2017年12月21日

クローズアップ現代|夫婦げんかのリスク

9737cdfe8cf1dc75460b33ffe6664e82_s.jpg


クローズアップ現代|夫婦げんかのリスク
子供の感情や学力に影響も



両親が子供の前で喧嘩をするのは、一般家庭でもそれほど珍しい光景ではないかもしれませんが、その光景を見ている子供達への影響が研究でわかってきています。それは脳のメカニズムの結果、記憶力や学習能力の低下を引き起こすリスクがあるというのです。

精神科医の杉山登志郎氏によると、お互いに暴言を言い合っている状態を見るだけで、(子供へ)すごいダメージになると認識せざるを得ないと語ります。

夫婦げんかの下記のような状態は子供へ大きな影響を与えるリスクを抱えているのです。

「役立たず」など存在を否定する
どうでも良いことをチクチク言う
毎日冷戦状態
ほとんど口をきかずいつも険悪
「使えねぇ」などモラハラ発言

子供たちのためにも夫婦げんかはほどほどにしたいところです。夫婦げんかを減らす極意について日本臨床心理士会理事の信田さよ子さんに伺いました。

夫婦げんかを減らす極意

その1
主語は「あなた」ではなく「私」に


その2
決めつけて言わない

(あなたはいつも。。。だから等)

その3
大事な話は場所を変えて

(例えば、カフェなど)

6285acd688ee0eac57c5034f5218a192_s.jpg


子供たちのケア「宝物ファイル」
どんな子にも長所はある!


すでに夫婦げんかを散々子供の前で行ってしまった方にも朗報があります。研究から子供の傷も回復することがわかっています。その一つの方策が、親や友達から長所を書いてもらう「宝物ファイル」です。

自分の長所をあげてもらうことで自己肯定感がアップするのです。ポイントはファイルとして形に残しておくことで、いつでも見返すことができるようにしておくことです。

研究を進める福井大学特別研究員の岩堀美雪さんは「どの子にも必ず良いところがあるということをいつまでも忘れないでいただきたい」と語ります。実際に、親の喧嘩に悩んでいた子供が、宝物ファイルを始めたことで、態度や行動が落ち着いたと言う事例があります。

posted by CYL at 18:59 | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

がっちりマンデー|あの会社は今

712523a7f69a2b3ceddc669c2c33620d_s.jpg


がっちりマンデー|あの会社は今

かつて大ヒット商品を手がけ一大ブームを巻き起こしたけれど、今はめっきりその名を聞かなくなった企業の今に迫った今回の企画。実は意外な商品で実ががっちり儲かっていることが判明しました。

ポケベルで躍進
東京テレメッセージ

かつてポケットベル(以下、ポケベル)で躍進を果たした東京テレメッセージ。1996年のポケベル利用者は全国に1,200万人を超えていましたが、スマートフォンの普及により現在の利用者は1,500人に減少しています。

そんな中で東京テレメッセージが開発販売しているのがポケベルのラジオです。ポケベルラジオとは、ポケベル電波を使った防災ラジオです。

その特徴は、ポケベル電波280メガヘルツを使用することでFMなどの通常のラジオよりも家の中へ届きやすいことです。また、ポケベル用のアンテナも比較的簡単に設置することができるため、防災向きの商品となっています。

そんなポケベル電波の防災ラジオは、全国25の自治体で採用されています。東京テレメッセージの2007年の年間売り上げは2億円でしたが2016年には19億円となっています。

歯磨き剤
株式会社サンギ

芸能人は歯が命のフレーズのインパクトのあるCMで注目を集めた歯磨き剤「アパガード」を開発販売を行なった株式会社サンギ。高機能歯磨き剤市場では現在もシャア4割でトップシャアを維持しています。つまり、1996年以来、ずっと売れ続いているのです。

アパガードの特徴は、歯磨き剤の中に入っているハイドロキシアパタイトという成分です。サンギはアメリカのNASAからハイドロキシアパタイトの特許を取得し、アパガードを開発しました。

ハイドロキシアパタイトは歯と同じ成分です。今、サンギが開発を進めているのが0.2ミリのハイドロキシアパタイトの薄膜を作る技術です。接着剤を一切使わずに歯をコーティングすることができます。膜に色をつけることで歯の色を変えることも可能です。これらを可能にする商品「パウダージェットディポジション」は2年後の製品化を目指して開発が進められています。


可愛いマスキングテープ
がっちりマンデー|あの会社は今株式会社

かつてハイトリ紙という粘着でハエを捕まえる商品でヒットを生み出したカモ井加工紙は、今、女子たちの間で人気を集めている文具雑貨用マスキングテープでがっちり儲かっています。

開発の経緯は、意外なことに工場見学へやってきた女性の3名でした。かつて工業用のマスキングテープのみを製造していたカモ井加工紙。そこへカフェのオーナー、コラージュ作家、デザイナーの三人の女性から工場見学の依頼があり受け入れました。彼女たちはマスキングテープ愛好家であり、工業用のマスキングテープを使って可愛いものを作っていました。彼女たちのもっと可愛いマスキングテープが欲しいという要望を元に、使いやすさと可愛いを形にしていった結果として生まれたのが現在のヒット商品「mt」なのです。





posted by CYL at 09:43 | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

モーニングサテライト|リーダーの栞 ライフネット生命保険会長 出口治明さん

リーダーの栞|ライフネット生命 出口会長 人口の世界史.jpg



モーニングサテライト|リーダーの栞


ライフネット生命保険
会長 出口治明さん



オススメの本
「人口の世界史」
マッシモ・リヴィーバッチ
東洋経済新報社



週に3冊から4冊の本を読むという出口さんは本が大好きだと語ります。会社にはビジネス書のほかに漫画などさまざまな本が置かれ、強制ではなく社員各自が興味をもって読んでほしいと思っています。

出口さんが紹介してくれた「人口の世界史」はイタリア出身の人口学者マッシモ・リヴィーバッチが書いた旧石器時代からの人口変動の歴史を読み解いた一冊です。地球に最適な人口規模はあるのかなど様々なトピックを盛り込んで人口変動のメカニズムを解説しています。

日本の課題である少子高齢化と本の内容が二重写しになってすごく面白いと出口さんは推薦の理由を教えてくれました。


平均寿命より健康寿命

本の著者は、20世紀には毎年4ヶ月の割合で平均寿命を延ばしてきたが、21世紀には不可能で、寿命の質を改善することが必要だと述べています。

そうした見方は出口さんがとってきた経営方針と一致するといいます。ライフネットは定年制がない会社で60歳を超えても正社員として入社できるのです。高齢化社会では、働きたい人が働ける会社にしないと社会がもたないのです。

そして高齢化社会で問題となるのが介護の問題ですが、その解決にも働くことが大きな役割を果たすと出口さんは考えています。働くことで、足で歩いて通勤し、人と会話を交わすので健康でいられれるのです。また、定年制をなくすことで、少子化による労働力不足を補うことにもなり、社会持続性を高めることにもつながるのです。

出口さんは「同じ課題であっても5年で考えるのと50年で考えるのでは解決方法も違うし、問題の捉え方も異なってくる。自分がいま使っている時間軸をきちっとチェックすることが必要だ」と語ります。少子高齢化に興味をもったり問題意識をもっているすべての人に読んでほしい一冊だといいます。



2015年6月16日放送
テレビ東京「モーニングサテライト」

posted by CYL at 12:24 | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする