2017年02月19日

ガッチリマンデー「ウチ、これだけは国内生産です」

0fdd457584c20d9d7094ec49b0068673_s.jpg


がっちりマンデー
新企画「ウチ、これだけは国内生産です」


楽器メーカーのヤマハ(YAMAHA)
高級楽器は国内生産


世界一の総合楽器メーカー「ヤマハ(YAMAHA)」は、お手軽な値段のスタンダード楽器は、中国やインドネシアで製造をしていますが、高級楽器だけは国内で生産をしています。

静岡にある豊岡工場では、木管楽器のフルートとサックス、金管楽器のトランペットとホルンを製造しています。豊岡工場で生産される楽器が高級な理由は2つあります。それは素材に純金や純銀を使用していることと手作りで製造されていることです。

たとえば、サックスの音色を決める朝顔と呼ばれる部分を作るために行われるハンマリングという作業があります。中国の工場では2枚の金属板を溶接して機械で成型を行いますが、豊岡工場では1枚の板を溶接して木槌で叩いて成型を行います。溶接箇所が少ないことで音色が安定するといいます。さらに金属の中の不純物が取り除かれて硬くなり音の跳ね返りが良くなるのです。

c7d0b216253729f0dad7ca403c6ab494_s.jpg


また、楽器づくりには音の正確性も重要な要素です。フルートの音孔という穴をキイという蓋で塞いで音を出しますが、少しでも隙間があると息が漏れてしまうと音程がズレてしまいます。そこでフィラゲージと呼ばれる器具を使って息漏れをチェックします。隙間が見つかると厚さ0.01mm-0.05mmのプラスチック製の台紙を隙間に入れて息漏れがないように繊細な調整を行います。

ヤマハ吹奏楽団員が最終チェック
ヤマハ(YAMAHA)が高級楽器を国内で作る大きな理由があります。ヤマハ吹奏楽団という全国吹奏楽コンクールで33回連続で金賞を獲得した楽団で実際に楽器を演奏する演者が楽器の最終チェックを行っています。完成した楽器を奏者が実際にチェックすることで僅かな違いを調整することができるのです。

ヤマハ(YAMAHA)は楽器だけで年間売り上げ2789億円とガッチリ儲かっています。


1839251a0d9d9641ab2a7d3564869b72_s.jpg


富士通
パソコンは国内生産


富士通の家電製品は、富士通ゼネラルという会社が日本で企画・設計をして海外で製造を行っています。一方でパソコンだけはほぼ100%、日本国内で製造しています。中でもノート型パソコンは島根県出雲市にある島根富士通が製造しています。(デスクトップ型は福島県で製造)

島根富士通の特徴は、製造されるパソコンの約90%が企業向けということです。企業向けとは、スーパーの在庫管理や病院のカルテ管理など職場で使用されるパソコンやタブレット端末のことです。それぞれの用途にあったカスタマイズが必要になります。そこで、富士通の強みであるオリジナルパソコン製造技術が活きてきます。

例えば、キーボードの配列を変えたり、パソコンのボディーに社名を入れたり、細かい要望に柔軟に対応することが可能です。

また、同じ生産ラインにさまざまメーカーのパソコン・タブレットを混在して流すことでできるのです。その背景には、日本では雇用を長く保つことでできるため、作業者の作業習熟度を上げることができるといいます。島根富士通では現在の生産体制を10年をかけて築いてきたといいます。生産性は10年前と比較すると倍になったそうです。


フレックスジャパン
オーダーシャツ


長野県千曲市にあるワイシャツメーカーのフレックスジャパンでは、オーダーシャツを国内生産しています。98%はミャンマー、インドネシア、バングラディシュなどの海外で製造していますが、残りの2%を国内で生産しています。

フレックスジャパンのオーダーシャツ部門に欠かせない存在となっているのが85歳の山口道子さんです。その高い縫製技術を後進に伝えるためにいまも現役で働いています。山口さんの仕事のメインは技術指導ですが、いまでも高い技術を必要とする工程で山口さんの出番がやってきます。

スポンサードリンク



posted by CYL at 09:46 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする