2017年11月05日

がっちりマンデー|〇〇を小さくしたら儲かった

78456f795b3d1f38d8bb2c2d2b69124f_s.jpg


がっちりマンデー|
〇〇を小さくしたら儲かった


今回のテーマは、”〇〇を小さくしたら儲かった”です。テーマは”小さい”ですが、儲かりは”でっかい”30分です。

学習机を小さくしてがっちり


東京都新宿区にある株式会社アクタス(ACTUS)は、全国27店舗のインテリアショップを運営している会社です。アクタスは、ヨーロッパ家具を中心としたインテリアショップですが、自社開発である家具を小さくしたところ大ヒットしている商品があります。

それは、学習机です。

商品の一番の大きな特徴は、その奥行きです。通常は70センチ程度ですが、アトラスの学習机は52センチです。

なぜ、小さな学習机が売れているのか?その理由の一つが、生活スタイルの変化にあります。現在、多くの学生が自分の部屋ではなくリビングで学習をする傾向があります。そのため、リビングにおける学習机ということで従来の学習机よりも小さな学習机のニーズが高まっているのです。


ノートを小さく(軽量)してがっちり


大阪府大阪市にあるナカバヤシは、後から台紙を増やせるフエルアルバムを開発したことでも有名な会社です。そんなナカバヤシが小さくしたのがノートです。その名も”ロジカルエアーノート”です。

普通のノートと比べて24gほど軽いエアーノート。一冊あたりはわずかな重さの違いですが、小学生が持ち運ぶノートの平均は10冊、つまりトータルで250gもの軽量化となります。大人にとってはわずかかもしれませんが、小学生にとっては大きな違いとなります。

エアーノートはただ軽いだけではありません。ノートの機能はそのままに軽量化に成功しているのです。ノートの厚みは従来品と同様で、重さは軽い、その秘密はノートの作り方にあります。通常は繊維のパルプががっちり噛み合っている状態ですが、エアーノートの紙は、パルプの噛み合いを独自製法で緩めた作りになっています。

2014年の発売以来、年間の販売数は2倍ずつ増加しています。

822b3eedad9fd060e540e25ea110e0de_s.jpg


洗濯板を小さくしてがっちり


高知県須崎市にある株式会社土佐龍は、木製の生活用品を制作している会社です。そんな土佐龍が小さくしたのが”洗濯板”です。生産が追いつかないほど売れていると言います。

小さな洗濯板のニーズは、部活動に励むお子さんをお持ちの方にあると言います。洗濯機では落とすことができないソックスの頑固な汚れを洗濯板で洗います。従来の大きな洗濯板ではなく、洗面器にすっぽりと治るような小さな洗濯板というのが人気の秘密のようです。


保険を小さくしてがっちり


東京大手町にあるワランティは、1日単位でかけられる保険をつくりました。これまでの保険は、自動車保険や火災保険など大きなものに長時間かけるというのが通例です。

ワランティの保険では、カメラやスマホ、パソコンなど家電を”手軽に”1日単位で保険がかけられるのです。

”手軽に”さらに格安というのがポイントです。

保険手続きはわずか10秒と担当者は語ります。お値段もデジタル家電は1日39円からと格安で、レジャーなどで家から持ち運ぶ際には重宝しそうです。





スポンサードリンク



posted by CYL at 09:29 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。