2016年10月30日

がっちりマンデー|儲かる変なチェーン店

8c442278781718ff7573d229a2659426_s.jpg

がっちりマンデー|儲かる変なチェーン店


儲かる変なチェーン店@
ミリオンスーパーショップ
急増!イエロー自販機


ミリオンスーパーショップは、本社を沖縄に置く(株)ミリオンが運営する格安自動販売機です。2011年に関東に進出し、いまでは首都圏に1000台以上の自動販売機が設置されています。

儲かりの秘密1
メーカー在庫大量仕入れ
一般的に激安自動販売機の場合、あまり知られていないドリンクが並ぶことが多いのですが、ミリオンスーパーショップはコカコーラなど有名なブランドのドリンクが並んでいます。

ここに儲かりの秘密があります。たとえば、今年は台風などの影響により冷たいドリンクがメーカーの計画よりも売れませんでした。そのため、メーカーには在庫が残っています。人気のドリンクは時期ごとにパッケージデザインを変えるため、メーカーとしては残った在庫をなるべく早く出荷したいと考えます。そこに目をつけたのがミリオンです。それらの在庫を大量に買い取ることで安く提供ができるというわけです。

儲かりの秘密2
毎月定額をオーナーにお支払い
一般的に飲料メーカーが自動販売機を設置した場合、自動販売機は無料レンタルとなり、オーナー(自動販売機を置く人)は売れた金額の何割かをもらう歩合制です。この場合、まったく売れなかった場合は、電気代などでオーナーが赤字になることもあります。


ミリオンの場合、毎月決まった金額を自動販売機の占有料としてオーナーに支払うため、損するリスクを低く抑えることができるのです。



d26a409942d33a9e3a940c1b9a21b531_s.jpg

儲かる変なチェーン店A
Oh!庭ya!
(木一本、草むしりだけでもOK。明朗会計の植木屋さん)

儲かる変なチェーン店B
旬菜亭(しゅんさいてい)
通夜、葬儀などに仕出し料理を提供。牛フィレ、牛タンなど他にはない豪華メニューと予想を超える弔問客の訪問にも対応可能。急な追加の注文もOK。



posted by CYL at 09:18 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月23日

がっちりマンデー|月刊食堂が教える地方バラバラジャングル王

9cc0545bd4fa5a5ce64c7b9397b7a122_s.jpg


月刊食堂が教える
地方バラバラジャングル王


今回のがっちりマンデーは、月刊食堂の通山編集長が教えるいま儲かっている飲食店に
スポットを当ててその儲かりの秘密に迫ります。

ドミナント戦略という狭い地域に1種類のお店をたくさん出店してお客を集める手法がありますが(ABCマートなど)、そんなドミナント戦略の一歩先を行くひとつの会社がジャンルのバラバラなお店を狭い地域に出店して成功を治めている地方都市の飲食店を紹介します!


6e28a7f46533aefd478a5fd9439aa5f2_s.jpg


兵庫県姫路市
株式会社エイトリンク


(株)エイトリンクは、JR姫路駅から半径300m以内に4業態6店舗を展開しています。
焼き鳥のまるまさ屋、天ぷらの天屋まるまさ、イタリアン酒場のMARUMASA、肉バルの肉屋まるまさなど。

出店業種に中都市姫路に合わせた戦略があります。人口は54万人の姫路市では、いま首都圏で流行っているパクチーなど食材特化型の業態で出店しても人口の分母が小さいので成り立たないと(株)エイトリンクの松尾社長は語ります。

そこで飲食の4大ジャンル(焼き鳥、イタリアン、肉、天ぷら)を姫路に合わせて少しアレンジを加えています。たとえば、イタリアン酒場のMARUMASAは入店しやすいようにあえて居酒屋のような装いにしています。また、スパークリングワインをジョッキで提供するなど姫路に合わせてアレンジを加えています。

また、集客のため目玉となる高原価商品を置いています。ただし、目玉商品だけ食べられると困るのでほどほどのボリュームで提供しています。肉バルの看板メニュー「肉焼き盛り」は牛のモモ肉、ロース、タンがそれぞれ150gずつ、合計450gの商品原価率78%という超太っ腹メニューですが、ここに儲かりの戦略があります。

一番多いのが男性の三人組のお客さんだというデータに基づいて、肉焼き盛りの450gは決められています。つまり、男性ひとりあたりは150gとなりちょっと物足りないのです。となると原価率の低いサイドメニューを追加注文することになり、その結果、三人組の平均オーダーはメイン1皿、サイドメニュー6皿、お酒7杯、合計約9000円となります。メインだけだと78%だった原価率が最終的には48%となり、諸経費を引いた利益は約20%となるという戦略です。(株)エイトリンクの6店舗の年商は3億5000万円とがっちり儲かってます!



posted by CYL at 09:44 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月16日

がっちりマンデー|隠れた所で人力ビジネス

86b54e128e00eaa81a123c81e3ca113f_s.jpg


がっちりマンデー|隠れた所で人力ビジネス


目覚ましい進化を遂げるデジタル技術。10年から20年後には現在人間が行っている仕事の5割が人工知能やロボットに置き換わるといわれ、コンピューター化が進んでいます。


しかし、そんな時代の潮流の中でも隠れた場所で人の力が活用されている仕事がまだまだたくさんあります。今回はそんな人力で儲かっている企業にスポットを当てて紹介します。



baaaed643072f76a4c0412d468d12298_s.jpg


全国32万人の主婦の力をフル活用
鰍、るる(ULURU)

東京中央区にある鰍、るるは、国内最大級の入札サイト「NJSS入札情報速報サービス」を運営しています。自治体から出される仕事を獲得するためには入札をしなければなりません。ところが入札情報を集めるためには張り紙を見たり各サイトにアクセスしてこまめにチェックしなければならず、それらに作業は地味に骨の折れる手間のかかる作業です。


それらの不便を解決してくれるのが入札サイトNJSS入札情報速報サービスです。全国の入札情報がまとまっていて地域や仕事の内容で検索することが可能です。毎日6000以上の入札情報が集められ、これまで10万社が会費を払って入札情報を入手しています。


しかし、1日6000件以上という膨大な入札情報をどうやって入手しているのでしょうか?やはりITを活用して情報収集しているのでしょうか?気になるところですが、情報は在宅で働いている主婦の方々が集めています。それぞれ担当の役所が決まっているのでそのホームページを閲覧し、週3回、入札情報の更新をチェックしているのです。


49ddb86430a52c2645808ad750ac7618_s.jpg


ファッションカタログ通販の会社
ドゥクラッセ(DoCLASSE)

ドゥクラッセ(DoCLASSE)が運営するのは、40代から50代の主婦向けのファッション通販サイトです。売り上げは年々右肩上がりで成長を続けているその秘密は、コールセンターにあります。コールセンターのオペレーターが実際に商品を試着してサイズ感などをお客さんへ伝えているのです。通販なのでやはり着心地や着丈など実際に商品を目にして試着ができないため、気になります。そんな通販の不安点をコールセンターのオペレーターがお客に代わって実際に試着をすることで解消してくれるのです。



フォントづくりのモリサワ文研

作ったフォントは約1000種類、日本の印刷出版物の8割がモリサワ文研のフォントだというから驚きです。フォントの使用料でがっちり儲かっているのがモリサワ文研鰍ナす。


一つのフォントで作る文字23000。まず500手書きで書いてそれらを23000に拡充していく作業を行います。一つのフォントができるまでには短くて1年、長いものだと5年かかると言います。


posted by CYL at 09:24 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月09日

がっちりマンデー|儲かるだしビジネス

6cba81272a3e7e7a06821de0af4b6df3_s.jpg


がっちりマンデー
儲かる”だし”ビジネス



2013年世界無形文化遺産に登録され海外からも注目を集める和食。和食の基本であり味を決める存在が「だし」。風味豊かな味噌汁、おでん、煮物に鍋、どれもだしが味の決め手になります。今回はそんな「だしビジネス」にスポットを当てて儲かりの秘密に迫ります。

