2015年09月07日

夢の扉+|沖縄科学技術大学院大学教授 新竹積(59)

96f46710767c628ff06392a360a7eae8_s.jpg


夢の扉+|
沖縄科学技術大学院大学教授 新竹積(59)



長髪を後ろで束ねる独特の風貌の新竹さんは、世界的な物理学者として、これまで数々の世界的物理学賞を受賞してきました。そんな新竹さんがいま取り組んでいるのが、海の力を使った発電プロジェクトです。

夢の扉|新竹積.jpg


海流でプロペラを回す

海には海流と呼ばれる水の流れがあります。そこには世界の電力事情を変える莫大なエネルギーがあるといいます。新竹さんが注目しているのが日本近海にある黒潮です。海流の幅は、約100kmとまるで巨大な川のような黒潮には、原子炉200基分の200ギガワットの潜在エネルギーがあるといわれています。新竹さんは、黒潮の中に300基の発電装置を設置して原子炉1基分のエネルギーをつくり出そうとして考えています。

課題は、発電装置に使うプロペラが海流の力に負けて折れてしまうということでした。そこで、海流の力に負けない高性能プロペラのヒントを得るために新竹さんがやってきたのは水族館でした。イルカの尾びれをヒントに一枚一枚がイルカの尾びれのように動く羽根を新たに開発しました。

38a632bc6d9fa9808f771e628dcd5ac8_s.jpg


波力発電にも挑戦

主に海流、波力、潮流に分かれる海洋エネルギーですが、新竹さんはイルカの尾びれをヒントに開発した海流発電のプロペラを応用し、波力発電にも取り組み始めています。波消しブロックに取り付けて並べることで、堤防をエネルギーステーションにしようと考えています。


オリジナルへの強いこだわり

1992年、新竹さんはノーベル物理学賞受賞者のバートン・リヒター博士に呼ばれスタンフォード大学の研究員となりました。しかし、ふたりはある装置の開発を巡り意見が分かれました。「おまえの理論は間違っている」とリヒター博士から否定された新竹さんは、「間違っているのはあなただ」と切り返しました。以来、新竹さんは会議の度に自分の考えが正しいことを主張し続けました。するとリヒター博士から下されたのは帰国命令でした。

失意の中、日本へ戻った新竹さんでしたが、自分の考えを曲げることはありませんでした。ここであきらめたら新しい技術は生まれないとリヒター博士に否定された理論を日本で形にしようと考えました。それが世界最高峰の顕微鏡「SACLA」(さくら)でした。

そのエンジン部分に新竹さんのオリジナルアイデアが採用されましたが、毎日にようにトラブルが発生し、新竹さんのアイデアを疑問視する声があがりました。しかし、新竹さんは苦しみや失敗がオリジナルの成功に繋がると確信していました。そして、2011年、「SACLA」が完成し、そのニュースが世界を駆け巡りました。

「模倣をしてしまうと失敗の経験をしない。オリジナルは必ず失敗する。これはしてはいけないということを身をもって経験する分だけ安全性があがる」と新竹さんは語ります。


夢の扉|オリジナルへのこだわり.jpg





posted by CYL at 18:09 | 夢の扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月17日

夢の扉+|丸玉屋社長_小勝敏克さん(65)

夢の扉|丸玉屋社長_小勝敏克さん.jpg


夢の扉+|丸玉屋社長_小勝敏克さん(65)

花火の新たな感動を追求する

音楽と花火のシンクロ

小勝さんが率いる丸玉屋は花火ショーのプロ集団です。手がける花火イベントは8月だけで127を数え、何日も家に帰れない日もありますが、スタッフはお客の歓声や拍手を聞くとやり甲斐がある仕事だと語ります。

丸玉屋の花火の大きな特徴は、花火と音楽のシンクロです。いまでは多くの花火大会でも使われる演出となりましたが、日本で初めて本格的に導入したのが小勝さんです。小勝さんの花火ショーはまず選曲から始まります。曲の編集作業は、曲と曲の繋ぎ方次第で感動が変わるといいます。

夢の扉|小勝さんのあゆみ.jpg


小勝さんのあゆみ

小勝さんは、29歳で親族が経営する花火会社へ入りました。しかし、伝統の花火師を目指すには遅する年齢でした。先輩と同じ事をしても生き残っていけないと考えた小勝さんは、花火大会を変えることを目指しました。そして、いままでと違う切り口を常に探していたといいます。

小勝さんは、江戸時代に鎮魂のためにはじまった葛飾納涼花火大会に新しい風を吹かせたいと考えていたある日、1985年のモントリオール国際花火大会でフランスチームの花火を目にしました。見事に音楽とシンクロし、音楽が花火の感動と迫力を倍増させていたのです。小勝さんはこれを日本へ持ち込もうと決意しました。そしていまから21年前、日本でいち早く本格的な花火と音楽のシンクロショーを実現させました。興奮する観客を見た小勝さんは足が震え、これで日本の花火大会が変わると確信を得た瞬間でした。

いまでは、小勝さんが切り開いた演出法は多くの花火大会で採用されています。しかし、決して満足することはない小勝さんは、「人と同じ事は絶対にやりたくない」「決して同じ所には留まりたくない」「成功なんて一瞬で過ぎ去る」と語ります。

bbff950c647492150ec211d842ca1a16_s.jpg


新しい花火打ち上げ法

毎年横浜で開催される神奈川新聞花火大会は、約20万人が集まる神奈川県下最大級の花火大会です。そんな花火大会のフィナーレを任されていたのが丸玉屋でした。小勝さんは、従来法として主流となっている地上からの打ち上げではなく、鉄筋でタワーを組んでそこに花火を設置して打ち上げるという新しい打ち上げ法により、新たな花火の可能性を探っていました。

花火と音楽をシンクロさせると一口に言っても簡単なことではありません。花火と音楽をシンクロさせるためには、点火して花火が開く時間を計算し、綿密に音楽とシンクロさせるコンピュータプログラミングが必要となります。いまでは花火の打ち上げはすべてコンピュータ制御だからです。ときに100分の1秒単位で、打ち上げ時間、打ち上げ方、花火の種類を決めていきます。

花火を生きる力にしてほしい

一方、丸玉屋は、花火大会の会場から3キロ離れた場所にある横浜市立みなと赤十字病院でもうひとつのプロジェクトを進行させていました。そのプロジェクトには、会場に来たくても来られない人たちにも花火を届けていきたいという丸玉屋の思いがありました。会場で流れる音楽をリアルタイムに病院に届けることにしたのです。このプロジェクトを担当する丸玉屋の担当者は、大親友を事故で亡くしどん底にあった自分を救ってくれたのが花火だったといいます。あの時の自分と同じように花火を生きる力にしてくれる人がいればいいと語ります。

丸玉屋の花火は、会場に詰めかけた多くの人々と病院の窓から眺める患者さんとその家族に、たくさんの笑顔と大きな感動をもたらしていました。それを目の当たりにした小勝さんは、新たな挑戦へ苦難の道への始まりだと語りますが、その顔には満面の笑みで溢れていました。


夢の扉|成功は一瞬で過ぎ去る_小勝敏克.jpg



posted by CYL at 11:22 | 夢の扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月15日

夢の扉+|水族館プロデューサー_中村元さん(59)

夢の扉|水族館プロデューサー_中村元さん.jpg


夢の扉+|水族館プロデューサー_中村元さん



水族館づくりの原点

水族館に就職した35年前、中村さんは、他の飼育員のように魚に詳しくないことがコンプレックスでした。ところがあるときお客の行動に目が留まりました。暗い水槽を眺めているひとは、ほとんどいない一方で、青く明るい水槽の前では多くのお客が足を止めていました。「お客は魚を見ているわけじゃないんだ」魚一匹一匹を見てるワケではなく、水中の清涼感や浮遊感を見てると気がついて以来、中村さんは、青く美しい水中の世界をつくることにこだわり続けてきました。

c8f983bd6c146e031d058ea1538a9590_s.jpg


弱点を認めて逆手に取る

東京池袋にあるサンシャイン水族館は2011年に30億円かけてリニューアルされました。そのリニューアルを手がけたのが中村さんです。水族館は海とセットが鉄則という中で、東京のビルの上にあるサンシャイン水族館の最大のネックとなったのが、水をたくさん使えないため、大きな水槽を作れないことでした。

そこで、中村さんが知恵を絞って考えたのが、錯覚を利用して大きく見える水槽でした。形がおにぎり型で、水槽の床が奥に向かって50cm上がっている水槽をつくりました。そして、手前に明るい珊瑚、奥に黒い岩を配置することで、奥行きを演出し、狭いビルの中に広い海を作り上げたのです。

夢の扉|サンシャイン水族館.jpg



夢の扉|弱点の中にこそ新しい道がある.jpg


北海道温根湯
水族館から町を元気にする

北海道温根湯にある「北の大地の水族館(山の水族館)」は、冬の間は閉館し、年間の来場者数は2万人と赤字経営が続いていました。中村さんが任されたリニューアル予算は3億円、サンシャイン水族館の10分の1の金額でした。

ここでも中村さんは、リニューアル手法の”弱点を認めて逆手に取る”を活かしました。寒いから閉館していたという北海道の厳しい寒さを逆手に取った戦略でした。マイナス20度になる冬の北海道の風景を水族館につくろうと中村さんは考え、水族館の目玉は「凍る川の水槽」と決めました。

リニューアルした水族館は、来館者数は20万人とリニューアル前の10倍となりました。そして、その波及効果は町の商店街へ及び、商店街の売り上げもまた10倍くらいになっているといいます。町の経済効果は43億円、中村さんがリニューアルした水族館が町を救ったと言っても過言ではありません。

夢の扉|水族館から町を元気にする.jpg


町おこし関連記事

夢の扉+|岐阜県東白川村職員_桂川憲生(55)村が誇るブランドひのき「東濃ひのき」で役場が住宅販売

夢の扉+|石川県羽咋市職員_高野誠鮮さん(59)地元の米をローマ法皇に献上し村おこしした公務員

ガイアの夜明け|地域革命 真庭バイオマス発電限りある資源を有効活用して新しい産業を興こした林業の町岡山県真庭市の取り組み

ガイアの夜明け|地域革命 南生協病院の取り組み住民自らがつくる新しい病院の形




posted by CYL at 08:00 | 夢の扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月03日

夢の扉+|義肢装具士_福井若菜さん(26)人工乳房で笑顔を

夢の扉|福井若菜さん人工乳房.jpg


夢の扉+|義肢装具士_福井若菜さん(26)


日本人女性の12人に1人が発症する乳がん
人工乳房で胸を失った女性に笑顔を


島根県大田市大森町は、世界遺産「石見銀山」の麓にある人口400人の小さな集落です。この町にある中村ブレイス鰍ヘ、事故や病気で体の一部を失ったひとたちの義手や義足をつくる技師装具の会社です。中村ブレイスで人工乳房の開発を任されているのが福井若菜さん(26)です。人工乳房の商品名は、英語で”生き生きする”の意であるvivid(ビビット)から名付けられた「ビビファイ」です。すでに5000人のユーザーがいます。

形が変わる人工乳房の開発
女性の胸は下着を外すと形が変わりますが、いままでの人口乳房は形が変わりませんでした。本物の乳房と同じように形が変われば、人工乳房をつけたまま温泉などにも入ることができます。いま、福井さんが開発に挑戦しているのが、形が変わる人工乳房です。

これまでの人工乳房で使っていたシリコーンの皮の厚さを薄くすることで自然なたるみが出るように工夫をしましたが、大きな問題がひとつ浮上しました。それは、シリコーンの皮を薄くしたために下着を着けたときに、胸元にシワが寄ってしまうということでした。

夢の扉|形が変わる人工乳房の開発.jpg


大切にしている言葉|Think
誰かのために何かをしたいと技師装具士になった福井さんが人工乳房の担当になり、胸を失った女性から、「あなたは胸を失っていないから私の気持ちはわからない」と言われ、福井さんには返す言葉がなかった経験があります。同じ女性として寄り添って仕事ができると考えていた福井さんにはショックでしたが、福井さんはそのことは”事実”だと受け止めて、依頼者に寄り添って開発を進める気持ちに変わりはありませんでした。

そんな福井さんが日々の仕事で大切にしている言葉が「Think」です。使う人の立場にたって考えることで道が開けるという中村ブレイスの創業者である中村社長が伝えてきた言葉です。「患者さんから切実な希望や悩みを聞くことで自分たちは改善していける」と中村社長は語ります。人工乳房はまさに福井さんのThinkの積み重ねなのです。

夢の扉|Think.jpg


人工乳房|健全な赤字部門
中村社長は、積極的に女性技術者を採用し、使う人の気持ちをより深く考えるようにしました。さらに、およそ40万円のオーダーメード商品を赤字覚悟の20万円以下で販売しています。人工乳房の製作は、健全な赤字部門だと中村社長は胸を張ります。「採算性に合わないけれど、皆さんから喜ばれる。女性の技術者たちも一生懸命やっている。成長するための勉強と思っている。チャレンジ精神をみんなが持ってくれていること、それが宝だと思う。」と中村社長を語ります。

夢の扉|人工乳房は健全な赤字部門.jpg


形が変わる人工乳房|17年ぶりの温泉
中村ブレイスには毎日感謝の手紙が届きます。手紙を励みに下着をつけても外しても使える人工乳房の開発に福井さんは邁進していました。構想から2年、試作品が完成しました。シリコーンの厚さは、従来品の3分の2となる1ミリです。シワになりやすい上の部分はシリコーンの皮の厚みを厚くし、下の部分は自然のたるみが出るように薄くしました。

人工乳房の依頼者である平井さんは、手術により乳房を失ったことで、17年間にわたり温泉に入ることはありませんでした。そんな平井さんは福井さんがつくった試作品をつけ、17年分の温泉を満喫できたと語ります。もう一生入ることはないと考えていた平井さんには、福井さんへの感謝の気持ちで溢れていました。そして、私のような体のひとをひとりでも多く救って欲しいと福井さんへ気持ちを伝えました。


乳がんと人工乳房
日本人女性の12人に1人が発症するという乳がんの発症者数は、年間増加を続け、40年ほど前に比べると、約7倍となっています。20年ほど前には乳がんになると半数以上の人が乳房を摘出しましたが、治療法の発達によりいまでは、温存や再建手術が増えています。乳房の再建手術には、自分の身体の一部を移植する方法やシリコンバックを入れる方法がありますが、再建が難しいケースがあるため、人工乳房が求められています。



posted by CYL at 10:21 | 夢の扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月27日

夢の扉+|岐阜県東白川村職員_桂川憲生(55)

夢の扉|東白川村桂川さん住宅販売.jpg


夢の扉+|岐阜県東白川村職員_桂川憲生(55)




村の宝|東濃ひのき
日本固有のひのきは、耐久性に優れていることから神社や仏閣に使われています。かつて、ひのきの家は、神や仏の住まいでした。岐阜県東白川村の総務課に勤務する桂川憲生さんが生まれ育った東白川村は、岐阜県の山間にある日本有数のひのきの産地です。村が誇るブランドひのき「東濃ひのき」は、綺麗な木目と淡いピンク色が特徴です。かつては、山からひのきを切り出し、工務店が家を建てる、ひのきのブランド力でどんどん業績を伸ばしていきました。

初!村役場が住宅販売

ところが村に暗雲が立ちこめたのは、住宅の着工件数が減少しはじめたころでした。それまでブランド力で販売をつづけてきた東濃ひのきでしたが、高級で高いというイメージが敬遠され、ひのきの家が売れなくなってしまったのです。その結果、建築業の売り上げはピーク時の半分になってしまい、林業もまた大きな打撃を受けていました。村を支える2大産業が、ひのき不況に苦しみ、ついには日本でもっとも貧しい村という不名誉なレッテルをはられるまでになってしまいました。

岐阜県の所得番付最下位、借金は50数億円の東白川村はコストカットに取り組みましたが、ひとりの職員が声を上げました。桂川さんは、ひのきの家を全国に売る後押しを村役場ができないかと考えたのです。そして、膨大な資料を読み込んで考え出したのは、日本初となる村役場が窓口となり、お客と工務店を仲介する仕組みでした。


桂川流改革|3つのアイデア

アイデア1
ひのきのイメージを覆す

専用のウェブサイト「フォレスタイル」を立ち上げて、ひのきの魅力を全国に向けて発信しました。その最大の特等は、間取りをシュミレーションすることができ、建てたい家のおおよその費用がわかることです。

桂川さんの狙いは、一般的な杉を利用した場合とひのきを使用した場合の費用を比較してもらうことにありました。ひのきの家に住みたいが、すごく高いと思ってあきらめている人が実際には多い、そんな潜在的なお客のニーズに応える役割を担っているのが「フォレスタイル」です。

アイデア2
村の仲間同士を競走させる

東白川村には小さな工務店が11社あります。桂川さんは、村役場が住宅を受注した場合、競走入札によって仕事を受注する会社を決めることにしました。

公平に仕事が回ってくると思っていた工務店は、仲間の和を壊す気かと桂川さんに迫りました。しかし、桂川さんは競争は町が強くなるための痛みだと考えていました。まず、お客の立場に役場が立つには工務店の競争は当たり前、そして、守れば守るほど企業体や事業体は弱くなるという桂川さんの考えがありました。

いまではその競争により、個性豊かな家が誕生するようになりました。これまで工務店がつくる住宅は伝統的な和風住宅が主流でした。斬新な家ができるようになったのは、工務店や建築士が競争によって、お客の思いに寄り添えた結果です。

アイデア3
村のサポートで”安心”を売る

お客と工務店の間に村役場が公的代理人としてお客を完全サポートすることでお客に”安心”を売ることができると桂川さんは考えました。大手の住宅メーカーがつくる家に安心がありますが、小さな工務店に任せることを不安に思う人もいます。そこで、仲介役として公的な機関が間に入ることでお客に”安心感”を持ってもらうことが、桂川さんの狙いでした。公的代理人の第1号は桂川さん本人でした。

役場の住宅販売大成功
村が販売した家は、岐阜・愛知で110軒、東京にも2軒あります。村の工務店は30億円以上を売り上げ、村民総所得は16%増加しました。日本一貧しい村と呼ばれた村の逆転劇です。こうした成果が評価され2015年3月、東白川村は総務大臣賞(地域情報化大賞)を受賞しました。


夢の扉|桂川憲生.jpg



posted by CYL at 15:46 | 夢の扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。