2017年12月23日

ワールドビジネスサテライト|AIスピーカー覇権争い

cb56fccc0e6cf908888e24461711c22f_s.jpg


ワールドビジネスサテライト|
AIスピーカー覇権争い
グーグル開発者会議


音声認識技術とAIを組み合わせることで話しかけるだけで、音楽をかけたり、家電を操作したりしてくれるAIスピーカー分野で激しい戦いを繰り広げているのがアマゾンとグーグルです。

年に1度開催されるグーグル開発者会議で注目を集めているのがAIに関するブースです。グーグルが開発を進めているAIスピーカーが「グーグルホーム」です。開発者会議では、現在、アメリカで販売されているグーグルホームが、来年の夏から日本でも発売されることが発表されました。

現在AIスピーカーの分野の圧倒的なシェアを誇るのがアマゾンです。次いでグーグルが2番手を走ります。アマゾンは、開発コードをいち早く公開したことで様々な企業がサービスを提供しています。例えば、ウーバーを呼んだりドミノピザで注文をしたりと1万を超えるサービスが利用可能となっています。一歩のグーグルは他社との連携が少ないことからサービスの面で、アマゾンの後塵を拝しています。

現時点では、首位を走るアマゾンと2番手を行くグーグルとは圧倒的な差がありますが、グーグルは今後どのような戦略でアマゾンと戦って行くのでしょうか?

グーグルは、ユーザーのスケジュールを把握して目的への出発時間を知らせてくれるといった新たな機能を追加するとしています。

また、会場ではグーグルが他社と連携して開発した音声を認識してその場でジュースを提供するジュースサーバーがあり、グーグルはこれまで遅れをとっていた他社との連携に力を入れ始めているのです。

さらにグーグルの強みである検索機能を活用して、グーグルが20年近く収集したデータをもとに自然な会話を可能にすると言います。

しかし、AIスピーカーはアップルやマイクロソフトも開発を進めていると言われており、今後、どの企業がリードするのかますます競争が激しさを増しそうです。


スポンサードリンク



posted by CYL at 10:00 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。