かつお節のヤマキ

愛媛県伊予市にあるヤマキ株式会社は、年間売上450億円、取り扱い商品は約150種類とまさにだし業界のトップランナーです。だし原料は、昆布や煮干しなど色々ありますがヤマキがこだわっているのはかつお節です。

原料保存庫には鹿児島県枕崎産、指宿産など名だたる産地から取り寄せられたかつお節がダンボール4万3千箱も保存されています。日本で消費されるかつお節3万8千トンの内、ヤマキが取り扱っているのは5千トンと取扱量日本一を誇ります。

削りのプロフェッショナル
かつお節の削り作業にはあるプロフェッショナルの存在が欠かせません。それが換鉋手(かんぽうしゅ)です。鉋(カンナ)を換える人という意味で、かつお節を削る調整役です。

合計28枚の鉋の刃がついた機械の鉋の刃を調整し、美しい削り節の条件である厚さ0.03ミリ以下を毎日の実現させます。かつお節の種類・気温・湿度などで削れ方が微妙に違うので毎日の調整が大切なのです。

循環抽出法とは
ヤマキの工場の心臓部といえるのが、だしの抽出機です。そして抽出の方法にこそヤマキのこだわりがあります。それが「循環抽出法」です。

機械でだしを取る時はかつお節とお湯をかき混ぜて最後にフィルターで濾すのが一般的ですが、ヤマキはかき混ぜないのが特徴です。だし汁を機械の中で循環させることで小さいかつお節の層があたかもフィルターの役割を果たし、濃厚なだしが取れるのです。”だし”で”だし”をとるというのがヤマキ流の抽出方法です。


8191a0367d2cc92c08beb95a706156a9_s.jpg


だしの専門店「茅乃舎(かやのや)」
六本木にある東京ミッドタウンにあるだしの専門店「茅乃舎」。煮干しだし、野菜だし、椎茸だしなどのだし商品はもちろん、ドレッシングや焼肉のタレまでだし入りのあらゆる調味料を扱っています。

一番売れている「茅乃舎だし」は、小分けのパックになっていてお湯にそのまま入れて煮出すだけでだしが取れます。だしの利いた美味し料理が手軽にできると評判です。レシピサイトのクックパッドには、茅乃舎のだしを使った料理が500件以上掲載されています。

全品試食可能
店内でだしの試飲や調味料の試食ができることはもちろんのこと、お店にある商品は店員さんに言えば、全品試食可能です。とにかく食べてもらえれば味がわかるということです。

味の原点「久原醤油」
味の原点は、福岡県糟屋郡にある明治26年創業の久原醤油にあります。2005年、久原醤油が自社の調味料を美味しく味わえる日本料理のお店「茅乃舎」をオープンしました。お店のだしの味を気に入ったお客さんから、だしを家で使いたいという要望から、だしだけの販売を始めたのが、だしの専門店「茅乃舎」の原点です。いまでは全国20店舗、年商160億円とだしビジネスでがっちり儲かっています。

posted by CYL at 09:03 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月02日

がっちりマンデー|地元の儲かりパン屋さん

4e53bd0132dee2efdfe1018a2a6a1904_s.jpg


がっちりマンデー
地元民は全国区だと確信
地元の儲かりパン屋さん


全国区のパン屋さんといえば、ヤマザキ、フジパン、パスコなどを思い浮かべるひとが多いのではないでしょうか?ところが地域によっては地元の儲かりパン屋さんがその地域のトップシェアを占めていることがあります。そのため、地元民はそのパン屋さんが全国区のパン屋さんだと確信して疑わないのです。今回は、そんな地元民だけが全国区だと思い込んでいるパン屋さんの儲かりの秘密に迫ります。


79bac6ca501a21e52ac3f918644d23a0_s.jpg


北海道:日糧製パン
北海道にある日糧製パンは年間売り上げ175億円を誇る地元の儲かりパン屋さんです。地元の方に全国区のパン屋さんといえば?との質問を投げかけると日糧製パンとの声が返ってきます。それもそのはず北海道のパンのシェア1位を誇るのが日糧製パンなのです。

日糧製パンの3大ロングセラー
1、豆パン

甘納豆が散りばめられたパン。北海道には赤飯に甘納豆を入れる風習があったことに注目して開発されたパンです。豆がパンの表面に突き出ているのが特徴で、製造するには熟練の技が必要になるといいます。

2、ラブラブサンド
1984年発売のラブラブサンドは、山崎製パンのランチパックにそっくりですが、決してパクリではありません。食パンの耳を落として
中にフィリングを挟む機械で製造しているため似ているのです。日糧製パンが、ラブラブサンドを発売した当時はまだ山崎製パンが北海道に進出していなかったので北海道は日糧製パンの独壇場でした。現在、塩バニラなど独自の味を加えて11種類のラブラブサンドが販売されています。

3、チーズ蒸しパン
日糧製パンのメガヒットパンとなったのがチーズ蒸しパンです。1990年、全国でチーズブームが起こりイタリアのチーズが大量に日本に輸入されました。それをきっかけにチーズを使ったデザートみたいなパンを作ろう!と開発されたのが、チーズの風味を活かすためしっとりとケーキのような蒸しパン「チーズ蒸しパン」でした。最盛期には、1日に50万個が売れた大ヒット商品となりました。


7fc65015140776809c2c93a48e7cb289_s.jpg


鹿児島:イケダパン
鹿児島県民は甘党ということに注目したイケダパンは、練乳入りの食パンなど甘いパンが特徴です。その最大のヒット商品がキングチョコです。チョコクリームをサンドし、さらに表面にチョコをコーティングしたのがキングチョコです。

1948年創業のイケダパンは、ヒット商品がない地味な会社でした。そんなイケダパンに転機をもたらしたのが一人のパートの存在です。
1980年のある日、一人のパートがチョコクリームをサンドしたパンを余ったチョコレートに浸して食べたところ、とても美味しく、その味が社内で評判となりました。それがきっかけで開発されたのがキングチョコだったのです。現在は1日に5000個が売れるヒット商品となりました。

以来、イケダパンは甘いもの路線で消費者の心をがっちりキャッチしてきました。あのシュガーラスクを日本で初めて大量生産を行なったのも実はイケダパンなのです。年間の売り上げは203億円とがっちり儲かっています。

363bfee8e3e8180274c63db2d38da91b_s.jpg


秋田:たけや製パン
たけや製パンは、青森県のパンのシェア6割を占める会社です。地元民が全校区のパン屋さんと確信して疑わないのも無理がありません。たけや製パンは、秋田県内の3つの会社が統合してできた会社です。3社が統合した理由は、秋田の交通網の発展が遅れにより大手の製パン会社の進出が遅れていましたが、大手製パン会社の進出に備えて、当時、地元でしのぎを削っていた3社が統合合併したのです。

バナナボート?
まるごとバナナ?

たけや製パンといえばバナナボートが有名だと地元民が口を揃えます。商品をみてみると山崎製パンのまるごとバナナに似た商品ですが、
たけや製パンがバナナボートを開発したのが1955年とその発売はまるごとバナナよりも先です。商品が似ているのには訳があります。実は、たけや製パンは1968年に山崎製パンのグループ会社になりました。その後、山崎製パンがまるごとバナナを販売するようになったとき、秋田を除いた地域で販売されたのです。

posted by CYL at 09:12 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする