2017年11月05日

がっちりマンデー|〇〇を小さくしたら儲かった

78456f795b3d1f38d8bb2c2d2b69124f_s.jpg


がっちりマンデー|
〇〇を小さくしたら儲かった


今回のテーマは、”〇〇を小さくしたら儲かった”です。テーマは”小さい”ですが、儲かりは”でっかい”30分です。

学習机を小さくしてがっちり


東京都新宿区にある株式会社アクタス(ACTUS)は、全国27店舗のインテリアショップを運営している会社です。アクタスは、ヨーロッパ家具を中心としたインテリアショップですが、自社開発である家具を小さくしたところ大ヒットしている商品があります。

それは、学習机です。

商品の一番の大きな特徴は、その奥行きです。通常は70センチ程度ですが、アトラスの学習机は52センチです。

なぜ、小さな学習机が売れているのか?その理由の一つが、生活スタイルの変化にあります。現在、多くの学生が自分の部屋ではなくリビングで学習をする傾向があります。そのため、リビングにおける学習机ということで従来の学習机よりも小さな学習机のニーズが高まっているのです。


ノートを小さく(軽量)してがっちり


大阪府大阪市にあるナカバヤシは、後から台紙を増やせるフエルアルバムを開発したことでも有名な会社です。そんなナカバヤシが小さくしたのがノートです。その名も”ロジカルエアーノート”です。

普通のノートと比べて24gほど軽いエアーノート。一冊あたりはわずかな重さの違いですが、小学生が持ち運ぶノートの平均は10冊、つまりトータルで250gもの軽量化となります。大人にとってはわずかかもしれませんが、小学生にとっては大きな違いとなります。

エアーノートはただ軽いだけではありません。ノートの機能はそのままに軽量化に成功しているのです。ノートの厚みは従来品と同様で、重さは軽い、その秘密はノートの作り方にあります。通常は繊維のパルプががっちり噛み合っている状態ですが、エアーノートの紙は、パルプの噛み合いを独自製法で緩めた作りになっています。

2014年の発売以来、年間の販売数は2倍ずつ増加しています。

822b3eedad9fd060e540e25ea110e0de_s.jpg


洗濯板を小さくしてがっちり


高知県須崎市にある株式会社土佐龍は、木製の生活用品を制作している会社です。そんな土佐龍が小さくしたのが”洗濯板”です。生産が追いつかないほど売れていると言います。

小さな洗濯板のニーズは、部活動に励むお子さんをお持ちの方にあると言います。洗濯機では落とすことができないソックスの頑固な汚れを洗濯板で洗います。従来の大きな洗濯板ではなく、洗面器にすっぽりと治るような小さな洗濯板というのが人気の秘密のようです。


保険を小さくしてがっちり


東京大手町にあるワランティは、1日単位でかけられる保険をつくりました。これまでの保険は、自動車保険や火災保険など大きなものに長時間かけるというのが通例です。

ワランティの保険では、カメラやスマホ、パソコンなど家電を”手軽に”1日単位で保険がかけられるのです。

”手軽に”さらに格安というのがポイントです。

保険手続きはわずか10秒と担当者は語ります。お値段もデジタル家電は1日39円からと格安で、レジャーなどで家から持ち運ぶ際には重宝しそうです。




posted by CYL at 09:29 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月01日

がっちりマンデー|ほぼ日(株式会社ほぼ日)

b69fa457e0b81c701bad753731dd13b7_s.jpg


がっちりマンデー|ほぼ日(株式会社ほぼ日)


糸井重里氏が代表を務める株式会社ほぼ日は、2017年3月にジャスダックに上場を果たしました。

株式会社ほぼ日はインターネット上で読み物サイトのほぼ日刊イトイ新聞を運営している会社です。

上場したということは、がっちり儲かっている証拠。儲かりの秘密に迫ります。

儲かりの秘密は物品販売!
ほぼ日刊イトイ新聞は、様々な記事がタダで読めます。一般的なビジネスモデルであればサイトに広告を掲載することで収益をあげますが、ほぼ日刊イトイ新聞には広告はありません。

それではどこで収益をあげているのでしょうか?

その答えはオリジナル商品の販売です。

物品販売の第1号はTシャツでした。自分たちが欲しいという動機で作ったTシャツを販売したところ3,000枚が売れたと言います。そこから記事で喜んでもらうことと物品販売で喜んでもらうことにはあい通じるものを感じたと言います。

以来、ほぼ日刊イトイ新聞では手帳やタオル、土鍋、腹巻など様々なジャンルの商品を販売しています。

その年間売り上げは、37億円にもなります。

ただ、物品販売の購買者は読者であることが多いと言います。そして、その逆、商品購入者が読者となるケースもあります。


ほぼ日刊イトイ新聞のこだわり
ほぼ日刊イトイ新聞の内容は、著名人との対談やグルメ、ファッション、暮らしの情報などが掲載されています。

これまで試行錯誤を重ねてきた結果、編集に関するこだわりがあります。

それは、目の中で横に動かさないで視界に入る文字数として27文字を守っているということです。

また、記事を書く際のNGワードして、大ヒットや、バカ売れなどの大げさな表現をしないということです。

723c0ff6e89eb6e235d9b17965786997_s.jpg


ほぼ日手帳の秘密
年間売り上げの7割りを占めるほぼ日手帳。大きな特徴は本体とカバーに分かれていて、カバーの色のバリエーションが多いことです。

そして、手帳に使われている紙は、手帳専門用紙の「トモエリバー」が使用され、薄くて軽くて柔らかく書きやすい。また、マス目、その線の色にもこだわりがあります。

また、他の手帳では真似ができない特徴としては毎日コラムが掲載されていることです。例えば5月には新入社員が5月病にかかる時期ということもあり励ましの言葉を選んで掲載されています。

それらの言葉は、全社員が過去の記事から選んだおすすめの言葉を元に作られています。

また、ほぼ日手帳ミーティングキャラバンを開催し、ほぼ日手帳のユーザーの交流会を開催しています。様々ユーザーの使用法を学ぶことで商品の改良に役立ているのです。


posted by CYL at 09:45 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月24日

がっちりマンデー|儲かる業界便利グッズ

67dd5276bc6911e37ca9e1eabae6bd41_s.jpg


がっちりマンデー|儲かる業界便利グッズ


今回のがっちりマンデーは、一般消費者には目に触れることのない業界で話題の便利グッズをご紹介します。

目次
1、三森商店 農家の要望を商品化でがっちり
2、兼子産業 フォークリフト向けニッチ市場
3、丸尾牧場 牛の匂いを良い香りに



1、三森商店 農家の要望を商品化でがっちり
山梨県甲州市にある三森商店は、地元では便利グッズの聖地と呼ばるほど業務用便利グッズが揃っています。山梨県甲州市と言えば言わずと知れた日本一のぶどうの産地です。地元のぶどう農家に欠かせない便利グッズがたくさんあります。

たとえば商品名「腕首楽ポン」は、ぶどうの収穫では人の背よりも高い所になっているぶどうを長時間にわたりぶどうを見上げながら、そして腕を上げ続けて収穫作業を行いますが、その収穫作業を楽にできるようひも状のものをぶどう棚に引っ掛けて吊るすことで首と腕を固定します。

そのほかにもぶどう農家が重宝するハサミや女性作業者には欠かせない紫外線をカットするフェイスマスクなどがあります。三森商店は、農家さんの悩みを元にメーカーに商品を考案、発注し、メーカーに制作してもらい販売を行なっています。

そのため三森商店オリジナル商品などは、農家さんの口伝えで広まり、全国の農協や大規模農家から大口の注文が絶えません。そんな三森商店が一番大切にしていることは、お客さんとのやり取りで何を欲しがっているかを日々探ることにあります。直接お店で声を聞けるからこそ他にはない便利グッズが作れるのです。


76f8364e5578c1482bfe77701589965e_s.jpg


2、兼子産業 フォークリフト向けニッチ市場
山口県光市にある兼子産業株式会社には、物流業界で大ヒット中の便利グッズがあります。それは「すべらんマット」です。フォークリフトの爪に装着するだけで、商品名の通り上に乗せた荷物が滑らなくなります。急旋回や急発進、急停止をした際に荷物がずれてしまったり落としてしまうリスクを軽減します。作業者によると「滑らんマット」があるとないとでは作業の安心感が全く違うと言います。

兼子産業は、運送用の木箱やパレットなどを梱包材を作る会社です。物流業界を知り尽くしているからこそ痒い所に手が届く便利グッズを考案できたのです。また、フォークリフトは全国に100万台あると言われていますが、大手メーカーが参入するほど大きな市場ではないいわゆるニッチ市場であることが過度な競争を産むことなくしっかりと利益を確保することができるのです。

bd517b7c76f5da2370f9f87c70a28f34_s.jpg


3、丸尾牧場 
牛の匂いを良い香り変換便利グッズ

兵庫県赤穂市にある丸尾牧場では、120頭の乳牛を飼育していますが長年に渡りその匂いには苦労をしてきました。牛の匂いを良い香りにかえる便利グッズ、それがデオマジックです。

デオマジックを開発したシキボウ株式会社によると、香水はわずかながら牛糞の香りが混ざっていると言います。複数の香りと牛糞の香りを混ぜることで香水の良い香りが生み出されているのです。そこで、牛糞以外の香りを散霧することでその香りが牛糞の匂いと混じることで良い香りに変換されるという仕組みです。

つまり、デオマジックは香水になる一歩手前に香りということにあります。デオマジックと牛糞の匂いが混じり合うことで香水のような良い香りになるのです。




posted by CYL at 09:48 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月03日

がっちりマンデー|IKEA(イケア)

c28db99aee1d87ce9c8ca798e2733370_s.jpg


がっちりマンデー|IKEA(イケア)

今日のがっちりマンデーは、北欧生まれのおしゃれで安いと評判の家具屋さん「IKEA」の秘密に迫ります。世界28ヶ国で展開するIKEAの売り上げはなんと4兆円!

IKEAは、北欧スウェーデン生まれの家具、雑貨店です。日本では8店舗を展開して人気を博しています。人気の秘密は、おしゃれで安いことです。サイドテーブルは999円、壁掛け時計は1499円、フライパンは299円、そして店内で食べられるソフトクリームは50円とどれも安くて手軽にショッピングを楽しむことができます。

本拠地スウェーデンを調査
日本からスウェーデンの首都ストックホルムまで飛行機で11時間、そこからさらに電車で2時間をかけて到着したのが、南部のエルムフルトという町です。エルムフルトはIKEAの本拠地です。人口は1万6千人と小さな町ですが、IKEAの全商品がこのエルムフルトで商品開発とデザインが行われています。

エルムフルトには、IKEAのお店はもちろんのこと1号店をそのまま活用した美術館、IKEAホテルなど、街全体が丸ごとIKEAになっています。なぜ、エルムフルトにIKEAの施設が集まるのでしょうか?

IKEAの名前の由来
IKEAの創業者であるイングヴァル・カンプラードさんは現在も健在で御年91才。イングヴァルさんは6才でマッチ箱を売る商売をはじめ、17才でIKEAを創業しました。イングヴァルさんはアグリナリッド村のエルムタリッド農場で育ち、実は、イングヴァルさんの名前と出身地がIKEAの名前に由来になっています。

I:イングヴァル
K:カンプラード
E:エルムタリッド農場
A:アグリナリッド村

美しいだけではボツ
IKEAでは商品デザインをする上で大切にしている要素が5つあると言います。中でも最も重要なのが最初に価格設定を行うことです。そうすることで低価格で優れた商品を多くの人に提供することができると考えています。

商品開発5つの要素
1、デザイン
2、機能性
3、品質
4、持続可能性
5、価格


試作現場には
デザイナーが作成した図面を元に一度カタチにする作業場がプロトタイプショップです。IKEAの商品づくりでは15人のデザイナーが次々にアイデアを出し、30人の職人たちが試作品を作っています。IKEAの細かいデザインに柔軟に対応するためには職人の手作業が必要なのです。

また、IKEAの家具の特徴は、購入後自分で組み立てることです。そのため、道具を使わずに家具を組み立てられるようなアイデアもプロトタイプショップで考案されています。

IKEAの家具のコンセプト
スウェーデンは、1年を通じて曇りの日が多いため、家の中はカラフルに、快適に過ごしたいという発想が根本にあるようです。

独自の高い品質基準
IKEAのテストラボでは、品質チェックが行われています。例えば、引き出しの開け閉めのテストは50万回にも及び、家具や雑貨を押したり引いたりして壊れないかをチェックしています。さらに、もしもこんな使い方をしたら?を想定してテストを繰り返します。化学物質に関しても、法律より厳しいレベルをIKEA独自に設定し、基準に満たない化学物質を徹底して排除しています。そのため、商品が企画されて店頭に並ぶまでの期間は2年もかかるのです。

一般家庭をモニタリング
世界28ヶ国で販売を行うために行なっているのが一般家庭のモニタリングです。モニタリングでは、一般の家庭に伺ってその困りごとの聞き取り調査を行います。IKEAの商品への要望や感想ではなく、一般家庭にある困りごとを把握することで、次なる商品の開発に活かすためです。例えば、日本では収納スペースがなくて片付けに困っているというような悩み事がある一方で、中国では中華柄がついていないシンプルなお皿が欲しいなど国が違えばニーズが違います。

筆者感想
IKEAにはよく行くので、商品開発の現場はとても魅力的なものでした。また、おしゃれだけではIKEAの商品としては落第点であり、5つの要素を満たさなければならないというのは驚きでした。5つの要素の中でも一番重要なことは、価格をはじめに決めることというのは、おしゃれで安いという二律背反を実現する大きなポイントなのだと感じた。価格が高く優れた商品というのではまるで競争力がありません。

先日、大阪に出張に行った際に大阪の方がおっしゃっていたことがふと思い出されました。それは、”美味しくて高い店は普通の店。大阪では美味しい上に安くないと良い店とは言わない”という言葉でした。まさに美味しくて安いという二律背反を実現すればこそ良い店だと認められる例の典型ではないでしょうか。

ただ、これは言うは易し行うは難しであることは明らかですね。まさにIKEAの血と涙の結晶が商品となり、IKEAの国際競争力の源泉となっていることがわかります。

関連記事
ワールドビジネスサテライト:激変!グローバル流通業 イケア(IKEA)

公団がIKEA(イケア)とコラボで素敵なお部屋に変身



posted by CYL at 09:28 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月20日

がっちりマンデー|売り上げ1000億円を超えた会社

274122b394996dcc766774e82f1bdf0e_s.jpg


がっちりマンデー|
売り上げ100億円を超えた会社



今回のがっちりマンデーは、売り上げ1000億円を超えた会社の儲かりの秘密に迫ります。売り上げ1000億円と一口に言ってもピンとこない方もいることと思いますが、売り上げが1000億円を超える企業数は、全体の0.02%と超レアな企業です。そんな企業の儲かりの秘密に迫ります。


回転寿司チェーン「くら寿司」
大阪府貝塚市にある株式会社くらコーポレーションは、回転寿司チェーンの「くら寿司」を運営する会社です。くら寿司は、回転寿司業界のパイオニアとして、1977年の創業以来、右肩上がりに売り上げを伸ばしてきました。2015年に売り上げ1053億円を記録し、全体のわずか0.02%という超レアな1000億円の売り上げを誇る企業の仲間入りを果たしました。

儲かりの秘密
1、サイドメニューの充実
2、徹底した品質管理


1、サイドメニューの充実
くら寿司の儲かりに秘密の一つが、サイドメニューです。これまで回転寿司のサイドメニューと言えば、唐揚げやフライドポテトしかありませんでした。そこにくら寿司は、2012年にラーメンのサイドメニューを発表し、業界を驚かせました。本格的な味わいながら1杯370円という価格も話題になりました。その後、ラーメンは4種類にバリエーションを増やし、累計3,000万食以上を売り上げる人気メニューとなっています。今ではラーメンの他、天丼やうな丼、カレーに牛丼などヒット商品を生み出し続けています。

サイドメニュー開発採用率1.6%
くら寿司では、年間3,000種類の試作品を開発し、新たなサイドメニューに取り組んでいます。たくさん作って毎週試作会を開いて新商品の検討を行なっています。年間3,000種類の試作品を作って採用されるのは、50程度と言いますので、その採用率は1.6%にすぎません。

採用のポイント
A、短時間で味や質が落ちるものはダメ
B、アルバイトでも作れるレシピ


2、ICチップで品質管理
鮮度くんというくら寿司が開発した新型の寿司キャップにICチップを取り付けることで、いつ作ったか、売れたか売れてないかがモニターで確認できるようになっています。このシステムのおかげで、廃棄ロスや作業時間を減らすことに成功しています。


bd517b7c76f5da2370f9f87c70a28f34_s.jpg


クスリのアオキ
ドラッグストアーと○○を組み合わせて

石川県白山市にあるクスリのアオキは、ドラッグストアーで売り上げ1000億円を達成した会社です。クスリのアオキは1985年創業で、北陸を中心に386店舗を展開しています。2014年に売り上げ1000億円を達成しその後も売り上げを伸ばし、2017年は1887億円となっています。

儲かりの秘密
ドラッグストアー+スーパー


クスリのアオキの特徴は、ドラッグストアーなのに、野菜売り場や鮮魚コーナーにお肉まで販売していることです。つまり、ドラッグストアーにスーパーマーケットがついているのです。北陸は雪が多い地域ということもあり、1箇所で買い物を済ませたいというニーズがありましたが、大型のショッピングモールのような施設が北陸には多くありませんでした。クスリのアオキはそんな北陸地方にある1箇所で買い物を済ませたいという潜在ニーズを的確に捉えてドラッグストアーにスーパーを併設したのです。

76f8364e5578c1482bfe77701589965e_s.jpg


測りのプロフェッショナル「イシダ」
滋賀県栗東市にあるイシダは、測りを作っている会社です。1893年創業の日本初の測りメーカーです。そんなイシダの儲かりの秘密は、新製品の開発力にあります。

2015年開発
商品名:IMAS-G
複数のトマトから重量合計が240グラムにある組み合わせを自動で仕分けする商品です。この商品のすごいところは、ロボットアームでトマトを掴んで移動させながら計量するという技術が世界初の技術であるということです。

2015年開発
商品名:i-Spector
生魚につく寄生虫アニサキスを検知する装置です。京都大学との共同研究によりアニサキスだけが反応する光の波長を突き止め、装置の中に魚を入れるとアニサキスを視覚的に捉えることができます。現在、人気居酒屋チェーンの磯丸水産で採用されています。


筆者感想
イノベーションは「すでにあるものの組み合わせから生まれる」と言われますが、ゼロから生み出されるのではないことがわかります。今回のくら寿司、クスリのアオキはまさにその典型ではないでしょうか。くら寿司は、お寿司屋さんで日本人が大好きなラーメンやカレーが食べられる。しかも、本格的な味わいながらリーズナブルな価格で。食べ放題という事業形態では、お寿司とラーメン、カレーが一緒に食べられるということはありましたが、くら寿司は、年間3000もの試作を作り味やオペレーションのしやすさなどを検討を行なった上の厳選された質の高い商品を提供しているという点に置いてこれまでになかった組み合わせであると言えます。

さらにクスリのアオキは、ドラッグストアーでありながらスーパーを併設することで、アオキに行けば一度に買い物を済ませることができるという顧客のニーズを満たすことに成功しました。店舗の規模と商品の品揃えはこれまでにない質と量でこれまでにない組み合わせとなったのです。ドラッグストアーにスーパーという一見、単純な組み合わせのように思えますが、筆者に推察では仕入れ先の確保等、ドラッグストアーにスーパーを組み合わせることを考えた人はたくさんいるかもしれませんが、実現をさせることは一筋縄ではいかなったことと思います。

「すでにあるものの組み合わせから生まれる」と言われるイノベーション。我々が気がつかないだけでまだまだアイデアは溢れているのかもしれません。ただそれを実現させるためにはまた大きなハードルが待ち構えています。それを超えた先にのみイノベーションが待っています。










posted by CYL at 09:53 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする