2015年02月22日

JR東日本が提供する豪華列車「TRAIN SUITE 四季島」

JR東日本が提供する豪華列車「TRAIN SUITE 四季島」
2017年春にデビュー



日本の四季を楽しむ豪華列車「TRAIN SUITE 四季島」が2017年の春にデビュすることをJR東日本が発表しました。

JR西日本の「トワイライトエクスプレス瑞風」とともにいま列車の旅が注目を集めています。

日本はかつて”しきしま”という名で呼ばれたいたことがあり、その”しきしま”を訪れる四季を旅する列車、それが「TRAIN SUITE 四季島(トランススウィートしきしま)」です。

列車には展望車、ダイニングエリア、ラウンジがあり、まさに旅のために用意された列車になっています。

展望車では壁から天井にかけて広がる大きな窓を配置し、四季折々の流れ行く美しい景色に包み込まれるような感覚を味わうことができるようです。

ダイニングエリアでは、東日本エリアの旬の食材を使った料理が提供されます。景色だけではなく、味覚での旅も可能にしてくれそうです。ラウンジには一つ一つ職人さんの手で創られた工芸品が調度として取り入れらえています。そして客室は全てスウィートルームとなっており、全室にシャワーとトイレが備え付けられています。

列車内にさまざまな空間が用意されているので、列車=移動という概念をなくしてくれる列車になりそうです。
これからはますます列車の旅が面白くなりそうな予感がいたします。

JR東日本ホームーページ
TRAIN SUITE 四季島 
(CGで雰囲気が楽しめます。)
http://www.jreast.co.jp/shiki-shima/




posted by CYL at 18:00 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR東日本の大人の休日倶楽部で4日間乗り放題15000円

大人の休日倶楽部で4日間乗り放題15000円


JR東日本の「大人の休日倶楽部」(年齢による割引サービス)が2015年で10周年を迎えます。旅する会員さん向けに感謝の意をこめて発売される「大人の休日10周年パス」がいま話題を集めています。

大人の休日倶楽部は、年齢によって2つの区分に分かれています。

@ミドル
男性:満50歳から64歳
女性:満50歳から59歳
きっぶの割引:5%
会員特典詳細↓
http://www.jreast.co.jp/otona/middle/index.html

Aジパング
男性:満65歳以上
女性:満60歳以上
きっぷの割引:30%
会員特典詳細
http://www.jreast.co.jp/otona/zipang/index.html

「大人の休日10周年記念パス」の概要

利用エリア:JR東日本全線および6つの鉄道会社線
(イメージとしては南は静岡(伊豆)、西は長野、新潟、北は青森)
列車の種類:新幹線、特急、急行、普通列車の普通車、自由席(新幹線は6回まで普通車指定席が利用可。ただし、あらかじめ座席の指定が必要)

利用期間:2月26日から3月10日
発売期間:1月26日から3月6日
有効期間:連続する4日
利用者:会員本人のみ
発売所:JR東日本の主な駅の指定席券売機、びゅうプラザ、みどりの窓口

注意したいのは、”利用当日の発売はしていない”ところです。窓口に行って「いまから旅行にでかけるのだけれど使いたい」ということはできないということのようですので、旅程を決めてあらかじめ購入をしておきましょう!

それにしてもとてもお得ですね。しかも新幹線が利用可能なのはすごい特典だと思います。私の義理の母が仙台にいる祖母の介護に行っているのですが、「大人の休日10周年パス」の利用期間は、パスを利用して仙台を訪れる予定とのことです。旅行以外にも使い道はたくさんありそうです。

詳しくはJR東日本ホームーページ
http://www.jreast.co.jp/otona/







posted by CYL at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

バレンタインにはキスをする魚を水族館でみよう

キスする魚



もうすぐバレンタインがやってきます。そんなバレンタインにちなんで開催されている企画が熱い視線を集めています。


いま注目なのがキスをする魚、その名はキッシンググラミーです。白くてとても小さな魚なんですが、口と口を合わせて情熱的にキスをしているように見えるのです。


ネタばらしになってしまいますが、実はキスをしているように見えるのは、オスとメスではなく、オス同士なのです。人間にとってキスは愛情表現ですが、キッシンググラミーのキスは縄張り争いを真っ最中を意味します。


そんなことをわかってみると「あっち行け!」という仕草に確かに見えますが、知らなければ、小さな魚がキスをする光景は、見ていて照れくさいと同時に、心癒される光景です。魚でも愛情表現はキスなんだな〜などと私も感心してみていたのです。


キッシングクラミーは、全国の水族館で見られますが、静岡県にある下田海中水族館がおすすめです。下田は東京からのアクセスもよく、温泉もあります。そして、今の時期は、バレンタイン企画として、チョコレート色のクラゲとして珍しいカラージェリーと一緒にキッシンググラミーを見ることができます。期間は4月12日まで。(同水族館にはイルカやアシカのショーもあります。)


カップルのデート、家族で訪れるには最適の場所ではないでしょうか。


下田海中水族館(静岡)ホームページよりキッシンググラミーの写真↓

http://shimoda-aquarium.com/2015/01/29/news-75/



posted by CYL at 11:51 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする