2017年01月15日

がっちりマンデー|すごい社長が気になる会社

がっちりマンデー|すごい社長が気になる会社


ニトリ似鳥会長が気になる
グローバルトラストネットワーク
外国人専用の家賃保証会社


ニトリの似鳥会長が気になる会社として紹介したのは東京豊島区にある株式会社GTN(グローバルトラストネットワーク)という会社です。

GNTは日本に住んでいる外国人の家の連帯保証人を専門で引き受ける会社です。”専門”に行なっているのは、GNTだけだといいます。

日本で部屋を借りる場合、家賃を踏み倒されないように保証人を立てることが求めらますが、これは外国人にとってはハードルがかなり高いことです。たいていの場合、保証人は親がなることが多いのですが、外国人の場合は、親が日本に住んでいることも希で、さらに日本人も保証人には進んでなることを避けることが多いのです。

家賃の保証会社というものがありますが、外国人に対しては言葉の問題などからほとんどの会社が敬遠しがちです。GNTが外国人の専門に家賃保証サービスをはじめたのには、このような背景があります。

GNTの評判は外国人の間で口コミで広がり、いまでは1年間で2万人の外国人が利用するまでになっています。GTNは、英語、中国語、ベトナム語などのスタッフが利用者の母国語で、困りごとにも対応をしてくれるのも利用者が増えている理由のようです。

利用者は、賃料の50%を契約時に、毎年1万円を更新料として支払う形になります。現在、GTNは国内8000社以上の不動産会社、公立私立30校の大学と連携し、年間売り上げは12億円となっています。


ヤフー宮坂社長が気になる会社
台湾企業ジャイアント
世界一の自転車会社


これまで自転車のフレームは鉄でしたが、やがてアルミに変わりさらに現在では軽くて丈夫なカーボンへと進化を遂げています。ジャイアントが世界一の自転車会社となった理由のひとつが、カーボンを繊維の状態からかこうしてフレームに仕上げる技術を開発した会社だからなのです。

そんな世界一のスポーツ自転車メーカーのジャイアントの工場が手本としているのがトヨタのカンバン方式(必要なものを必要な時に必要なだけ作る)です。1日に4000台を生産しています。つまり、ジャイアントは、カーボン技術と日本式生産システムで世界一の成し遂げているのです。


キングジム宮本社長が気になる
リンテック
シールと台紙の会社


キングジムの宮本社長が気になっている会社が東京飯田橋にあるリンテックです。シールとその台紙づくりのプロです。粘着シールや特殊紙でその年間売り上げは2105億です。













posted by CYL at 09:35 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月25日

がっちりマンデー|2016儲かりキーワード

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s.jpg


儲かりキーワード1
”フィンテック”


フィンテックは、数年前にアメリカで生まれたファイナンス(金融)とテクノロジー(技術)を組み合わせた造語です。フィンテックによって、お金にまつわる色々なサービスがデジタルでますます便利にお手軽になることが予想されます。

たとえば、スイカやパスモ、スマホによる支払い、自動改札でのオートチャージなどが、フィンテックにひとつにあたります。

そんなフィンテックでがっちり儲かっているのが、港区芝にある株式会社マネーフォーワードです。マネーフォーワードのフィンテックは、スマホによる自動家計簿です。現在、利用者数は400万人を超えてがっちり儲かっているようです。

さらに今年2月に最新のフィンテックビジネスをはじめたのが港区赤坂にある株式会社お金のデザインです。お金のデザインでは、一部のプロやお金持ちが使っているような資産運用サービスをフィンテックの力で誰でも簡単に安く使うことができるサービスを提供しています。

お金のデザインが提供するサービスは資産運用プログラム「THEO(テオ)」です。コンピュータが利用者の運用方針に合わせて自動でお金の運用をしてくれるサービスです。

お金を預けて投資の場合、普通の手数料は運用金額の2から3%ですが、THEOの場合は1%です。現在、THEOで資産運用中の人は12000人います。


儲かりキーワード2
”チャットボット”


たとえば、カスタマーサポートなど現在は、質問に対して人間が答えていますが、その人間にかわってロボットが質問に答えてくれるサービスがチャットボットです。目下、色々な会社が導入を検討しています。


クロネコヤマトのチャットボット
ラインでお届け日の確認

アスクルのチャットボット
ロハコ」マナミさん
ひと月の問い合わせ件数、約2万件のうち、マナミさんが解決するのは実に4割の8000件。その分、カスタマーサービスの負担が減るため、より丁寧な対応ができるようになるといいます。

ロハコ事業の売り上げは、2013年にマナミさんを導入した21億円から3年間で約1.5倍の328億円まで上昇し、右肩あがりの急成長を遂げてがっちり儲かっています。


儲かりキーワード3
”グランピング”


グラマラス(魅力的な)とキャンピングをあわせた造語です。10年ほど前にヨーロッパで生まれたぐらんぴんぐは、ちょっとリッチなサービスと手軽なキャンプ体験ができると、若い女性を中心に大人気を博しています。

千葉県木更津市にあるワイルドビーチサイドグランピングパークでは、特製テントにはベットが用意されています。キャンプなのにベッドで眠ることができるのです。さらにコテージ型ホテルには、シャワーはもちろんジャグジーまで完備されており、その風情はまさに高級ホテルそのものです。

星野リゾート
日本初のグランピングリゾート
河口湖 「星のや富士







posted by CYL at 08:48 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月18日

がっちりマンデー|法律改正でがっちり

fa62f22105721a024fac653653cf0409_s.jpg


がっちりマンデー|法律改正でがっちり


法律が変わることによって規制が緩和されて企業が参入しやすくなったり、逆に規制が厳しくなることで活路を見出す企業があります。今回はそんな法律改正によってがっちり儲かっている企業の儲かりの秘密に迫ります。

がっちり企業1
警備会社のALSOKが狩猟ビジネス


改正された法律
 鳥獣保護法

 鳥類・哺乳類などの野生動物は保護が必要でむやみに捕獲できない

平成26年に改正
 改正前
 狩猟ができるのは猟友会
 改正後
 猟友会と一般企業のハンター

実はあまり知られていませんが、平成27年 鳥獣による全国の被害額は200億円以上だと言われています。そして狩猟の需要に対してハンター不足が問題となっていました。それを解消するために行われたのが平成26年の法律改正です。

法律改正を受けて、猟銃による被害に悩む農家のために狩猟ビジネスに乗り出したのが警備会社としてお馴染みのALSOKです。

016c95affd526fd385d1e39e82187aa4_s.jpg


法律の改正で一般企業が狩猟を行うことが可能となりましたが、そのためには狩猟免許を持ったハンターが必要です。猟銃免許には銃で捕獲できる免許や罠で捕獲できる免許など数種類あります。ALSOKでは、罠で捕獲できる免許を取得して、鳥獣の捕獲を行います。

罠による捕獲には警備会社のALSOKならではノウハウが使われています。それは泥棒など検知するセンサーです。罠をセンサーで感知することで、罠を見回る作業の効率化を計っています。

まとめ
法改正による一般企業の参入
 →競合他社が少ない
本業のノウハウを活用
 →人感センサー



3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_s.jpg


がっちり企業2
自動車部品製造会社が農業を兼業



農地法
農地を勝手に企業に貸したり農地に建物を建てることを許可しない法律

平成21年に改正
 改正前
 農業と関係ない企業は農業ビジネスNG

 改正後
 農業と関係のない企業も農業ビジネスOK

改正後、2000を超える企業が農業に参入しています。

熊本県天草市にある熊本部品株式会社は、自動車部品のワイヤーハーネス(電気配線)をつくっている会社です。ワイヤーハーネスとは、ライト、オーディオ、ギアー、ハンドルなどに電気信号を届けるための配線で、人間に例えると血管や神経に相当する部品です。

熊本部品では法律改正でベビーリーフの栽培を始めました。ベビーリーフは、発芽後、30日ほどで収穫ができる野菜やハーブの若い葉っぱです。年に何度も安定して収穫ができることから、販売代金の入金があることで経営に役立っています。

自動車部品会社の様々なノウハウがベビーリーフ作りに役立てられています。例えば、ベビーリーフ工場で活躍する機械は、自分たちが使いやすいように全て自社で手作りされています。また、ワイヤーハーネス作りで培われた品質管理はベビーリーフづくりにも活用されています。

ベビーリーフを熊本部品から仕入れている果実堂は、 欠品、クレームを出さない熊本部品とは取引をしたい会社の一つだと語ります。品質の高いものを安定して大量につくるのは工業も農業も同じなのです。

熊本部品の年間売り上げ30億円のうち、ベビーリーフだけで1億円だというから驚きです。

まとめ
ベビーリーフ
 →年に数度の安定した売り上げ
本業の技術、ノウハウの活用
 →作業員の手工業技術
 →機械設計
 →品質管理



がっちり企業3
ネット販売で食品ロスをなくす



食品リサイクル法
食品廃棄物(食べ残しや売れ残り)を減らすための法律
平成12年に成立、13年に施行

東京五反田にあるグラウクス株式会社は、KURADASHIというサイトを運営するネット販売の会社です。KURADASHIでは、賞味期限が短いなど訳あり商品を安価に販売をしています。実はKURADASHIに掲載されている商品は、日本の食品業界にある3分の1ルールという暗黙の習わしによって食品ロスになってしまった商品が一部掲載されています。

3分の1ルール
例えば、賞味期限1年の商品があります。賞味期限の3分の1にあたるのは4ヶ月ですが、小売店は製造日から4ヶ月以内の商品でないと仕入れません。また、小売店では賞味期限が4ヶ月残っていない商品は店頭に並べることはしないのです。

製造日から4ヶ月以上経過した商品
 →食品ロス→KURADASHIで販売

賞味期限が4ヶ月以上ない商品
 →食品ロス→KURADASHIで販売


まとめ
食品ロスになる商品
→販売することでがっちり





posted by CYL at 08:58 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月04日

がっちりマンデー|儲かる国道16号線ビジネス


がっちりマンデー|儲かる国道16号線ビジネス


国道16号線
神奈川、東京都、埼玉、千葉の環状線
都会でもなく田舎でもない地域
年間売り上げ300億円

快活CLUB
16号線沿いで11店舗
全国300店舗
複合カフェ
(マンガ、ネット、カラオケ
ビリヤード、ダーツ)
料金は30分、267円から
家族づれやカップルが利用

儲かりの秘密
→食事(追加料金)
→ファミレス並みの品揃え


2nd STREET
(セカンドストリート)

総合リユースショップ
なんども買取、なんでも販売
全国500店舗
運営会社はGEO(ゲオ)
年間売り上げ400億円

儲かりの秘密1
国道16号沿いの立地
→車で持ち込みできる

儲かりの秘密2
買取データベース
→500店舗の買取実績
→1700万件のデータベース
→どの店でも買取できるシステム

儲かりの秘密3
MDカレンダー
→過去の実績を基に作成
→商品の売れる時期と買うべき時期がわかる


Cut Only Club
カットオンリークラブ

国道16号線沿いのモールに4店舗
税込1550円のヘアカット

他のカットとの違いは
理容室ではなく美容室
→女性客が多い

儲かりの秘密1
受付方法
予約ではなく先着制
→予約と予約の無駄を省く
→待ち時間は外出できる
→モール内で時間を潰せる

店内の内装
→掃除をしやすいような材質
→掃除時間の短縮






















posted by CYL at 09:23 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月27日

がっちりマンデー|儲かる!黒船カンパニー

76fa665ecc65b0372d6d03f4c2da4179_s.jpg


がっちりマンデー|儲かる!黒船カンパニー

海外からやってきた驚きの黒船カンパニー
色々なお国の儲かりの秘密に迫ります!!


ロシアから上陸
悪いことをしようと思っている人を検知!

東京都品川区にあるエルシスジャパン(株)(ELSYS JAPAN)は、不審者の可能性が高い人を検知する防犯監視システム「ディフェンダーX」を販売している会社です。

ディフェンダーXはロシアで開発され、ロシアではすでにデパートや空港で導入されています。日本では今年の5月に開催されたG7伊勢志摩サミットで使用されました。

仕組みはヒトが発する振動
ディフェンダーXがすごいところは演技では反応しないことです。それもそのはず、ディフェンダーXは、人間が無意識に発する微妙な振動の場所や大きさを読み取り、緊張、ストレス、攻撃性など約50の感情に分析しているからです。そのため、演技では反応することはなく、”本気”でなければ反応しないのです。

ロシアならでは技術
ディフェンダーXに使用されている”振動を分析する”技術はロシアならでは技術です。ソ連時代からの膨大な映像資料からいままで約10万人の人体実験を行っており、研究開発をしたのはロシアだけだと代表取締役の山内氏は語ります。

もともとロシア政府が振動分析の研究開発を行っていましたが、約15年前に製品化するために政府と民間が手を組んでできたのがエルシスなのです。エルシスジャパンは2016年12月に設立されたばかりですが、その売り上げは1年たらずで2から3億円だと山内氏はいいます。

アメリカ発
(株)スタラタシス・ジャパン(Stratasys)

世界シェア50%の世界一の3Dプリンタの会社
全世界の売上高は約800億円

1988年アメリカで誕生
3Dプリンターを世界に先駆けて作った

熱溶解積層法(FDM方式)
プラスチックを熱で溶かした物をソフトクリームのように積み重ねながら固める技術。
→20年が経過して基本特許が切れる
→他社が3Dプリンターに参入
→Poly Jet 方式の新3Dプリンターを開発

Poly Jet方式の凄いところ
→カラー(FDM方式では単色)
→硬さを変化させることができる

アメリカから上陸
最新のアレをバラバラにする職人技

アイクラックト ジャパン(iCracked)

→iPhoneの修理専門のお店を運営
→本社はアメリカ発
→修理人は全米に4000人
→年間売上は約30億円

特徴は
→対面バーカウンター型修理スペース
→対面しながら修理をしてくれる
→写真や仕事のデータを抜き取られる心配なし
→液晶画面の割れなら30分で修理!


トリップアドバイザー
世界最大の旅行に関する口コミサイト

→2000年にアメリカで誕生
→世界48カ国で運営
→毎月3億5000万人が利用
→全世界の売上高は約1600億円
→広告料のみで儲かってる



posted by CYL at 10:49 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする