2017年06月01日

ワールドビジネスサテライト|給与日払いサービス開始

24341487fc26056fffcdb77bc2e8c468_s.jpg


ワールドビジネスサテライト|
給与日払いサービス開始"エニグマペイ”



今、人材不足が叫ばれている中で、ある条件を設定するとその求人応募数が約3.7倍になるという条件があります。その条件とは、給与の日払いです。

6月1日から日払い給与サービスの提供をはじめるエニグマペイにはすでに4社が導入することが決まっています。

エニグマペイの仕組み
導入企業負担は軽い

エニグマペイの良いところは日払い給与サービスを導入するに当たって導入企業側の負担がないというところです。原宿にある雑貨屋を経営する和心は従業員400人のうち7割がアルバイトです。人材の採用に苦労をしているという和心の若槻執行役員は、エニグマペイの導入にあたって社内の業務はそのままで従業員が日払いのサービスを受けられることが良いと語ります。

料金は従業員が手数料負担
エニグマペイのシステムは、アルバイトがエニグマペイに日払いを申請することで、エニグマペイから給与が支払われます。アルバイトは利用料として申請額の6%と100円をエニグマペイに支払うというものです。

具体的に計算して見ましょう。例えば、1日1万円のアルバイトを2日行ったとします。2万円のうち1万円の支払いを申請した場合、アルバイトの手取りは、700円のシステム手数料を引かれ、9300円となります。

エニグマペイの小口COOは、最短で当日申請、当日振込が可能だと語ります。アルバイトスタッフに日払い制度で働きやすくなるかと問いかけると、「やる気がでる」という回答が返ってきました。

筆者感想
マシュマロ実験という子供時代の自制心と、将来の社会的成果の関連性を調査した有名な実験があります。4歳の子供の前にマシュマロを置いて、15分間食べるのを我慢したらもう一つマシュマロがもらえるという実験ですが、15分間我慢できた子供の方が、大学適正試験の結果が高いということがわかり、子供時代はIQよりも自制心の強さがテストの点数に影響を与えることがわかった。

給与日払いサービスは、すぐにもらえるというメリットがありますが、給与の手取り総額としては手数料分が減額されてしまいます。マシュマロ実験のように、待てば倍になるわけではありませんが、1ヶ月待ってもらうと減額無しでもらえる訳ですが、果たしてアルバイトフタッフはどのようにこの日払いサービスを捉えるのでしょうか。企業側にとっては人手不足解消の一手となり得る可能性を秘めている給与日払いサービス、今後の企業の導入動向に注視したいと思います。

a9ea92e3f0166745c6fb852753cb69f3_s.jpg



スポンサードリンク



posted by CYL at 08:00 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。