2017年02月19日

オイコノミア 兄弟姉妹の経済学

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s.jpg


オイコノミア
兄弟姉妹の経済学



生まれ順で特性が違う?
兄弟姉妹の中で、よく一番上はしっかり者であるなどと言われますが、経済学の観点から兄弟姉妹を見た場合はどうなるのでしょうか。大阪大学の大竹教授は、生まれ順による特性を経済学から研究をしています。大竹先生によると、兄弟姉妹の生まれ順による特性の一つとして、「姉をもった男性は競争的報酬を好まない」ということを挙げています。

この結果はある実験から導き出されました。実験で4人に迷路を解いてもらい、事前に2つの報酬の渡し方を提示し選んでもらいました。一つ目は正解数に応じて報酬を支払う出来高制です。もうひとつは、4人の中でも最も正解が多かった一人だけに出来高制給の4倍の報酬を支払う方法です。

実験の結果わかったことは、姉を持つ男性は競争を避けて確実に報酬をもらえる方法を選ぶということでした。一方で、兄弟・姉妹のように同性同士では競争を嫌わないこともわかっています。また、弟を持った女性は、妹を持った女性に比べて競争好きで自信がある、姉を持った男性は、優しく協調性の性格を持つ傾向があると言われています。

競争がお互いを高める
意識や能力の高い人や集団と切磋琢磨しお互いを高め合うことをピア効果といいます。近畿大学の研究では、水泳の選手はひとりで泳ぐ時より両側のレーンに競争相手がいるときの方が好タイムが出るということがわかっています。

兄弟姉妹は、お互いに長い時間を一緒に過ごすために、ピア効果は大きくなります。ピア効果には、正のピア効果と負のピア効果があります。先の水泳の例は正のピア効果ですが、一方であまり努力をしない兄弟姉妹がいると他の兄弟姉妹も努力しなくなるというような負のピア効果も存在します。

0903c7a724e7fc4793431245cf0f6ccb_s.jpg


行動遺伝学から読み解く
兄弟姉妹


兄弟姉妹の性格が形成される要因は大きく分けて2つあります。遺伝的要因と環境的要因です。人格形成などに遺伝がどの程度影響しているのかを行動遺伝学の観点から研究をしている慶應義塾大学の安藤寿康教授によると、2つの要因が人格形成に影響を及ぼす割合は、半々だといいます。

例えば、パーソナリティ(外交性や神経質さ)は40%が遺伝の影響で、知能や学力は遺伝の影響が高く50%から60%くらいだと安藤教授は語ります。顔形だけでなく人間の行動や心の動きは、教育や自分のトレーニングによって作られていると皆が信じていますが、実は遺伝の影響を大きく受けていると言えます。

ひとりっ子政策の影響
1979年から中国では人口増加を抑えるためにひとりっ子政策が始まりました。ひとりっ子政策が始まった1979年前後に北京で生まれたひとりっ子と兄弟のいる男女400人を対象にした調査があります。

調査の内容は次のような形です。まずAさんは1万円を受け取ります。1万円の中からいくらかをCさんに預けるとその3倍の金額がBさんに手渡されます。Bさんは手渡された金額のうち、いくらかをAさんに手渡します。

この調査は「信頼ゲーム」と呼ばれ、相手をどれだけ信頼するかがわかります。Aさんの信頼する気持ちが強ければ、もらった1万円を全て預けることでBさんは3万円を手にします。それを2等分すると、それぞれが15000円ずつを手にし、お互いの利益が最大となります。相手を信頼する気持ちがなければ、決してお互いの利益が最大になることはありません。

この信頼ゲームを中国のひとりっ子に行ったところ、他人への信頼感が少なく、リスクをとることもまた少ないことがわかりました。ただし、中国の場合は、ひとりっ子政策のため、周りも全てひとりっ子という特殊な状況であったことを鑑みるとこの結果が、日本のひとりっ子にも当てはまるかというと疑問の余地が残ります。

スポンサードリンク



posted by CYL at 23:00 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする