2017年04月30日

がっちりマンデー|連続増収なのに知らない会社

01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_s.jpg


がっちりマンデー|
連続増収なのに知らない会社


ライバル会社との競争や流行の変化、景気の波を乗り越えて連続増収(会社の売り上げが毎年増え続けること)を続けている会社があります。ロート製薬やサイゼリアなど有名な会社の一方で、世間一般にはあまり知られていない会社があります。そんなまだ無名だけれど何年も連続増収の会社の儲かりの秘密に迫ります!

本日のトピックス
30年連続増収の驚異的スーパー
奥様方のハートをがっちり18年連続増収
夕食時はガラガラだけど18年連続増収


ゲストの経済評論家の森永卓郎氏は連続増収の会社には2つのタイプがあると指摘します。一つは、ビジネスの軸がブレない会社、もう一つは世の中に合わせて変える会社だと言います。


大黒天物産株式会社
30年連続増収の驚異のスーパー

岡山県倉敷市にある大黒天物産株式会社は、東証一部上場のデスカウントスーパーを展開している会社です。ディオやラ・ムーなどの24時間営業のスーパーを中国、四国地方を中心に111店舗を展開しています。

大黒天物産は、創業以来30年連続で増収増益を続けています。創業時3億円だった売り上げは、16年目で100億円を超え、27年目で1000億円、30年目に1452億円にまで売り上げを毎年伸ばしてきました。

商品を絞り込む!
店内を覗いて見ると大黒天の自社開発商品のコーヒーは25円、オリジナル弁当は198円、さらにスーパーの外ある店舗で販売されているたこ焼きが100円とどれも超破格のお値段で販売されています。激安価格の裏にあるのは、商品数の絞り込み戦略です。

商品数を絞り込むことで大量仕入れで仕入れ価格を低く抑えているのです。例えば、インスタント麺のサッポロ一番は、塩味と味噌味のみの販売で醤油味は店頭にありません。売れている個数や在庫日数、値段などデータを分析して売り上げが低い商品を「売らない」ことで商品を絞り込んでいます。

コスト意識の徹底
また、自社商品開発においても価格へのこだわりは徹底しています。例えば、自社商品開発されたヨーグルトには、蓋がついていません。蓋の製造コスト5円を削減することでその分安く提供することが可能となり、500gのヨーグルトを98円で提供されています。


81d2e426c51689a3d6893b4208f8a07e_s.jpg


株式会社タイセイ
奥様方のハートをがっちり

大分県津久見市にある株式会社タイセイは、お菓子屋さんが使用する包装資材や製菓材料を扱っている会社です。創業時1400万円だった売り上げは、11年目で20億円、18年目には48億5000万円へと飛躍を続けてきました。

豊富な品揃え/小分け販売スタイル
儲かりの秘密の一つが、豊富な品揃えです。ケーキについている透明のフィルムやマフィン用のカップと言った一般的な商品から、メロンパンの網目模様をつけるための小道具のようなマニアックな商品まで、その商品点数は約3万点を誇ります。また、もう一つの儲かりの秘密が、小分け販売です。一般的に包装資材や製菓材料は、大量ケースや大袋での販売されていますが、タイセイは、単価11円のプリンの瓶のフタでさえ、1つから販売をしています。

一般的に街のケーキ屋さんは新商品を次々と少しずつ販売していくスタイルをとっていることが多く、小分け販売をしているタイセイであれば、無駄なく様々なケースや容器を試せるということで多くの支持を得ているのです。

売り上げの6割は個人
18年連続増収を続けて来たタイセイですが、連続記録が途絶える危機がありました。それは2010年のコンビニスウィーツブームです。ブームの影で小さなお菓子屋さんが次々と閉店して行ったのです。その影響を受けたタイセイは、新たな顧客開拓に乗り出したのです。

そこでターゲットに狙いを定めたのは、趣味でお菓子作りをしている奥様たちです。通販サイト「コッタ」を立ち上げ、奥様たちが気軽に商品を購入できるようにしました。今では売り上げの6割以上が個人で、通販サイトの登録会員数はなんと45万人に達しているのです。


fcf3d0f6f56217fa3eda10c0a384458b_s.jpg


株式会社ハブ
2次会、3次会はお任せあれ

東京都千代田区にある株式会社ハブは、英国風をコンセプトとしたHUBをチェーン展開している会社です。創業時7億3000万円だった売り上げは、18年連続増収を続け95億円と大台も間近に迫る勢いです。

そんなHUBの儲かりの秘密は、飲食店が混雑する夜7時から9時の夕食時に勝負をしないということです。つまり、HUBの勝負時は、夕方と夜9時以降の2次会や3次会となります。

2次会や3次会となるとお酒を飲める量に個人差が生まれます。HUBではキャッシュオンデリバリーシステム(前払い制)を採用しているので、気軽に飲めて不公平な割り勘にはならないこともHUBが支持を得ている理由の一つです。

また、ドリンクメニュー8に対してフードメニュー2の割合となっているのも、HUBの特徴であり儲かりの秘密の一つです。フードメニューの品数をグッと抑えて、さらに他店と競争の激しいフードメニューで勝負をしないという方針で、商品はアルバイトの人でも調理可能な商品とし、コックさんを雇う必要がないようにすることで、人件費を抑え、その分安く商品を提供しています。

さらに、英国風パブ一本という経営理念に掲げブレないスタイルでお客さんの支持を集め、18年連続増収を続けてきました。


スポンサードリンク



posted by CYL at 09:37 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする