2015年04月14日

千葉工業大学 志願者数過去最多更新

千葉工業大学 志願者数過去最多

メディア露出で知名度アップ
ロボットや宇宙探査のトレンド学部


千葉県習志野市にある千葉工業大学の志願者が過去最高を記録しました。学生の減少により定員割れの私学があるなかで前年比20%を越える伸び率を記録し5万人を超えました。(伸び率の1位は東洋大学でした。)

その理由はメディアへの露出が多かったことがあるようです。東京電力福島第一原子力発電所に投入された災害用ロボットや惑星探査用の流星観測カメラ「メテオ」を搭載したロケットの失敗会見、惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げ成功など千葉工業大学の名前が多く取り上げられました。

千葉工業大学は積極的に情報発信し、知名度を上げるとともに、時流であるロボットや宇宙開発分野という魅力ある学部で学生たちの呼び込みに成功したのでしょう。

少子化が進む中で大学の志願者争いはなお一層激しさを増し徐々に大学間の格差が生まれているような気がします。




posted by CYL at 16:17 | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

「ラストエンペラー」溥儀さんの実弟「愛新覚羅溥任」さん死去

映画「ラストエンペラー」溥儀さんの実弟
愛新覚羅溥任さんが死去


1987年に公開されたイタリア、中国、イギリスの合作映画「ラストエンペラー」は中国の清朝最後の皇帝で満州国の皇帝であった「愛新覚羅溥儀(溥儀)」さんの生涯を描いたものでした。

その溥儀さんの実弟ある愛新覚羅溥任さんが10日96歳の生涯に幕を閉じたことを中国紙・法制晩報は伝えています。

愛新覚羅溥任さんは清朝皇族の四男として北京で生まれ、日本の傀儡政権「満州国」の皇帝にお兄さんの溥儀さんがなりましたが、小学校を設立し教育事業に注力しました。教師を退職したあとは清朝の研究を行っていたということです。

映画ラストエンペラーで描かれた溥儀さんの生涯は時代に振り回され多くの苦難がありました。弟の溥任さんの生涯はいったいどんなものだったのでしょうか。ご冥福をお祈り申し上げます。





posted by CYL at 10:47 | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

米スターバックス 従業員の大学卒業支援

米スターバックス 従業員の大学卒業支援
アリゾナ州立大のオンライン学士過程学費全額負担



アメリカの大手コーヒーチェーンのスターバックスがアリゾナ州立大学のオンライン学士過程の学費を全額負担することで話題になっています。

対象は週に20時間以上勤務するアメリカ国内の従業員です。スターバックスはアメリカ国内でパートタイム、フルタイムと合わせて14万4000人を雇用していますが、2025年までに従業員25000人以上の大学卒業を支援するとしています。

実はこれまでもアリゾナ州立大学のオンライン学士過程での支援をしてきましたが、最後の2年間だけでした。今回それを全額負担へと変更しました。

制度を利用する場合、まず従業員が教育ローンを組み、各学期で及第点を取ったら授業料が払い戻されるという仕組みです。

スターバックスは人材の確保とつなぎとめの効果を狙っていますが、従業員に罰則はなくいつでも会社を辞めることができ、卒業と同時に辞めても構わないとしています。

判断は従業員の良心に委ねられます。愛に見返りを求めないように罰則がないぶん、かえって愛社精神が芽生えそうです。




posted by CYL at 12:30 | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする