2017年03月12日

がっちりマンデー|儲かる村立・町立ビジネス

542f3c6fe2da0c086bec32c757a47d41_s.jpg


がっちりマンデー 
儲かる村立、町立ビジネス




島根県邑南町(おおなん)
里山イタリアンレストラン
「AJIKURA(アジクラ)」

島根県の中央部に位置する邑南町は、人口は1万1千人で、そのうち42%が65歳以上の高齢者と、全国の地方自治体が抱える課題である高齢化と過疎が課題となっている自治体の一つです。

高齢化と過疎化対策のために、邑南町では町立の里山イタリアレストラン「AJIKURA(アジクラ)」を作りました。あるお客さんに聞くと愛知県から新幹線を利用りして3時間をかけてやってきたと言います。アジクラの年間来店者数は5000人から6000人で、8割は町外からのお客さんとなっています。

アジクラは予約制でコース料理を提供しています。客単価はランチでも約4000円と少し高めですが、95%以上の食材が邑南町の食材とあって新鮮です。邑南町は、昔から農業や酪農が盛んな土地で、チョウザメを養殖してキャビアを商品化も行っています。

89313923563b3903afd65c0385df058d_s.jpg


耕すシェフの研修制度
邑南町では、全国から飲食店の起業を目指す人を募集し、調理技術や経営ノウハウを3年間「AJIKURA(アジクラ)」で研修する制度を設けています。研修制度には農家さんによる野菜の栽培法のレクチャーも含まれています。さらに研修期間中は月額16万7000円の給料支給の特典付きです。ただし、応募には邑南町で起業を目指すことが条件となっています。そんな耕すシェフの研修制度を利用後、村へ移住した人は約240人でその経済効果は3億円というから驚きです。


栃木県茂木町(もてぎ)
有機物リサイクルセンター美土里(みどり)館


栃木県茂木町は1万3千人が暮らす小さな町です。町の山に行って見るとおじいさんの集団が落ち葉を集めていました。茂木町では山の落ち葉の買取を行ってます。買い取った落ち葉は、町が作った有機物リサイクルセンター美土里(みどり)館で利用されます。

美土里(みどり)館では、生ゴミや牛糞などと落ち葉を混ぜ合わせ”たい肥”を製造してます。製造されたたい肥は”美土里たい肥”として10キロ500円で販売されており、作れば売れる人気商品となっています。

”美土里たい肥”は、特に栃木県の農家さんに大人気です。500キロをまとめ買いしたニラ農家さんに話を伺うと良いたい肥がないとよい野菜ができないといいます。栃木の野菜づくりには栃木のたい肥が最適で、栃木の環境に適した菌が野菜を美味しくするといいます。

美土里たい肥を使って栽培された野菜は、美土里シールが貼られ道の駅で販売されています。道の駅で買い物している人に話を聞くと、美土里シールが貼られた野菜は新鮮で甘みがあると語ります。美土里たい肥には、年間売り上げ(1200万円)による収益の他、経費削減効果があります。

平成11年に法改正で牛糞を畑に撒くことことができなくなり牛糞処理が酪農家の負担となっていました。牛糞処理には数千万円かかることもあるそうですが、美登里館を作ることで諸々の費用8000万円の削減に成功したのです。

ab51a25d8ccc77f791d6d3664dc70273_s.jpg


北海道音威子府村(おといねっぷ)
北海道おといねっぷ美術工芸高等学校

音威子府村は、人口は約800人と北海道で一番小さな自治体です。音威子府村にある村立北海道おといねっぷ美術工芸高等学校(通称おとこう)には、全国から生徒がやってきます。全生徒数115名全てが音威子府村以外の出身です。

おといねっぷ美術工芸高等学校は、もともと普通科の高校でしたが、昭和50年代に生徒が1桁に減少し廃校の危機に直面し、そこで町が考えたのがどこにも真似できない高校を作って全国から生徒を集めることでした。

生徒は全て学校の近くにある寮で3年間侵食を共にします。生徒はすべて音威子府村に住民登録していますので、全人口800人の内、約2割は生徒、教職員を含めた学校関係者となります。まさに学校と共に成り立っている村だと言えます。

音威子府村にはコンビニが1件あるだけで、ゲームセンターもカラオケもありません。何もない環境だからこそ都会とは違って静かな環境でじっくりと作品制作に打ち込めることは、芸術家の卵たちにとっては良い環境となります。

スポンサードリンク



posted by CYL at 09:00 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする