2017年06月25日

がっちりマンデー|ファミリーマート

4c09ae6e53a560db32c92d510dd946ac_s.jpg


がっちりマンデー|ファミリーマート



今日のがっちりマンデーは、コンビニ業界のトップ3の一角を占めるファミリーマートです。今、みなさんの周りでファミリーマートの店舗が増えていることにお気づきでしょうか?

それもそのはず、ファミリーマートは、サークルKサンクスとの統合により、コンビニ業界最大手のセブンイレブンの店舗数(18,572店舗)に迫る、18,006店舗へと店舗数を拡大し、トップの座を虎視眈々と狙っているのです。

現在、ファミリーマートの代表を務める澤田貴司氏は、統合後の経営を任されて社長に就任しました。澤田氏は、元々は伊藤忠商事の商社マンで、その後、ユニクロを運営するファーストリテイリング副社長を歴任してきました。

今回は、店舗数の増加で注目のファミリーマートの”コンビニ業界のトップを狙え戦略”に迫ります。

ファミリーマート
1店舗1日全国平均
来店者数:920人
売り上げ:約52万円



トップ狙え戦略その1:商品開発
わずかな差が大きな差に
コンビニで儲かりの決め手となっているのが、お弁当やおにぎり、サンドイッチなどのいわゆる”中食(なかしょく)”と呼ばれる商品の売り上げです。

ファミリーマートでは、中食をメーカーから仕入れるのではなく、自前で作りオリジナルブランドして販売することでより大きな儲けを目指しています。

そんなオリジナルブランドの中食商品の中でももっともファミマの儲かりに貢献しているのが、レジ周りに配置されたホットスナックコーナーです。

ファミマのホットスナックの代表選手と言えば、ファミチキです。ファミチキは、2006年の発売以来、10年間で累計10億個を売り上げる超人気商品となっています。

それらの中食のオリジナル商品の開発では、わずかな改良でも大きな違いを生み出します。例えば、10人のうち2人にしか美味しさの差が感じられない改良であったとしても、ファミマのお客さんは1000万人いるので、200万人が美味しいと感じる商品となる訳です。つまり、わずかな違いが売り上げに換算すると億単位で変わってくることになります。


トップ狙え戦略その2:業務改善
澤田社長の肝いりで創設されたのが業務改革推進チームです。店舗スタッフがより効率的に仕事ができないかを考えるのがチームの目的です。店舗スタッフの採用がますます困難になっている昨今において、作業の効率化を目指しています。

実際にチームのメンバーが店舗を訪問し、販売促進グッズの展示にかかる所要時間を計測したりしながら、業務の効率化を追い求めています。例えば、販促グッズのポスターを減らしたり、簡単に設置できるようにしたり、これまであった分厚い作業マニアルも図式に変えてわかりやすく改善をしました。


スポンサードリンク



posted by CYL at 08:40 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする