2017年05月21日

がっちりマンデー|おらが県こそ輝くNo1山梨県

54816ea13d51a216ab34bf14dbee2e07_s.jpg


がっちりマンデー|
おらが県こそ輝くNo1山梨県



一見地味に見える県にも実は日本一のモノがあります。今回は、富士山のお膝元の山梨県にスポットライトを当ててみましょう!どんな日本一があるのでしょうか?山梨県のご案内は山梨県知事の後藤斎知事です!

トピックス
巨大工場で作られる日本一とは?
男性会社員が身につけるモノの日本一



596cae45ec369dc92b2bccca5105498f_s.jpg


山梨県の日本一|ミネラルウォーター生産
山梨県のミネラルウォーターの年間生産量は、静岡県の53万キロリットルに大差をつけて、142万キロリットルとダントツの日本一を誇ります。サントリー南アルプス天然水、コカコーラのいろはすをはじめ、県内には100社以上のミネラルウォーターメーカーがあります。

なぜ山梨に?
なぜ山梨県にはミネラルウォーターメーカーが多いのでしょうか?その理由は2つあります。一つは、南アルプスの地下水と富士山の地下水があることです。もう一つは、消費地である東京の隣という立地にあります。ミネラルウォーターは、重くてかさばりやすいため、生産地はできるだけ消費地に近い方が良いという訳です。


山梨県の日本一|巻上げ機
山梨県中巨摩郡昭和町にある株式会社キトーは、東京ドーム3.5個分もの巨大な工場で、巻上げ機を作っています。巻上げ機はモーターを使って重いものを工場内で運搬するために使用される工場では欠かせない機械の一つです。キトーは1932年創業の巻上げ機の国内トップメーカーです。その国内シェアは60%を誇ります。

なぜ山梨に?
キトーの創業は東京大森の地でしたが、事業拡大を目的に用地を探しました。当時、中央自動車道の東京ー山梨間の開通により企業の工場が続々と山梨県へと進出していました。それらの工場への需要を取り込むために、キトーも山梨県へと進出したのです。キトーの他にも工場用機械の製造メーカーの多くが山梨県にはあります。例えば、産業用ロボットの国内トップメーカーのファナックも本社は山梨県にあります。

4677618469bc287b74207c3dcb5cfd2f_s.jpg


山梨県の日本一|日本ワイン出荷額
山梨県は日本一のぶどうの産地ということで、国内のぶどうで作られる日本ワインの年間出荷額で日本一を誇ります。その出荷額は、2位の栃木県の76億円を遥かに上回る138億円となっています。

なぜ山梨県が?
山梨県甲府市勝沼の勝沼ぶどうは、平安時代から作られている県の特産品で、明治中期にはワインづくりが始まりました。

山梨県北杜市明野町にある中央葡萄酒は、創業から90年以上の歴史がある日本ワインの老舗メーカーとして知られています。中央葡萄酒の三澤茂計社長は日本では行われていなかったぶどうの栽培法で「キュヴェ三澤明野甲州」を作り出しました。その結果、ワイン専門誌「デキャンタ」ワインコンクールで日本初の金賞を受賞しました。

三澤社長は、日本で初めてとなるぶどうの垣根栽培を行いました。垣根栽培はぶどうの木が大きくならないように枝の9割りをカットすることでぶどうの実の糖度を上げます。ただ、収穫量が普通に栽培した時に比べて2割ほど減ってしまうために日本の農家では敬遠されていました。そこで、三澤さんは農家がやらないのならと自らで土地を購入し、ぶどうの垣根栽培を始めたのです。

1c5cad5d58098f6c97d1a5a740610f10_s.jpg


山梨県の日本一|ネクタイ用の生地
山崎織物株式会社は、ネクタイ生地の国内シェア47%を誇り、年間12万本分のネクタイ記事を生産しています。

なぜ山梨県で?
山崎織物がある山梨県南都留郡西桂町は、富士山の溶岩が流れた後にできた町で耕作面積が狭いため、江戸時代にお代官様が、地域産業振興に力を入れた結果、甲斐絹(かいき)という生地が江戸に出荷されるようになりました。甲斐絹は、細く滑らかな絹糸で織られた高級生地で、美しくきめ細やかな絵柄が特徴とあって、江戸時代には羽織の裏地や座布団に使われていました。

明治時代に入ると着物から洋服へと人々の服装が変化し、締めやすさが求められるネクタイの生地には絹が最適として、甲斐絹づくりで培った技術を応用し、ネクタイの柄やデザインに活かしたのです。また、糸を染めるために大量の水が必要となりますが、山梨には豊富な富士山の湧水があるため、織物が根付いたのです。



スポンサードリンク



posted by CYL at 10:01 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする