2017年09月03日

がっちりマンデー|IKEA(イケア)

c28db99aee1d87ce9c8ca798e2733370_s.jpg


がっちりマンデー|IKEA(イケア)

今日のがっちりマンデーは、北欧生まれのおしゃれで安いと評判の家具屋さん「IKEA」の秘密に迫ります。世界28ヶ国で展開するIKEAの売り上げはなんと4兆円!

IKEAは、北欧スウェーデン生まれの家具、雑貨店です。日本では8店舗を展開して人気を博しています。人気の秘密は、おしゃれで安いことです。サイドテーブルは999円、壁掛け時計は1499円、フライパンは299円、そして店内で食べられるソフトクリームは50円とどれも安くて手軽にショッピングを楽しむことができます。

本拠地スウェーデンを調査
日本からスウェーデンの首都ストックホルムまで飛行機で11時間、そこからさらに電車で2時間をかけて到着したのが、南部のエルムフルトという町です。エルムフルトはIKEAの本拠地です。人口は1万6千人と小さな町ですが、IKEAの全商品がこのエルムフルトで商品開発とデザインが行われています。

エルムフルトには、IKEAのお店はもちろんのこと1号店をそのまま活用した美術館、IKEAホテルなど、街全体が丸ごとIKEAになっています。なぜ、エルムフルトにIKEAの施設が集まるのでしょうか?

IKEAの名前の由来
IKEAの創業者であるイングヴァル・カンプラードさんは現在も健在で御年91才。イングヴァルさんは6才でマッチ箱を売る商売をはじめ、17才でIKEAを創業しました。イングヴァルさんはアグリナリッド村のエルムタリッド農場で育ち、実は、イングヴァルさんの名前と出身地がIKEAの名前に由来になっています。

I:イングヴァル
K:カンプラード
E:エルムタリッド農場
A:アグリナリッド村

美しいだけではボツ
IKEAでは商品デザインをする上で大切にしている要素が5つあると言います。中でも最も重要なのが最初に価格設定を行うことです。そうすることで低価格で優れた商品を多くの人に提供することができると考えています。

商品開発5つの要素
1、デザイン
2、機能性
3、品質
4、持続可能性
5、価格


試作現場には
デザイナーが作成した図面を元に一度カタチにする作業場がプロトタイプショップです。IKEAの商品づくりでは15人のデザイナーが次々にアイデアを出し、30人の職人たちが試作品を作っています。IKEAの細かいデザインに柔軟に対応するためには職人の手作業が必要なのです。

また、IKEAの家具の特徴は、購入後自分で組み立てることです。そのため、道具を使わずに家具を組み立てられるようなアイデアもプロトタイプショップで考案されています。

IKEAの家具のコンセプト
スウェーデンは、1年を通じて曇りの日が多いため、家の中はカラフルに、快適に過ごしたいという発想が根本にあるようです。

独自の高い品質基準
IKEAのテストラボでは、品質チェックが行われています。例えば、引き出しの開け閉めのテストは50万回にも及び、家具や雑貨を押したり引いたりして壊れないかをチェックしています。さらに、もしもこんな使い方をしたら?を想定してテストを繰り返します。化学物質に関しても、法律より厳しいレベルをIKEA独自に設定し、基準に満たない化学物質を徹底して排除しています。そのため、商品が企画されて店頭に並ぶまでの期間は2年もかかるのです。

一般家庭をモニタリング
世界28ヶ国で販売を行うために行なっているのが一般家庭のモニタリングです。モニタリングでは、一般の家庭に伺ってその困りごとの聞き取り調査を行います。IKEAの商品への要望や感想ではなく、一般家庭にある困りごとを把握することで、次なる商品の開発に活かすためです。例えば、日本では収納スペースがなくて片付けに困っているというような悩み事がある一方で、中国では中華柄がついていないシンプルなお皿が欲しいなど国が違えばニーズが違います。

筆者感想
IKEAにはよく行くので、商品開発の現場はとても魅力的なものでした。また、おしゃれだけではIKEAの商品としては落第点であり、5つの要素を満たさなければならないというのは驚きでした。5つの要素の中でも一番重要なことは、価格をはじめに決めることというのは、おしゃれで安いという二律背反を実現する大きなポイントなのだと感じた。価格が高く優れた商品というのではまるで競争力がありません。

先日、大阪に出張に行った際に大阪の方がおっしゃっていたことがふと思い出されました。それは、”美味しくて高い店は普通の店。大阪では美味しい上に安くないと良い店とは言わない”という言葉でした。まさに美味しくて安いという二律背反を実現すればこそ良い店だと認められる例の典型ではないでしょうか。

ただ、これは言うは易し行うは難しであることは明らかですね。まさにIKEAの血と涙の結晶が商品となり、IKEAの国際競争力の源泉となっていることがわかります。

関連記事
ワールドビジネスサテライト:激変!グローバル流通業 イケア(IKEA)

公団がIKEA(イケア)とコラボで素敵なお部屋に変身




スポンサードリンク



posted by CYL at 09:28 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。