2016年06月19日

がっちりマンデー|僕たち上場しました2016

aebd45bd904b4cd1f1144b050fc3dce1_s.jpg


がっちりマンデー|僕たち上場しました2016



不況にも負けずに上場した
がっちり会社のヒミツを大公開



アートグリーン株式会社
胡蝶蘭を安く仕入れて経費削減

東京お台場にあるアートグリーンは、2015年12月、名古屋証券取引所に上場を果たしました。

アートグルーンは花を栽培農家から仕入れて生花店(お花屋さん)へ販売する卸業者ですが、花は花でも目をつけたのは胡蝶蘭です。胡蝶蘭は高級で長持ちするので、会社から会社へ贈るお祝いの花の代表格です。1社で多いところでは年間1億円の胡蝶蘭を購入しているというから驚きです。

アートグリーンのすごいところは、単に生花店へ胡蝶蘭を販売するだけでなく、大企業の関連子会社に胡蝶蘭を扱ってもらうように提案したことにあります。つまり、胡蝶蘭をたくさん購入する大企業に、生花店経由で胡蝶蘭を買ってもらうのではなく、子会社経由で胡蝶蘭を買ってもうらうことで、グループ全体の経費削減を提案したのです。

例えば、3万円の胡蝶蘭を買う場合、通常の生花店を経由して大企業が購入した場合は、3万円の経費がかかりますが、子会社が胡蝶蘭を扱うようになれば、子会社が2万円でアートグリーン(AG)から仕入れて、親会社へ3万円で販売すれば、グループ全体では1万円の経費削減を実現することができるというわけです。

AG→生花店→大企業(経費3万円)
AG→子会社→大企業(親会社)(経費2万円)


株式会社バリューゴルフ
お一人様ゴルファーのための予約サイト

東京三田にあるバリューゴルフは2016年3月、東証マザーズに上場を果たしました。

バリューゴルフは、一人からゴルフ場に予約ができるサイト「1人予約ランド」を運営しています。「1人予約ランド」が画期的なのは、一人から予約ができることにあります。ゴルフは通常4人で行うスポーツのため、これまで参加者が4人揃った時点でゴルフ場を予約するのが普通でした。2人や3人で申し込むこともできましたが、料金が高くなってしまうことがありました。

「1人予約ランド」の会員の60%以上が50歳以上の中高年ということで、時間とお金があるけれど4人集まるのは大変というゴルファーの悩みを解消してくれるのが「1人予約ランド」なのです。日時と場所を設定しゴルフ場検索をするだけでゴルフ場が予約できます。

さらに「1人予約ランド」には、初めての人とでも楽しめる工夫があります。それは一緒にプレーする人の年齢や平均スコアーなどメンバー候補のプロフィールがチェックできるのです。さらに会員登録も利用料も無料で利用できます。

会員登録もサイト利用料も無料ならどうやって儲けているのか気になりますが、バリューゴルフは、一人当たり700円というゴルフ場からの紹介料をもらうことでビジネスを行っているのです。


株式会社鎌倉新書
葬儀お墓のお金の悩みをスッキリ解決

東京日本橋にある鎌倉新書は、2015年12月、東証マザーズに上場を果たしました。

鎌倉新書は、お葬式、お墓、お仏壇の検索サイトを運営していますが、その特徴は単に業者を見つけるだけではなく、お金の悩みまで解消してくれることにあります。例えば、お墓なら業者毎に、墓石の施工価格、永代使用料、年間管理費などを明示した上でのトータル費用がわかるようになっているのです。

なぜお金の事まで明示できるのか?そのワケは、鎌倉新書は30年に亘って「月刊仏事」という葬儀、供養業社向けの業界誌を出版している会社で、全国の葬儀会社や仏壇会社などと深い付き合いをしてきたことにあります。

実に会社の年間売り上げの80%が契約が成立した際に業者から後払いで支払われるサイト掲載料となっています。サイトに掲載する業者も後払いということでリスクなしで掲載できることで、検索する人にとっては選べる業者の幅が広がり、まさに葬儀、お墓を探している人と業者がwin-winの関係となっています。


株式会社バルニバービ
立地の悪さをアイデアひとつで

東京蔵前にあるバルニバービは、2015年10月、東証マザーズに上場を果たしました。

バルニバービは、全国68箇所に飲食店を展開する会社です。その特徴は、バッドロケーション(超悪立地)の良いところを引き出して出店する事にあります。場所が悪くても良いお店なら人はわざわざ足を運んで来店するという考えが根底にあります。そのため、通常出店する場合に調査する1時間あたり何人通るか、消費動向などにはまったく興味ないと社長は語ります。

実際に、東京蔵前にあった楽器店の倉庫を丸ごと飲食店をビルに改装し、壁を一面ガラス張りにすることで隅田川とスカイツリー見渡せるおしゃれなお店になりました。これまで5時を過ぎると人通りがなくなるという立地でしたが、今では年間20万人の人が飲食ビルに足を運んでいるといいます。

また、東京小石川にあった古い印刷所を改装し、おしゃれなテラスがあるお店としてオープンしたりと不利な立地をアイデアひとつで覆すのがまさにバルニバービの真骨頂です。


スポンサードリンク



posted by CYL at 09:50 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。