2017年10月01日

オイコノミア|実家とうまくいく経済学

be58901364c28d4aeda56fee34e8289b_s.jpg


オイコノミア|実家とうまくいく経済学

親子関係を経済学で考える

コミットメントとは
自らに縛りをかけて約束を果たすこと

親子関係は、血縁によるコミットメントであり、血縁によって行動が縛られます。その強さ故の弊害が、ホールドアップです。

ホールドアップとは
コミットメントが強い関係において、どちらかが強すぎる力を押し付けると弱い方は身動きが取れなくなり「お手上げ」状態になること

例えば、子供が独立して家を出る時、親が「私を捨てて出て行くの?」と発言をしたとします。すると子供は、どうして良いかわからなくなってします。このような状態をホールドアップと言います。


親子の良い関係を保つために働きかけることが必要です。その時にかかる労力を含めた費用を交渉費用と言います。

交渉費用とは
取引相手と条件を交渉するのに要する費用であり、費用には労力や時間などが含まれる

かつての親子関係における交渉費用は、ほぼゼロでした。それは親子のほとんどが同じ家で暮らし、稼業を家族で行なっていたことが理由にあります。一方で、現在の親子は、その75%は別々に暮らし、ライフスタイルも考え方も異なっていることが多いため、昔に比べて交渉費用は高くなっています。


c6b0ff6e0a0f018f3a7bdafaa591a71e_s.jpg


片付かない実家の経済学
帰省した際に実家を片付けたくなったというアンケートに対して、Yesの回答率は28%となっています。実家が散らかっている原因の理由の一つには、親子関係の情報の非対称性が関係しています。

こんな事例があります。たくさんの鍋が台所に所狭しと並んでいる。母にとっては娘と一緒に料理をした思い出の鍋。しかし、娘にとっては単に古いだけの使わない鍋。親子でこの認識のギャップ(情報の非対称性)を埋めることで、母は、鍋というモノの価値観を思い出という価値に転換することで、片付けることができたと言います。

このように親子の情報の非対称を解消することが片付けをスムーズに行うポイントとなります。


大量の衣料をどうするか
特に女性は衣類を大切にするため捨てることができないケースがあります。捨てることには抵抗があり、売るとしてしても二束三文になるため、結果として捨てられないケースが多いのです。そこで、捨てる、売る以外の方法を提案するという方法があります。例えば、寄付です。私の持っている服が役に立つと考えることで、衣類を手放すことが可能になります。

つまり、片付けには”モノの価値から心の価値”への転換が鍵になるようです。

51aa483bb02f128653bcc7d076ac31f8_s.jpg


親が遺産を残す動機
親が子供に遺産を残す動機には大きく分けて下記の3つがあります。

利己的
自分の老後のため

利他的
子供達の将来のため

王朝的
家系を継続するため

日米で遺産に関するアンケートを行なった結果、意外な結果となりました。アンケート結果の違いには、宗教心が関係していると言われています。

日本
利己的 65%
利他的 34%
王朝的 1%

アメリカ
利己的 32.7%
利他的 67%
王朝的 0.3%


親子の経済関係の変化
かつて親子の経済関係(財力)は、子供が大きくなるに連れて、逆転し、子供が親の面倒を見るのが当たり前でした。しかし、今は子供が非正規社員などの場合は、子供が親を逆転することなく、子も親も財力が小さいままであるという現実があります。

リレーのバトンに例えると、かつては親から子へのバトンリレーがスムーズに行われていましたが、今は親がバトンを持ったまま子供との並走を余儀なくされているという現状なのです。




スポンサードリンク



posted by CYL at 11:15 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。