2017年03月19日

がっちりマンデー 儲かる雑用ビジネス

d96d41284af0c85ee22842fb61dd3329_s.jpg


がっちりマンデー
儲かる雑用ビジネス
ロボットvs人間



ABBジャパン
限りなく人間に近いロボット「YuMi」

親会社のABBは本社をスイスに置く世界4大ロボットメーカーのひとつで、年商はおよそ3兆8千億円の大企業です。ABBが開発したのは、限りなく人間に近いロボット「YuMi」です。

これまで働くロボットといえば工場の産業用ロボットでしたが、大きくて危険ということで、ロボットは柵に囲まれて人間が近づけないようになっていました。ところが、YuMiは樹脂製で安全、小型軽量のため人の隣で作業をすることでできるのです。また、これまでと違うのは、家庭用の電源で稼働するということです。いつでも、どこでも、だれでも使えるのがYuMiなのです。

そして1番の特徴は、作業を教えることが簡単だということです。従来のロボットは、専門家によるプログラミング作業が必要でしたが、YuMiは直接人が触れて動かしながら教えることができるのです。

人間なら単純で飽きてしまう作業を繰り返し休みなく正確に行うYuMiが実際に働いているのが、飲食店のリンガーハットです。YuMiが行なっているのは、包んだ餃子をケースに移す作業です。心配なのは、YuMiのせいでリストラをされるひとが出てしまうのではないかという懸念がありますが、単純な作業をロボットに任せることで人間はより複雑な仕事により多くの時間を費やすことができるようになるといいます。人間とロボットでうまく仕事を分担することで効率がアップに繋がるのです。

外観けんた君
YuMiのお腹におおきな目をつけたロボットが外観けんた君です。製品の汚れや傷をチェックする外観検査をするロボットシステムです。

高齢化が進む現代では、今後、高齢化により労働者を集められなくなることが予測されます。そのため、人をロボットに置き換えるのではなく、人不足によりできない仕事をロボットが代わりに行うということがこれからのモノづくりの現場で起きてくるのではないかと担当者は語ります。

気になるYuMiのお値段は700万円。それでも様々な現場から問い合わせが殺到しているといいます。

08d0ddb245c6178b777de5456840a9de_s.jpg


RPA TECHNOLOGIES
ソフトウェアロボットBizRobo(ビズロボ)

港区赤坂にあるRPA TECHNOLOGIESは新しいロボットで話題の会社です。年商10億円のRPAが誇るロボットが、BizRobo(ビズロボ)です。「こんなのやりたくない」と人間が思うような雑用や事務処理をミスなくなってくれます。

ビズロボはパソコンの中にあるソフトウェアロボットです。例えば、経理の雑用で、社員から交通費の申請があった時に、金額が合っているかひとつひとつ経路を調べてチェックする作業は、単純ですが手間と時間がかかる作業です。それをビズロボが24時間365日休まずにやってくれます。20件の交通費申請がならば約30秒で作業は完了します。さらに金額が合っているか否かをチェックするだけでなく、それらのデータをワードやエクセルを使って同時にまとめてくれます。

ビズロボの利用目的は、繰り返しが多いルーチンワークをビズロボが行うことで、本来やらなければいけないこと、やりたいことに人間が集中することができる環境をつくることにあります。そして、その結果、会社としての付加価値を上げることに繋がるという訳です。

株式会社タスクールPLUS
レンタルオフィス&社員


オフィスだけでなく社員もレンタル
レンタル社員は、、、、
請求書、領収書、書類のコピー等の雑用を行う

スポンサードリンク



posted by CYL at 09:11 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする