2016年01月31日

夢の扉+|古い建物をまるで新築に!リファインング建築

42b1fa7e31c69818fc32692d466dd279_s.jpg


夢の扉+|
首都大学東京特任教授
青木茂 67歳


古い建物をまるで新築に!
リファインング建築


今建築の分野で注目を集めている一人に建築家がいます。首都大学東京特任教授の青木茂さんです。古い建物が放置された空き家の増加が全国で問題となっています。そんな空き家問題を解決する糸口を提供する可能性を秘めた人物が青木さんです。

イタリアで目にした衝撃
青木さんが建築家になったのは日本がバブル景気に向かっている時でした。当然、青木さんの頭には新築の事しかなかったと言います。転機が訪れたのは34歳のときでした。ヨーロッパ建築の視察ツアーに参加した青木さんは、北イタリア
ヴェローナにあるカステルベッキオ美術館を見て衝撃を受けました。中世の古い城を改修し美術館として再生された建物。数百年前の建物が街の風景となっていることを知った青木さんは、その時、自分の進むべき道が見えたと言います。
都市全体が歴史を残す事でアイデンティティ誇りを持つことができる。それはまさに素晴らしき理想の世界だと考えたのです。以来、古い建物を再生して残す建築方法を模索し、約15年をかけて確立したのが「リファイニング建築」です。

a2c1ca24d5dece62ecb9f6cbd162d008_s.jpg


リファイニング建築
青木さん曰く、リファイニング建築はダイエットに似ている。体重が重いと膝にくる。だからまずは体重を落としてから筋肉をつける。建物も同じです。建物を軽くした方がいい地震に優位のため、軽量化した上で合理的に耐震補強を考えるというのがリファイニング建築のエッセンスです。

f9cf580a686d99b1eb6319dbf1f32d13_s.jpg


建ててから壊すまでの年数を世界の国と比較すると、石造りのイギリスでは81年、木造建築のアメリカでは67年、そして我が国日本で日本32年です。世界最古の木造建築物「法隆寺」がありますが、日本にはまだ古い家を直して住み続ける習慣はまだないのです。だからこそ、リファイニング建築がこれからの日本の家の未来を変える日がやってくるでしょう!

posted by CYL at 19:46 | 夢の扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月17日

夢の扉+|(株)仙拓 社長 佐藤仙務(24)

c04ac3ef6237255b9cbbb26b22bb493d_s.jpg


夢の扉+|(株)仙拓 社長 佐藤仙務(24)


24歳”寝たきり社長”が日本を変える!?
佐藤さんは脊髄性筋萎縮症という10万人に一人という難病で両手の親指が1センチしか動きません。仕事は、父親が特別に改良したというパソコンを使って行います。

そんな佐藤さんと一緒に働くのが副社長の松元拓也さんです。松元さんも佐藤さんと同じ病気で、動くのは右手3本の指だけです。松元さんは、デザインを担当しまています。ものづくりが得意で、営業が苦手の松本さん、一方でものづくりが苦手だが営業が得意な佐藤さんが、それぞれの強みを活かしながら弱点を補う形となっています。

なぜ起業したのか?
佐藤さんが病気だとわかったのは生後10ヶ月の時です。高校3年生の夏、障がい者が働く作業所への就職が決まりました。ところが、その研修中に職場の同じ障がい者の先輩から思いもよらない言葉をぶつけられました。

佐藤さんが職場まで母親に送り迎えをしてもらっていたことを知った先輩は「お前みたいな軟弱障がい者、ろくな人生送れないぞ」と言われたのです。この言葉に心が折れた佐藤さんは就職をやめてしまったのです。

佐藤さんはその後、幼馴染みの松元さんを誘って1年がかりで前例のない重度障がい者だけの会社を立ち上げたのです。佐藤さんの心の中には、心のない言葉をぶつけた先輩の鼻を明かしてやろうという闘争心があったのではないかと松元さんが当時を振り返ります。

障害は会社の特徴
佐藤さんは障害があることは会社の特徴だと考えたと言います。そうすることで、障害がハンディではなく武器になるのです。そして一冊の本を書きました。そしてSNSなどネットを通じて自分をアピールしました。圧倒的に相手にされないことの方が多かったというが、5年間で5000人もの人脈を作ったのです。そのおかげで様々な業界から仕事が舞い込むようになりました。

同じ障がい者のために
佐藤さんは障がい者のために新たな仕事を始めました。それが「仙拓レンジャーズ」という名刺受注システムです。統一されたデザインの名刺を製作し、売り上げの30%が障がい者の作業所の利益となります。IT技術を駆使して、障がい者でも簡単に名刺作りが出来るように工夫されたシステムとなっていて、数回クリックをするだけで名刺を作ることができます。

障がい者のカウセリング
マッチングサイト「るくぴあ」

さらに佐藤さんは新たなビジネスに乗り出しています。そのビジネスとは、障がい者が同じような障害者のカウンセリングを行うというサービスです。悩みを抱える障害者とカウンセラーの資格を持つ障害者をマッチングを行います。誰にも言えない悩みでも同じ境遇のカウンセラーなら理解出来るということで、キャッチフレーズは”障がいがキミの武器になる”です。

ネットを使ったカウンセラー養成講座には、働きたくても働くことができなかった重い障がいを持った人たちが応募してきました。養成講座では90日間の講習を受けて最終試験に合格すれば「るくぴあ」のカウセラーの資格を取得することができます。佐藤さんの新たなビジネスが、障がい者の雇用を生み出しているのです。

posted by CYL at 19:51 | 夢の扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月29日

夢の扉+|ぐっすり眠れる?快眠物質を解明!

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s.jpg


夢の扉+|ぐっすり眠れる?快眠物質を解明!


筑波大学
国際総合睡眠医科学研究機構
裏出 良博 教授


「睡眠とは?」の問いに、”無上の喜び”と語るのは、睡眠博士こと裏出良博さんです。寝ることは生物学的に一番の幸せだいいます。

睡眠障害は万病のもと
5人に1人が睡眠に関する悩みを抱えるほど日本は不眠大国です。睡眠時間が短くなったり、徹夜が続くとお腹がやたらと減り、甘みの強いものや塩分が強いものが欲しくなり、高血圧、糖尿病、肥満のリスクが高まります。つまり、睡眠障害は万病のもとなのです。

眠くなる仕組み
多くの人は、朝起きて、夜眠くなります。そのリズムを作り出しているのが、脳の中にある睡眠物質です。睡眠物質は数十種類存在するといいます。

眠くなるタイプの物質が脳内に増えると眠くなり、逆に、目が覚める物質が増えると目が冴えてきます。睡眠物質は次々に発見されていますが、それぞれどのように働いているのか謎のままでした。

611a2410258f334a9b83e8698cf76cc0_s.jpg


”コーヒーと覚醒”の謎を解明
実は、いままでコーヒーのカフェインがどのように作用して眠気が覚めるのか、誰も解明できずにいました。そんな長年の謎を解明したのが、裏出さんでした。

睡眠物質アデノシンが、睡眠のスイッチにはまることで人は眠くなるのですが、コーヒーに含まれるカフェインとアデノシンの形が似ているため、コーヒーを摂取すると、カフェインによって睡眠のスイッチがアデノシンよりも先にふさがれてしまいます。

そのため、睡眠を促すアデノシンが睡眠のスイッチを刺激しようとするのですが、カフェインが邪魔をして入り込む余地がなくなってしまいます。結果として、コーヒーに含まれるカフェインによって眠りが妨げられることになるのです。

睡眠計測システムで研究加速
上記のようなコーヒーと覚醒の仕組みの解明に大きな役割を果たしたのが、「睡眠計測システム」です。裏出さんは、睡眠研究を加速させるためにメーカーに依頼して、「睡眠計測システム」を開発しました。

それにより、それまで難しいとされてきたマウスの脳波を計測することができ、計測データをコンピュータで分析することができるようになったのです。睡眠計測システムを使ったもっと大きな成果が、コーヒーと覚醒の仕組みの解明でした。

54d7e0349b857ebb7af0ae948259b4a7_s.jpg


過酷な砂漠に行くラクダなる!
裏出さんは、大阪府立大学農学部から京都大学医学部大学院へと進みましたが、そこには全国から選ばれた人材、いわばサラブレッドたちが集まっていました。そこで裏出さんは考えました。

「研究は道のない砂漠の世界を歩くようなもの。サラブレッドのようなスピードは必要ない。歩きつづけるものが強い。おれはラクダになろう!」

コツコツと歩きつづける
研究テーマに選んだのは当時注目されていた睡眠物質PGD2でした。眠りに誘う効果は絶大だが、脳内のどこで作られているかわかりませんでしたが、それを脳を包む”くも膜”で作られていることを発見したのが裏出さんでした。不思議な発見を見逃さなかったのは、コツコツと歩き続けてきたからそこだと裏出さんは語ります。

難病への取り組み
筋ジストロフィーは、筋肉が衰えていく難病で、患者の筋肉ではPGD2が大量に作られていたことがわかっています。「PGD2の働きを抑えることができれば病気の進行を止めることができるかもしれない」と裏出さんは考え、PGD2の働きを抑える物質の研究に取り組んでいます。

実際に動物を使った実験では、その効果が実証されおり、裏出さんは快眠だけでなく、難病への取り組みも行っています。


過酷な砂漠の中でも歩き続ける
裏出良博

posted by CYL at 11:51 | 夢の扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月21日

夢の扉+|オーエックスエンジニアリング社長_石井勝之

bdbe582c0b84dc3b65867aaaaf2c608f_s.jpg


夢の扉+|
オーエックスエンジニアリング社長_石井勝之


パラリンピック金メダルに挑む
小さな”車いす工場”


偉大な創業者であり父の重行さんの存在
オーエックスエンジニアリングが他の車いすメーカーと違う点は、勝之さんの父であり創業者の重行さんが車いすユーザーであったことです。

父・重行さんは、もともとバイクレーサーとして活躍する傍らで、バイクショップを経営していました。しかし、35歳のときに走行中に転倒し、一生車いす生活を余儀なくされながら、理想の車いすづくりに取り組んだのです。重行さんは、自らが乗りたいと考える車いすを開発しました。浜辺を走れる車いすや山をハイキングできる車いすなど、開発はロマンだと語るような、まさに夢に生きた人でした。

ae17209f09dff7acf4367b48fdb39662_s.jpg


自らの夢を自問
22歳のときからエンジニアとして創業者で父である重行さんを支えてきた勝之さんが3年前に社長を継ぐと自らの夢を自問しました。しかし、当時の勝之さんには確固たる夢がなかったといいます。

そんな折、転機が訪れたのは2年前でした。展示会にやってきた少年は、競技用の車いすに乗るもののその表情はどこか晴れないものでした。「ぼくの身体に合うのはないんだ」そうつぶやいた少年の言葉に勝之さんははっとしました。そのとき、勝之さんは、子ども達が自由に動けるようなスポーツ用の車いすをつくろう!と考えました。

当時の子ども用競技用車いすといえば、特注な上に高額で成長すればサイズが合わなくなってしまう代物でした。そのため、メーカーにとっても収益が望めず、手を出す会社は皆無に等しかったのですが、石井さんは、あえてその開発に挑みました

f43fe868270dde698bf0c141194f24c7_s.jpg


子ども用スポーツ車いす「WeeGo」
そして、ついに石井さんは子ども用スポーツ車いすの開発に成功し、英語で”さー始めよう”を意味する”Here we go”から名前を取ってWeeGoと名付けました。サイズは子どもの成長に合わせてSサイズとMサイズの2種類としました。2種類にすることで製造コストを削減し価格をおよそ半分に抑えることに成功したといいます。

石井さんの夢
石井さんがいま思い描く夢、それはWeeGoを使った子ども達が将来パラリンピックでメダルを獲得することだといいます。

posted by CYL at 22:52 | 夢の扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月23日

夢の扉+|ALE CEO 岡島礼奈「人工流れ星」

07df152a952275a6be3e1f849f7a776f_s.jpg


夢の扉+|ALE CEO 岡島礼奈


人工流れ星
いつでも流れ星がみたい



流れ星の正体
流れ星は、宇宙を漂う塵が地球の大気圏に出逢って発光する天体現象です。地球が公転する軌道上には彗星がまき散らしていった塵の帯が存在します。年に1度地球が塵の帯に突入すると流星群が出現するのです。

地球の公転軌道状にはいくつもの塵の帯があるため毎年おおむね決まった頃に流星群を見ることができます。

8月12日頃
ペルセウス座流星群
12月14日頃
双子座流星群
1月4日頃
しぶんぎ座流星群

9733999e7b8a8bf9ad9b80d273674d5c_s.jpg


人工流れ星の仕組み
塵のかわりになる流れ星の素をつくり、人工衛星に搭載して宇宙へ運びます。人工衛星を北極と南極を通る軌道にのせると流れ星の素を宇宙へ放出します。それが数秒間輝く流れ星になるというのが人工流れ星の仕組みです。

人工流れ星の課題
好きな場所で好きな時間に流れ星を流すという夢の実現に大きな課題が2つあります。ひとつは、ロケット打ち上げの振動から流れ星の素を守り一粒ずつ放出装置に送り出すこと。そして、もうひとつは他の衛星などに衝突しないよう安全性を確保することです。

そんな課題を克服すべく様々な世代、職業の人々が岡島さんの夢に吸い寄せられるように集まっています。

2a935a65f15cf1086c55a5062f1d424f_s.jpg


夢+α|基礎科学の発展
岡島さんはこのプロジェクトを単なる夢ではなく「生命の起源は地球外から隕石がもたらした」という学説に役立てたいとも考えています。つまり、人工流れ星プロジェクトは基礎科学の発展というもう一つの目的があるのです。岡島さんは、科学には世の中を輝かせる力があると信じているのです。

プロジェクト順調の秘密
現在プロジェクトが順調に進んでいるのは、色々な人が集まっているからだと岡島さんは語ります。それは自分自身があまり頭が良くないために人が無理だと思うことも無理だと思わずに踏み込むことができたためだといいます。

無知のほうが
勇敢になれる

岡島礼奈



posted by CYL at 09:00 | 夢の扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする