2017年12月17日

がっちりマンデー|儲かる外国人社長

がっちりマンデー|儲かる外国人社長



アクティブゲーミングメディア

マンガやゲームの翻訳でがっちり

大阪市西区にあるスペイン出身のイバイ・アメストイ社長が代表を務めるアクティブゲーミングメディアは、日本のマンガやゲームを翻訳している会社です。


マンガの翻訳は1ページで料金をもらう料金体系となっています。その価格は、約1000円から7000円となっているといいます。たとえば、医療やビジネスなど専門的な内容に関する翻訳、または英語以外の言語の翻訳になるとより価格が高くなる仕組みです。


また、アクティブゲーミングメディアにおいて、いま1番の稼ぎ頭となっているのが、ゲームだといいます。日本のゲームは海外で人気があり、ゲーム業界の市場は10兆円と言われていますので、その翻訳を含めた“ローカライズ”という業務です。


ローカライズとは、海外の法律に合わせてゲームの中身の微調整を行う業務です。具体的にはゲーム内の演出や絵柄を変更します。



包丁専門店「タワーナイブズ」

大阪市浪速区にある外国人向けの日本製だけを取り扱った包丁専門「タワーナイブズ」。日本の包丁は海外からの観光客に人気がありましたが、外国人向けのお店がありませんでした。そこに目をつけたのが「タワーナイブズ」です。英語、フランス語、デンマーク語、中国語の4カ国語で包丁の専門知識を持ったスタッフが対応してくれます。さらに、左利きが多い外国人向けに左利き用の包丁も扱っています。タワーナイブズは、現在、大阪に2店舗、東京(ソラマチ)に1店舗を構えてがっちりです。


ラピュタ・ロボティクス

自律飛行型ドローン

東京中央区にあるラピュタ・ロボティクスの代表を務めるのはスリランカ出身のモーハナラージャ・ガジャンさんです。操縦する人間がいなくても自由に飛べるドローンを開発しています。24時間定期的に何度でも飛行ができるため、監視目的として造船所や港などでの活用が期待されています。











スポンサードリンク



posted by CYL at 10:55 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。