2017年02月26日

がっちりマンデー|東京進出ヘルパー

fa94ef5bf20f56e369116d224a1427ff_s.jpg


がっちりマンデー|東京進出ヘルパー


地方のメーカーが東京に進出するのは大変です。そんな中、地方のメーカーの東京進出をお手伝いしてくれる会社があります。今回はそんな東京進出ヘルパーをご紹介いたします。


生産者直売のれん会
駅ナカ販売ヘルパー

駅ナカで地方の中小食品メーカーの商品を販売しているのが、生産者直売のれん会です。駅の構内でしばしば目にする1坪ほどの小さな売り場をのれん会が手がけています。

地方のメーカーが東京でお店をつくって販売をすることは大変です。そこでのれん会では、地方のメーカーから商品を買い取って東京で販売しているのです。メーカーは、商品を卸すだけで東京進出ができます。

のれん会の売り場がある駅ナカの家賃は、売り上げの金額に応じて変わる歩合制となっています。商品が売れなければ家賃が安くなるので出店のリスクは比較的少ないのです。また、駅構内でポスターや看板などの広告を出そうとすると高い費用がかかりますが、1坪ショップという形で出店し、お店に広告を貼っても当然無料です。

このように地方のメーカーは、商品を卸すだけなのでリスクなしで東京進出が可能なのです。

関連記事
ガイアの夜明け|ご当地ブランド売り出します


90ff3cc3b8a675e40121f92b1e2a129e_s.jpg


リードエグジビションジャパン
展示会を開催してヘルプ

日本全国で年間173本もの展示会を仕切っているのがリードエグジビションジャパンです。地方の中小企業は自らで充分な販路を持っていないことが多いため、大きな展示会への出展は大きなチャンスになります。

地方の中小企業が東京の企業を1社ずつ営業することは、手間、時間、経費がかかりますが、展示会には10万人のバイヤーがあつまります。ある中小企業は3日間の展示会会期中に約500人と名刺交換ができると語ります。超効率的な売り込みのチャンスなのです。しかも、人数が多いだけではありません。来場者の中には予算や権限をもった”偉い人”が多いため、すぐに仕事に直結するケースが多いといいます。それらの偉い人に来場してもらうためにリードエグジビションは、1件1件直接訪問をして来場を依頼しています。

リードエグジビションの売り上げは、ブース出展料です。しかし、ただ単に場所を貸すだけではなく、展示会出展に不慣れ会社には、出展に関するアドバイスを行っています。たとえば、商品をPRするパネルの文字が小さく来場者には見えないので文字を大きくするなど、出展ブースの改善ポイントをアドバイスしてくれます。

また、来場者と立ち話をしていた出展者には、商談席に座って説明することを助言しました。商談席に案内することで相手も話しをじっくり聞いてくれることになり、契約成立の確率がアップするといいます。

リードエグジビションジャパンは、展示会を開催することで充分な販路を持たない中小企業メーカーの東京進出の
お手伝いをしてくれる会社です。


スポンサードリンク



posted by CYL at 09:32 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする