2017年10月07日

オイコノミア|漫画やアニメの経済学

f0e28663a89ee43c82a66e9b544bf2fb_s.jpg


オイコノミア|マンガの経済学


これまで日本では絵本は一人の作家が作り上げることが通例でした。しかし、今、複数の作家がそれぞれの得意分野を持ち寄って分業制で絵本を制作する手法が現れました。それは、一人の職人が一つの作品を作り上げる作業からまるで映画制作のように多くの人々が携わりながら作り上げる作品のように。

絵本の制作資金の収集方法にも新たな手段が現れました。それがクラウドファインディングです。

クラウドファインディングとは
不特定多数の人がインターネットを通じてお金を出し合い資金が必要な人やプロジェクトを支援する仕組み。


お金を使いたい人と預けたい人のマッチングをこれまでは金融業が行なってきました。銀行は預金を集めて設備投資をしたい、研究開発をしたい企業に貸し出すのです。いわば、お金が欲しい人または必要な人と預けたい人をマッチングする。クラウドファインディングがこれまでの金融業の働きをしているのです。

クラウドファインディングでヒットしたアニメが「この世界の片隅に」です。クラウドファインディングで資金集めを行なったところ約4,000万円が集まり、上映館数が63から300以上となりヒットとなりました。


ワーキングプア問題
今、若いアニメーターがたいへん厳しい環境下で労働を強いられています。いわゆるワーキングプア問題があります。長時間労働でありながらそれに見合う賃金を得ることができていないのです。アニメーターとは主にアニメのキャラクターを描く仕事をしている人々です。

アニメーターの1日の平均労働時間は11時間で新人アニメーターの平均年収は111万円となりかなり厳しい労働環境と言えます。


アニメ制作に分業制

デジタルアニメーション制作会社社長の塩田周三さんは、もともと製造業出身ということで、製造業では当たり前の分業制をアニメーション制作へ持ち込みました。アニメーション制作の工程を細分化しそれぞれの作業に担当者を配置しました。

分業制のメリットは、それぞれ担当の分野がしっかりと決まっているため、繰り返し専門の作業を行うことで、専門性を極めることで、作業の効率と質が上がり、結果として生産性が上がります。

分業制のメリット
作業の特化による技術向上
作業と作業の移行時間の節約
効率性を高める機械の発明



公的資金と外部性
日本のアニメは今や日本文化の一つと言っても過言ではありません。そこで税金などを使ってアニメ業界に補助金を投入するという考えもあります。しかし、ただ単に文化だから保存のためにというだけでは血税を使うわけには行きません。そこで、税金を投入するためには経済用語「外部性」がキーワードとなります。

外部性とは
ある企業(人)の行いが他の企業(人)の満足度や所得に直接的な金銭的取引を介さずにプラスの影響を及ぼすこと。


外部性の例として、一つあげると聖地巡礼です。聖地巡礼とはアニメの舞台になった場所を実際に訪れることを言います。アニメと舞台になった土地の間では直接の金銭的取引はありませんが、アニメのファンが舞台になった土地を訪れることで、もたらされる経済効果があります。実際に、アニメ「君の名は」の舞台となった岐阜県への経済効果は約253億円という試算もあります。

アニメ産業の成長を止めないために税金を使ってアニメーターの待遇を改善する。そのことに外部性があるのであれば税金を使うことも一つの手段となるのではないだろうか。


33ecfae8ee57a7832019887bd42136f9_s.jpg


フリーミアムで新たなファン獲得
今、無料で絵本を公開する作家が登場し話題となっています。無料で公開することで本を買う人が減ってしまうという懸念があります。しかし、今はフリーミアムというビジネスモデルがあります。

フリーミアムとは
基本的なサービスや製品は無料で提供しさらに高度な機能や継続を希望する場合などに課金する仕組み。


フリーミアムの例は、無料の試供品やアプリなど基本性能は無料でそれ以上の機能を希望する場合は、課金されるような仕組みです。前述の絵本作家は、なぜ絵本を無料で公開をするのかその理由をこう語ります。現代の親には絵本を試し読みする時間がなく、大抵は自身が子供の頃に読んだ絵本を購入することが多く、新しい絵本が売れない。それならば本屋に足を運ぶことなく、試し読みができる環境を提供すれば、新しい絵本も売れるのではないかと。本屋以外で試し読みができる環境それがネットを通じた無料公開だったのです。











スポンサードリンク



posted by CYL at 23:47 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。