2017年03月26日

がっちりマンデー オリエンタルランド

145819822873180cd3ef94d9e9c80932_s.jpg


がっちりマンデー
オリエンタルランドの
がっちりの秘密に迫る



来場者の7割は関東から
東京ディズニーランドの年間入場者数は1983年の開園以来、右肩上がりを続け、2015年度は3019万人と開園当時に比べると約3倍の入場者数となっていますが、入場者数が増え続けているおおきな理由はご近所さんにあります。

来場者の地域別来園者比率を見てみると関東からやってくるひとが全体の67パーセントを占めています。しかもリピーターが多いのです。つまり、何度来てもリピーターを飽きさせないような仕組みがあります。季節ごとのイベントやジャングルクルーズではどの船長の船に乗るかで案内が変わってきます。

さらに来年者の滞在時間は、アトラクションなどを増やすことで、開園当初6時間でしたがいまでは平均滞在時間は9時間となっています。


ヒットを生み出す新商品開発会議
オリエンタルランドでは年間販売アイテム数2000点を販売していますが、その一方で年間5000点以上の新商品開発を行っているのです。その効果は、開園当初、一人当たりの平均グッズ売上は2700円でしたが、2015年度は3964円と約1.5倍に伸びていることからもわかります。

また、グッズが売れる大きなきっかけとなるのが、他のお客さんが身につけているグッズを見ることだといいます。SNSなどでアップされることによって、いかに多くの人の目に触れるようにすることもひとつのポイントとなっているようです。

eff60dc6e7f134a8ca32fec47d974c16_s.jpg


待ち時間を短くする工夫
例えば、人気アトラクションのセンターオブジアースでは、2名のお客と3名以上のお客を違う列に振り分けることで空席の発生を未然に防いでいます。空席を防ぐことで待ち時間の短縮に繋がるのです。行列の待ち時間が減ることでお客さんの疲れも軽減でき、たくさんのアトラクションを回ることができます。その結果、お客さんの満足度を高まるだけでなく、買い物や食事へと繋がるのです。

スポンサードリンク



posted by CYL at 09:55 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする