2017年06月13日

NHKスペシャル|ニッポンの家族が非常事態

NHKスペシャル|ニッポンの家族が非常事態

いま女性への負担が増え続けています。共働きやワンオペと揶揄して呼ばれるほど負担を強いられている母親ひとりでの子育て、そしてそれらの苦労に理解のない夫と、現代の奥様がたは3つの苦悩をもっていると言われています。そんな肉体的、精神的な負担が増すにつれて、妻が夫にキレる、そんな事態が起こっています。

今回は、なぜ妻が夫にキレるのか、その訳を脳科学から迫りたいと思います。

既婚女性のアンケートでは、夫に対する不満原因の第1位に「自分の気持ちを理解していない」という結果
があります。

ペンシルベニア大学の脳科学者のルーベン・ガー博士は、夫が妻の気持ちを理解できない理由として、男女の脳の情報伝達の仕組みの違いがあるといいます。

右脳と左脳の連結
アリ→女性
ナシ→男性
脳には、感覚を司る右脳と理論を司る左脳があります。たとえば、人と対面した場合、感覚的な右脳で人の表情を視覚として認識します。そして、左脳を使って人の表情を分析し、その意味を捉えます。

女性の脳の働きを見てみると、右脳と左脳が連動して左右の動きがあるのに対して、男性の脳は、右脳と左脳の連結が少なく、どちらか一方の縦の動きしかありません。そのため、上記のような人と対面した場合、視覚で表情を捉えて、その意味を理解することが女性に比べて苦手なことがわかります。つまり、相手との共感が苦手なのです。そのため、共感が得意な女性からみるとなぜ自分の気持ちを理解できないのだろうと不満が募るのです。

実際に、表情の読み取り実験を行った結果、その正確性と回答の速さは女性の方が優れていることがわかっています。

ルーベン・ガー博士によると「女性は感情について話すのが得意ですが、男性は「感情は感情に過ぎない。それについて何を話せばいい?」と考えるといいます。この違いが誤解や衝突を生んでいると指摘します。

ネガティブな記憶方法に男女差
カルフォルニア大学アーバイン校のラリー・ケイヒル博士はネガティブな記憶のメカニズムを研究しています。
人間は、脳のへんとう体と呼ばれる器官で怒りや悲しみを感知し、海馬と呼ばれる器官でネガティブな記憶を蓄えます。

へんとう体と海馬のペアーは、右脳と左脳にひとつずつ存在しますが、男女によってどちらのペアーを使うかに違いがあります。女性は、論理を司る左脳側のペアーを、男性は感覚を司る右脳のペアーを使ってネガティブな記憶をすることがわかっています。

女性がネガティブな出来事をよく覚えている原因が、理論を司る左脳側のペアーを使っているためだと考えられています。女性は、論理的に意味づけを行って詳細に記憶するのに対して、男性は漠然としたイメージでしか記憶ができないのは、このためです。

では、なぜ男女によってネガティブな記憶方法に違いがあるのでしょうか?それは進化の歴史から理解できるとラリー・ケイヒル博士は語ります。女性は、子供や力の弱い自らを守るために、ネガティブなことを詳細に記憶しておくことが必要でした。一方で男性は狩猟での恐怖を克服する必要があるため、ネガティブな記憶を忘れる必要があるのです。そうでなければ、狩猟に出かけられなくなってしまうからです。


愛情ホルモンと戦士のホルモン
クレアモント大学のポール・ザック博士によると、進化の過程でヒトは複数のパートナーと関係を結んできた一方でオキシトシンによってひとりのパートナーを選ぶように動機付けられているといいます。

オキシトシンとは、もともとは母と子の絆を深めるためのものでしたが、進化の過程で夫婦の愛情ホルモンとしても作用するようになりました。その背景には、人類太古の夫婦の形である一夫多妻制にあります。力のある男性が多くの女性を養う一夫多妻制は合理的です。人類が誕生した約700万年前から数千年前まで夫婦の形は一夫多妻制でした。

夫婦の愛を育むオキシトシンに対して、テストステロンという戦士のホルモンと呼ばれる男性ホルモンがあります。テストステロンは、意欲やチャレンジ精神を生み出しますが、共感力や相手を思いやる気持ちを低下させます。

実際の実験では、女性のテストステロンの値が高いほど、パートナーの男性の満足度が下がることがわかっています。いま、女性の社会進出が進み女性のテストステロンの値が高くなっている傾向があるといいます。

愛情ホルモンを増やすには
夫婦の愛を育むにはオキシトシンを増やすことが求められますが、一体どうしたら良いのでしょうか?クレアモント大学のポール・ザック博士は下記の3つを挙げています。

オキシトシンを増やすポイント
見つめ合いスキンシップを取る
目標に向かって2人で協力する(料理など)
サプライズの贈り物

夫婦の円満の秘訣
夫婦の愛情ホルモンのオキシトシンを増やすことも大切ですが、根本のところで男女には脳の働き方に違いがあることを互いに理解をすることにあるようです。つまり、男女は違うので、相手に同じことを求めてもうまくいかないということを知ることです。







スポンサードリンク



posted by CYL at 08:18 | NHKスペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする