2018年01月14日

がっちりマンデー|2018スゴイ社長が気になるあの会社

8747de98bf590c767e1def327fad4758_s.jpg


がっちりマンデー|
2018スゴイ社長が気になるあの会社


毎年恒例のがっちりマンデーの新年会は今年も豪華。スタジオに登場したのは、ほぼ日の糸井社長、日本交通の川鍋会長、星のリゾートの星野代表、ファミリーマートの澤田社長、大創産業の矢野社長、ニトリホールディングスの似鳥社長です。

糸井社長が気になる
「六花亭製菓(株)」

六花亭製菓は、1933年創業の北海道のお菓子メーカーです。マルセイバターサンドやストロベリーチョコなど有名な商品を多数世に排出してきました。今回、六花亭の本社の撮影が許可されましたが、これは異例のこと。糸井社長の依頼ということで取材許可がおりたようです。

取材に対応してくれたのは六花亭の前社長である小田豊氏です。製品開発会議を覗かせてもらってわかったのは、六花亭のお菓子作りの全責任者は、小田氏であることです。そして、小田氏が語る六花亭のお菓子作りで大切にしているポリシーは、定番商品でも改良を続けるということです。取材した日は、マルセイバターケーキの改良が提案されていました。従来品は蒸して作っていましたが、それを焼いて作るという提案でした。惜しくも小田氏のお眼鏡に叶わず採用はされませんでしたが、マルセイバターケーキのような定番商品でさえ、製法をすっかり変えてしまうほどの改良が検討されているのは驚きです。

また、小田氏曰く、六花亭の商品は、「すっぴん勝負」と語ります。女性の化粧に例えて表現してくれました。素顔に自身がないから化粧をするという発想とは反対に、六花亭のお菓子は凝ったデザインを採用することなく、シンプルに食感、のどごし、香りで勝負をするというポリシーがあるのです。

六花亭には1人1日情報制度という従業員が毎日1ネタ業務改善を231文字以内で提出する制度があります。社員から提出された内容は、毎日、社長自らが5時間ほどをかけて目を通し、社内報「六輪」に掲載されます。社内報は毎日発行され毎朝全社員に配布されます。佐藤哲也社長曰く、現場の問題点や不満が上がって来ることもあり、改善策を打つ材料になることもあると言います。

そんな六花亭は年間売上200億円とおやつ屋でがっちり!

プレゼンテーション1.jpg



d48107dcf92f06ebfc5be6078ee512e2_s.jpg

日本交通の川鍋一朗会長が気になる
タクシー配車代行「電脳交通」


次にスゴイ社長が気になる会社は、日本交通の川鍋一朗会長が気になる会社はタクシーの配車代行を行っている「電脳交通」です。(株)電脳交通の代表を務めるのは近藤洋祐氏(32)です。徳島県徳島市に本社を構える電脳交通の新ビジネスは、地方のタクシー会社向けの電話配車の代行業務です。地方の小さなタクシー会社では、配車業務は24時間対応を要するため、その人的負担は大きいことがあります。電脳交通の配車代行を利用することでコストが半減することもあると言います。

電脳交通の配車システムでは、配車の依頼を受けるとオペレーターが配車場所に一番近いタクシーを見つけ出し、タクシー内に設置されたタブレットにお客さんの情報と配車場所へのルートが表示されます。ドライバーのその情報を元に配車場所へと向かう仕組みです。

現在、電脳交通の配車代行サービスは徳島を含めた四国4県に加えて埼玉県にまで広がり、18社と契約をしています。

プレゼンテーション1.jpg








posted by CYL at 09:28 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月29日

ガッチリマンデー|2017年儲かりキーワード

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s.jpg


がっちりマンデー|2017年儲かりキーワード



キーワードは「ハイレジ」
で帝人はがっちり

ハイレジとはハイレジスタントスターチの略です。ハイレジスタントスターチとは、難消化性でんぷんを多く含む素材で、腸の環境を良くして体重増加を抑えたり、内臓脂肪増加を抑える機能があります。つまるところ、ダイエットに抜群の効果が期待されています。

大手繊維メーカーの帝人は、そんなハイレジスタントスターチの効能にいち早く目をつけて、ハイレジを含む食材を世界で探したところ、オーストラリアで発見しました。それが、スーパー大麦です。オーストラリアの研究機関が10年をかけて品種改良しました。スーパー大麦には、通常の大麦の約4倍のハイレジが含まれています。帝人は、オーストラリアの研究機関と共同開発契約を結び、日本国内の食品メーカーに独占供給を行っています。

2016年は東京ドーム50個分の畑のスーパー大麦が1年間で全て無くなってしまったほど大変な需要がありました。今年もさらなる需要が見込まれているようです。


キーワードは「ビットコイン」
でビットフライヤーはがっちり


ビットコインとは仮想通貨の一つです。スイカやナナコなどの電子マネーとの違いは管理者がいないと言うことです。スイカはJR、ナナコはセブンイレブンが管理しており、お客がお店で買い物をすると、支払い情報等を管理者と通信が必要となりますが、ビットコインは、単純にお客とお店のやりとりのみで完結します。

ビットフライヤーは、両替所のような役割を果たしています。両替の手数料が会社の儲けとなっています。また、ビットコインによる支払いの導入には、お客とお店の両方にメリットがあります。お客側は、QRコードによって簡単に支払いが可能です。また、お店側のメリットとしては、手数料が安い点が挙げられます。クレジットカードでの支払いの場合、カード会社がセキュリティーチェックを行うため、お店がカード会社に支払う手数料は、1~7%であるのに対して、ビットコインによる支払いでは、セキュリティーがしっかりしているため、アプリなどの開発費のみで経費を抑えることができるため、お店が支払う手数料は1%となります。


キーワード「eスポーツ」
で(株)CyberZはがっちり

eスポーツとはエレクトリックスポーツの略でゲームで競うことを言います。日本ではスポーツというと汗を流して行うこと連想しますが、海外ではスポーツは”競う”という意味として捉えられているそうです。

CyberZではゲーム大会の運営や大会の模様を伝えるライブ動画配信を行っています。今ではその動画が人気を集め、広告収入や課金収入を生み出しています。さらに相乗効果として関連グッズの売り上げも伸びていると言います。海外のeスポーツの大会では、優勝賞金10億円という大会もあるというから驚きです。今後は、プロのeスポーツ選手を目指す子供達も出てくるかもしれません。


関連記事
2016年儲かりキーワード





posted by CYL at 09:01 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月17日

がっちりマンデー|儲かる外国人社長

がっちりマンデー|儲かる外国人社長



アクティブゲーミングメディア

マンガやゲームの翻訳でがっちり

大阪市西区にあるスペイン出身のイバイ・アメストイ社長が代表を務めるアクティブゲーミングメディアは、日本のマンガやゲームを翻訳している会社です。


マンガの翻訳は1ページで料金をもらう料金体系となっています。その価格は、約1000円から7000円となっているといいます。たとえば、医療やビジネスなど専門的な内容に関する翻訳、または英語以外の言語の翻訳になるとより価格が高くなる仕組みです。


また、アクティブゲーミングメディアにおいて、いま1番の稼ぎ頭となっているのが、ゲームだといいます。日本のゲームは海外で人気があり、ゲーム業界の市場は10兆円と言われていますので、その翻訳を含めた“ローカライズ”という業務です。


ローカライズとは、海外の法律に合わせてゲームの中身の微調整を行う業務です。具体的にはゲーム内の演出や絵柄を変更します。



包丁専門店「タワーナイブズ」

大阪市浪速区にある外国人向けの日本製だけを取り扱った包丁専門「タワーナイブズ」。日本の包丁は海外からの観光客に人気がありましたが、外国人向けのお店がありませんでした。そこに目をつけたのが「タワーナイブズ」です。英語、フランス語、デンマーク語、中国語の4カ国語で包丁の専門知識を持ったスタッフが対応してくれます。さらに、左利きが多い外国人向けに左利き用の包丁も扱っています。タワーナイブズは、現在、大阪に2店舗、東京(ソラマチ)に1店舗を構えてがっちりです。


ラピュタ・ロボティクス

自律飛行型ドローン

東京中央区にあるラピュタ・ロボティクスの代表を務めるのはスリランカ出身のモーハナラージャ・ガジャンさんです。操縦する人間がいなくても自由に飛べるドローンを開発しています。24時間定期的に何度でも飛行ができるため、監視目的として造船所や港などでの活用が期待されています。










posted by CYL at 10:55 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月03日

がっちりマンデー|せまい業界トップニュース2017

723c0ff6e89eb6e235d9b17965786997_s.jpg


がっちりマンデー|
せまい業界トップニュース2017


マニアックだけど世の中を変える儲かりネタ満載の30分!!


食品包装|クリームが付かないフィルム

月刊発行部数20,000部の食品包装は、本年に創刊60周年を迎える歴史のある業界誌です。

そんな食品包装が選ぶ業界のトップニュースは、ヨーグルトがつかないフタを開発した東洋アルミニウムが作り出した新製品、油を弾く材料で作ったクリームの付かないフィルムです。

東洋アルミニウムの儲かりポイント
「開発力」

群馬県伊勢崎市にある東洋アルミニウムは、ヨーグルトがつかないフタを開発しましたが、今回の新製品は、5年をかけて開発した油を弾く材料で作ったクリームの付かないフィルムです。(ケーキの周りに付いているあのフィルムです。)

東洋アルミニウムが開発した油を弾く材料は、ケーキのフィルム以外にもキッチン周りの商品など様々な用途に使用できる可能を秘めています。ちなみに世界初の技術とのことです。


822b3eedad9fd060e540e25ea110e0de_s.jpg


LBM|業界最大手メーカーTOSEI

LBM(ランドリービジネスマガジン)が紹介する業界トップニュースは、生産が間に合わないほど、注文が殺到している業界最大手メーカーのTOSEIです。

TOSEIの儲かりポイント
「自前生産」

静岡県の伊豆の国市にあるTOSEIは、全国のコインランドリーの洗濯乾燥機の約4割のシェアを誇るメーカーです。TOSEIのスゴイところは、洗濯乾燥機のドラム、モーター、バネなど部品からコンピュータ基盤まで全て
自前生産であるところです。自前で全部生産しているからこそ可能となったのが最短45分で洗濯から乾燥まで行う洗濯乾燥機の開発です。

さらに、TOSEI直営のコインランドリーでは、従来の機械ごとにお金を入れて行う清算方法ではなく、精算機1箇所で料金の支払いを行うようになっています。精算機はインターネットで管理が可能となっており、集金の手間が省けるので経営の効率化に大きく貢献しています。


712523a7f69a2b3ceddc669c2c33620d_s.jpg


ブライダル産業新聞|プロポーズプラン

月刊発行部数12,000部のブライダル産業新聞が紹介する業界のトップニュースは、結婚式場アニヴェルセルが行っているプロポーズプランです。

アニヴェルセルの儲かりポイント
「企画力」

全国14箇所で人気を博している結婚式場のアニヴェルセルでは、チャペルやレストランを利用したプロポーズプランを用意しています。プロポーズプランナーがおり、彼女に内緒でプロポーズの演出をサポートしてくれるのです。

式場は空いた時間と場所の有効活用となり、さらには結婚式の新規顧客獲得に直接繋がることが多いため、業界ではプロポーズプランが注目されています。









posted by CYL at 10:47 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月26日

がっちりマンデー|せまい業界のトップニュース2017

78456f795b3d1f38d8bb2c2d2b69124f_s.jpg


がっちりマンデー|
せまい業界のトップニュース2017


今回は、業界新聞の記者に聞いたせまい業界のトップニュースに迫ります。そこにはきっと一般には知られていない最新の儲かりの情報があるに違いない30分です。


月刊食堂|エスニック酒場でがっちり
東京湯島にある月刊食堂は飲食店の儲かり情報が詰まった外食業界の専門誌を発行しています。そんな月刊食堂が提供する業界のトップニュースのキーワードは「エスニック酒場」です。

キーワード「エスニック酒場」
東京恵比寿にあるエスニック酒場「ラオラオ」。タイの屋台をコンセプトに作られた店内は大勢の女性客で賑わっています。月刊食堂によると今「エスニック酒場」がエグイほど儲かっているとのこと。

儲かりの理由は大きく3つ、初期投資、原価率が低いこと、さらにエスニック料理だけにスパイシーな料理が多いため、ドリンクが進むということです。ラオラオの月商は500万円で、驚くべきはその利益率です。なんと利益率36%というから驚きです。

原価率が低い
→儲けが多い

ドリンク比率が高い
通常35% ラオラオ52%

屋台なのでチーブな設備でOK
→初期投資が低くてOK


723c0ff6e89eb6e235d9b17965786997_s.jpg


月刊食品工場長|バラバラに凍結
月刊食品工場長は月に49,000部を発行する食品工場の”今”を取り扱う専門誌です。そんな食品工場長のトップニュースはある食品をバラバラに凍結する機械を導入した工場だと言います。

キーワード「バラバラ」
京都府亀岡市にある「こと京野菜」は、飲食店のために九条ネギを刻みに加工して販売しています。らーめんやさんなどで大人気の商品となっています。同社はさらに刻み加工した九条ネギを冷凍して販売するためにバラ化冷凍装置を7,000万円の設備投資を行いました。

通常、ネギを刻んで冷凍保存をするとダマになってしまいすぐに使えません。ところが、新規に導入したバラか冷凍装置を使えば、ダマにならずバラバラに冷凍保存された九条ネギが出来上がります。こと京野菜は、この冷凍事業を始めた結果、その販売範囲は全国区へと拡大し、がっちり儲かっているようです。


b69fa457e0b81c701bad753731dd13b7_s.jpg


月刊総務|名刺の新素材
月刊総務には、会社の総務部には見逃せない情報が満載されています。月の発行部数は12,000部です。そんな月刊総務のトップニュースは、名刺の新素材です。

キーワード「紙を超えるすごい紙」
東京銀座にある株式会社TBMが開発した新素材が「LIMEX(ライメックス)」です。ライメックスの特徴は、破れないことと耐水性に優れている点です。そのため、名刺はもちろんのことメニュー表、屋外ポスターなどにも活用されています。(全国の回転寿司チェーン「スシロー」で採用されている。)

ライメックス名刺の特徴
文字が書ける
破れない
水に濡れてもOK

また、ライメックスの原材料は石灰石です。石灰石は世界中にある資源で無尽蔵にあると言われるくらい豊富に存在する資源です。日本で唯一自給できる鉱物資源でもあります。そんため世界中の紙やプラスチックを代替していける素材開発であり、市場は世界規模だとライメックスの開発者は語ります。

ライメックスのスゴイ
製造工程でほとんど水を使わない
原材料が木ではないので環境に優しい
半永久的にリサイクル可能




posted by CYL at 09:47 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする