2018年01月14日

がっちりマンデー|2018スゴイ社長が気になるあの会社

8747de98bf590c767e1def327fad4758_s.jpg


がっちりマンデー|
2018スゴイ社長が気になるあの会社


毎年恒例のがっちりマンデーの新年会は今年も豪華。スタジオに登場したのは、ほぼ日の糸井社長、日本交通の川鍋会長、星のリゾートの星野代表、ファミリーマートの澤田社長、大創産業の矢野社長、ニトリホールディングスの似鳥社長です。

糸井社長が気になる
「六花亭製菓(株)」

六花亭製菓は、1933年創業の北海道のお菓子メーカーです。マルセイバターサンドやストロベリーチョコなど有名な商品を多数世に排出してきました。今回、六花亭の本社の撮影が許可されましたが、これは異例のこと。糸井社長の依頼ということで取材許可がおりたようです。

取材に対応してくれたのは六花亭の前社長である小田豊氏です。製品開発会議を覗かせてもらってわかったのは、六花亭のお菓子作りの全責任者は、小田氏であることです。そして、小田氏が語る六花亭のお菓子作りで大切にしているポリシーは、定番商品でも改良を続けるということです。取材した日は、マルセイバターケーキの改良が提案されていました。従来品は蒸して作っていましたが、それを焼いて作るという提案でした。惜しくも小田氏のお眼鏡に叶わず採用はされませんでしたが、マルセイバターケーキのような定番商品でさえ、製法をすっかり変えてしまうほどの改良が検討されているのは驚きです。

また、小田氏曰く、六花亭の商品は、「すっぴん勝負」と語ります。女性の化粧に例えて表現してくれました。素顔に自身がないから化粧をするという発想とは反対に、六花亭のお菓子は凝ったデザインを採用することなく、シンプルに食感、のどごし、香りで勝負をするというポリシーがあるのです。

六花亭には1人1日情報制度という従業員が毎日1ネタ業務改善を231文字以内で提出する制度があります。社員から提出された内容は、毎日、社長自らが5時間ほどをかけて目を通し、社内報「六輪」に掲載されます。社内報は毎日発行され毎朝全社員に配布されます。佐藤哲也社長曰く、現場の問題点や不満が上がって来ることもあり、改善策を打つ材料になることもあると言います。

そんな六花亭は年間売上200億円とおやつ屋でがっちり!

プレゼンテーション1.jpg



d48107dcf92f06ebfc5be6078ee512e2_s.jpg

日本交通の川鍋一朗会長が気になる
タクシー配車代行「電脳交通」


次にスゴイ社長が気になる会社は、日本交通の川鍋一朗会長が気になる会社はタクシーの配車代行を行っている「電脳交通」です。(株)電脳交通の代表を務めるのは近藤洋祐氏(32)です。徳島県徳島市に本社を構える電脳交通の新ビジネスは、地方のタクシー会社向けの電話配車の代行業務です。地方の小さなタクシー会社では、配車業務は24時間対応を要するため、その人的負担は大きいことがあります。電脳交通の配車代行を利用することでコストが半減することもあると言います。

電脳交通の配車システムでは、配車の依頼を受けるとオペレーターが配車場所に一番近いタクシーを見つけ出し、タクシー内に設置されたタブレットにお客さんの情報と配車場所へのルートが表示されます。ドライバーのその情報を元に配車場所へと向かう仕組みです。

現在、電脳交通の配車代行サービスは徳島を含めた四国4県に加えて埼玉県にまで広がり、18社と契約をしています。

プレゼンテーション1.jpg









スポンサードリンク



posted by CYL at 09:28 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。