2017年06月05日

ワールドビジネスサテライト|米国最新フィットネス「ダヴィンチボディボード」

e3df118555dec18d80e9fcf8327d0a02_s.jpg


ワールドビジネスサテライト|
米国最新フィットネス「ダヴィンチボディボード」



健康やダイエットは年代性別、さらには国の枠を超えた共通のニーズとなっています。いま、アメリカや韓国でブームとなっているエクササイズが、ダヴィンチボディボードです。

開発きっかけはチョコ
開発者のフローリー・マホニーさんは元々チョコレートの会社の経営者でしたが、チョコレートが原因で太ってしまい、自宅の家具にチューブをつけてエクササイズを行っていたことが、ダヴィンチボディボード開発のきっかけとなりました。

省スペースで投資額小
ダヴィンチボディボード

木の板の四隅にチューブとストラップをつけた至ってシンプルな作りのダヴィンチボディボードは、効率的に筋力を鍛えることができると言います。

また、スポーツジムなど経営者にとっては、ダヴィンチボディボードの導入は、投資額を抑えることができ、かつ省スペースという魅力を兼ね備えたエクササイズとなっています。

ただ、ダイヴィンチボードの導入には条件があります。それは認定トレーナーです。導入するには、1日9時間の講習を受けた認定トレーナーが必要となります。

ダヴィンチボディボード
販売価格:7万8000円(税別)

認定トレーナー
講習会費用:6万8000円(税別)

専用ジムライセンス料金
約250万円

開発者のフローリー・マホニーさんによると日本での販売台数は1年間で1万台が目標と語ります。果たして日本ではダヴィンチボディボードブームはやって来るのでしょうか。





スポンサードリンク



posted by CYL at 08:00 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。