2017年06月11日

がっちりマンデー|100円ショップのダイソー

311a830b610d01bb5d2b40cc202d7945_s.jpg


がっちりマンデー|100円ショップのダイソー

ゲストに100円ショップの最大手のダイソーを運営する株式会社大創産業の矢野博丈社長をお招きし、従業員数1万人、全世界に4950店舗を展開し、年商4200億円を誇るダイソーの儲かりの秘密に迫ります。

人そのもの
経営計画も売り上げ目標もノルマもないというダイソー。矢野社長は企業は人そのものであると語ります。

現場が命
毎朝の日課はラジオ体操。楽しく働くには体が基本というのが矢野社長の方針だと言います。ラジオ体操のあとは職場の掃除を行います。「PCの机の下、掃除入ります〜」など声を出して行うのがダイソー流です。しんどいことは朝に終わらせてしまおうというのも矢野社長の教えだと言います。

ダイソー名物のデバン。デバンとは届いた荷物を倉庫に運ぶ作業のことです。日頃、デバンの作業を行わない社員が、週に一回行っています。こちらも社長の方針で、このような作業をみんなで一致団結して行うことを奨励しています。

創業時からの伝統
 体を動かす
 声を出す
 みんなでやる


創業ストーリー
矢野社長が現在に到るには苦難の道のりがありました。学生結婚した奥さんの実家の家業であるハマチの養殖業を継いだ矢野社長でしたが、大失敗し、多額の借金を背負うことになってしまいました。その後、借金返済のために、百科事典のセールスやチリ紙交換運転手、土木作業員など九回の転職を繰り返し、最後にたどり着いたのが日用雑貨の移動販売でした。

そして、1972年にダイソーの前身となる矢野商店を立ち上げました。トラックで雑貨の移動販売を始めたのです。その際に、苦労したというのが値札をつける作業だったと言います。夫婦二人では値付けの作業が追いつかず苦肉の策として考え出したのが、「全部同じでええか」。これがのちの100円均一方式の始まりとなりました。

8d3664a3554fac54b077e9bc2884647d_s.jpg


飽きさせない
ダイソーの魅力、それはお客を飽きさせないことにあります。ダイソーのアイテム数は約7万点もあり、さらに毎月700の新商品が投入されています。

商品開発の最前線は、ダイソーのバイヤーとメーカーの商談現場です。100円という制限の中でどれだけメーカーに工夫と改善をしてもらえるかがポイントとなります。そのため、より良い商品を目指して10回以上の商談(メーカーへの改善提案)もあると言います。それでもメーカーにとっては、ダイソーで売ることは大きな魅力であると言います。それは、全世界4950店舗で販売するため採算が取れるということです。

また、商談を重ねることにはメーカーにとってもダイソーにとっても良いことなのです。メーカーにとっては、苦労をして作り出した商品はそれだけ思い入れがあるため、商品化されると必ず売れると言います。この妥協しない商談が、お客を飽きさせない魅力的な商品に繋がっているようです。

ちなみに、儲ける商品よりも売れる商品をというのが矢野社長の方針です。

営業中にどんどん陳列変更
ダイソーは営業中にもどんどん陳列を動かすのが特徴です。売れ筋商品を見やすくしたり、分類を変更したりと陳列替えを営業中に行います。

倉庫の自動化
全国8箇所にある倉庫にダイソーの秘密兵器が隠されていました。それは矢野社長の長年の悲願でもあった在庫管理と仕分け作業の自動化です。

これまで店舗が発注をしてから商品が届くまでの時間が読めないことがあったと言いますが、自動化を進めたおかげで、倉庫から出荷した翌日に商品が店舗に届くようになり、店舗の納品スケジュール管理ができるようになったのです。




スポンサードリンク



posted by CYL at 09:12 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする