明け|知らない町で再出発

edb68e99096a429f9bda34b863d2a9b2_s.jpg


ガイアの夜明け|知らない町で再出発

河童の街を救う移住者


岩手県遠野市の活性化プロジェクト
岩手県遠野市が人口の減少に歯止めをかけるためはじめたプロジェクトが注目を集めています。それは、移住して街の活性化に取り組んでくれる人材の募集です。たとえば、遠野市はホップの生産地として有名なことから地ビールの開発や遠野の食材を活かしたカフェの経営などプロジェクトは全部で9つあります。このように具体的な事業内容を提示しての募集は全国的にも珍しい取り組みだといいます。そのためか10名の定員に400件以上の申し込みが殺到したのです。

カフェオーナー藤田紘子さん(36)
大阪から移住してきた藤田紘子さんに任されたのは、遠野の食材を使ったカフェを開くことです。6年前に閉店したという商店街の時計店の空き店舗を改装して店を構えることになりました。移住して9つのプロジェクトを任された人材への遠野市からの支援は下記のとおりです。

遠野市の支援策
改装費用を全額負担
1年間のテナント料無料
月額17万円の報酬(3年間)
年間30万円の活動資金(3年間)


226519a67e052d14102dfe1db8011a90_s.jpg


藤田さんは大学卒業後、大阪にある大手食品会社に就職し、営業や海外での買い付けを経験した後、夢であった料理人の道に進みました。ミシュランの星を持つ日本料理店で修行を積みました。そして今回遠野市のプロジェクトを知り思い切って応募したのです。

応募するにあたり知らない町で一から生活を始めることに大きな不安を抱えながらも、自分の店が持てるチャンスに胸が膨らんだといいます。

待ちに待ったオープン初日
開店すると次々にお客がやってきました。多くのひとがカフェのオープンを心待ちにしていたのです。夜開いている店が少ないため、営業時間は午前11時30分から午後9時まで営業することにしたのです。

遠野の食材を使ったメニューにお客はおいしいと口々に顔をほころばせます。藤田さんが手間暇をかけて作った料理は大変好評で、はやくもまた来たいとの声が聞かれました。初日の来店客は40人以上とあって藤田さんも胸を撫で下ろします。

07c47fd8d6cc0a893a5082c477c785e8_s.jpg


市からの支援は3年間
ある晩、藤田さんのカフェに多くの人々が歓談する姿がありました。商店街の人たちを招待してパーティーを開いたのです。

参加者の中には市からの支援が3年間ということで藤田さんへ心配を寄せるひとの姿がありました。藤田さんには3年経っても遠野で店を続けてほしいというのです。知らない町で生活をはじめた藤田さんを早くも必要としている人たちがいるようです。


posted by CYL at 23:04 | ガイアの夜明け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月14日

ガイアの夜明け|冬の味覚に異変あり

6e61dddd72c2fe4257579b5d49f658bc_s.jpg


ガイアの夜明け
冬の味覚が大ピンチ
ライバルは世界


カニがピンチ
日本人が愛してやまないカニが、いま、世界で奪い合いとなっています。日本のカニを確保するため日本の商社が未知の海域に挑みます。

中国でのカニの消費拡大などで日本のカニの確保が困難になりつつあります。市場在庫の減少で年末のカニが確保できない可能性もあるといいます。

カニ確保がピンチのワケ
1、ロシアから日本への輸出制限(自然保護)
2、アメリカが2016年の漁獲枠を4割削減
3、中国での需要の増加


0a192779892d7208a0f280f12dfa4d44_s.jpg


目指せ、新たな漁場開拓!
東京中央区にある水産商社のアライアンスシーフーズは、様々な海産物を取り扱っており、カニの輸入においては日本でトップクラスの会社です。世界の主なカニの漁場はロシア、アメリカ、カナダの3つですが、アライアンスシーフーズは新たな漁場を探すべく、ノルウェーの北にあるバレンツ海に希望を託しました。

年末のカニを確保するという大きな任務を与えられたのがアライアンスシーフーズの大谷さんです。大谷さんはバレンツ海から輸入される商品には品質に大きな課題があることを感じていました。それを改善するのが大きな任務のひとつとなっていました。

バレンツ海を臨む街、ボーツフィヨルドにやってきた大谷さんが握手を交わしたのは、カニ漁船の船長のウルフさんです。船に乗り込む船員は20代の若者たち。ほとんどカニ漁の経験はなく、カニを食べたことすらない人たちです。それもそのはずノルウェーにはカニを食べる習慣がないといいます。

そんな船員たちを乗せた船が向かうのはこれまで行ったことのない北極圏にある海域です。船員たちはエサとなるスルメイカやニシンを仕込みます。出発から30時間後、やっと漁場に到着しました。到着するとエサをつけたカゴを海に仕掛けます。その数は200。2日後にカゴを引き上げます。最初のカゴにはタラバガニが多く入っていました。幸先のよいスタートとなりました。

問題は加工方法
カニを捕獲した後の加工工程をつぶさに観察をする大谷さんの姿がありました。ミソが付着、エラの付着を見つけると船員に指導を行います。いいカニが取れても加工が悪ければ商品にならないと大谷さんは語ります。だからこそ加工工程は細心の注意を払って仕事をすることの必要性を船員たちに根気よく指導するのです。

結局、新たな漁場探しの挑戦は、カニの脱皮時期が通常よりも2ヶ月早かったことなどの理由もあり(脱皮したてのカニは身が詰まっておらず商品価値がない)漁獲量は予定の4分の1で終わりを迎えることとなりました。

d8299ad4dc9c7b5b0a29d71f0712af0a_s.jpg


中国のカニ需要の高まり
韓国釜山は世界から海産物が集まる東アジアの貿易拠点のひとつです。そこにやって来たのはアライアンスシーフーズのカニの仕入れ担当者です。

年末用のカニの仕入れを目的に韓国人の仲買人と会いましたが、日本よりも高く買ってくれる中国に売ったばかりで交渉の席にも着くことすら叶いませんでした。

次にやってきたのは大きな冷凍倉庫。品質のよい小ぶりのカニを発見した仕入れ担当者は早速韓国のブローカーとの交渉に臨みました。まず、提示したのは昨年と同様の金額です。これにはブローカーは見向きもしませんでした。さらに1割り増しの値段を提示しても取りつく島もない状態。結局、交渉の結果、落ち着いた額は昨年の3割増しの金額でした。これには仕入れ担当者も予想を超える高相場となっていることを肌で感じたようです。







posted by CYL at 08:00 | ガイアの夜明け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月29日

ガイアの夜明け|新時代を行く「企業城下町」

ガイアの夜明け|新時代を行く「企業城下町」


企業とともに発展してきたいわゆる「企業城下町」。日本全国に多々ありますが、そんな企業城下町にいま試練の時が訪れています。

生産拠点を海外へ移転させるなど、これまで街の発展の大きく寄与してきた企業の変化にともなって街自身も変化を求めれています。

それはこれまで下請けとして黙っていても仕事が舞い込んできた町工場も同じです。試練を乗り越えようと新たな挑戦に臨む町工場の取り組みを追った。

パナソニックの城下町
淀川製作所
創業1961年、従業員16名
松下電器の試作部品を製造してきた
かつてあった、、、
共存共栄ー松下スピリット

協栄会
松下電器と取引のある技術力の高い
会社・工場で構成される組織
→4年前に解散


三菱自動車の企業城下町
岡山県倉敷市
燃費不正問題
→日産の傘下に入る
→ゴーン氏の登場でさらに激震
→生産性向上を求める日産
→要求品質がアップ

中山鉄工所
三菱自動車の一次下請け
創業1945年、従業員25人
自動車部品を作るための金型を製作
三菱が日産の傘下に入ったあと発注が激減

→待望の三菱からの発注、しかし、
→技術レベルの要求が高くなっていた
→要求品質の応えるため設備投資
→競争力をアップさせるため仕方がない


日立製作所の城下町
茨城県日立市


エムテック
創業1949年、従業員30名
創業以来日立の下請け
産業用機械に使用される精密部品製造

いままで黙っていても仕事があった
日立の生産拠点が中国へ
仕事が減り続けている
→新たな取り組み、、、それは

GLIT(グリット)
日立の下請け町工場10社で構成
革新的な技術でリードする団体という意
専門分野が異なる会社
町工場1社では対応できない仕事が可能に
→これまでの仕事を待つ姿勢から
積極的な営業で仕事を自ら得ることがポイント

介護施設で使われる見守り装置の改良
完成品を中小企業が市場に出すことは稀
それができることがモチベーションに

posted by CYL at 23:10 | ガイアの夜明け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月20日

ガイアの夜明け|自動運転がやってきた

fe0033d86ed0243cfa364c771fe05bd0_s.jpg


ガイアの夜明け|自動運転がやってきた




2016年8月24日、日産が国産初の自動運転技術を搭載した新型セレナを発表しました。自動運転は新型セレナのオプションとして用意されました。単一車線での自動運転技術で、前の車を認識して追従していくというシンプルな機能です。ハンドル操作が不要なことはもちろんのこと、アクセル、ブレーキも不要です。


なぜセレナに搭載?
セレナはいわゆるファミリーカーですが一体なぜファミリーカーに自動運転をオプションとして搭載をしたのでしょうか?

そこには日産の明確な目的がありました。交通事故の原因としてもっと大きな割合を占めるのが追突事故です。実に全体の約4割を占めます。

さらに注目に値するのが追突事故の約7割が20代から40代のドライバーであるという事実です。これはまさにセレナのターゲット層と合致します。セレナに自動運転を搭載した理由、それはこうした事故を減らすことが狙いなのです。


課題は伝え方
自動運転技術をどのようにお客に伝えるか、それこそが一番大切なことだとマーケティングの責任者は考えていました。実際に全国の営業マンを集めて新型セレナに試乗してもらうことで販売の方法を考えてもらう機会を設けました。

自動運転技術を売ることが初めての営業マンたちの頭を悩ませましたが、結果は予想を上回る販売台数、そして新型セレナを購入した人の約7割が自動運転をオプションとして搭載することを選択したのです。


ドイツのメルセデスベンツEクラス
自動運転技術は各社横並びと言われる中でずば抜けているのがベンツです。ベンツのEクラスに搭載された自動運転技術は車線変更が可能です。ドライバーはウィンカーを操作するだけで、センサーが状況を確認をして自動でハンドルを操作してくれます。

さらに2017年以降にはスマートフォンを使って自動で駐車が可能になるといいます。ベンツの自動運転技術の開発者は、自動運転開発の歴史が長いベンツは、常にナンバーワンの技術を提供できると自信をのぞかせます。

posted by CYL at 23:35 | ガイアの夜明け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする