2017年02月05日

がっちりマンデー 儲かる!「地味」チェンジ

4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s.jpg


がっちりマンデー
儲かる地味チェンジ

オリジン弁当から
キッチンオリジンへ


地味チェンジのきかっけは、来客数が1%から2%ずつ毎年減少していたことにありました。その主な原因は女性客の減少でした。そこで女性客を引くつけるための細かい地味チェンジをはじめたのです。

まずは店名と看板を変更しました。店名は社内でもダサいと言われていたオリジン弁当からキッチンオリジンへ。オシャレな内装に変更し、気軽に食べられるイートインスペースを設置しました。

さらに、少量でもたくさんの種類の惣菜を食べたいという女性客のニーズにあわせて惣菜の棚を2段から3段に増やしました。また、皿の幅を20cmから15cmにして惣菜の種類を増やしたのです。

かつては狭かった通路を広くすることでベビーカーでもすれ違いができるようになりました。

これらの地味チェンジをしたことで来客数は平均でチェンジ前に比べて20%増加したといいます。

オリジン弁当が3年前からはじめた地味チェンジは、全国484店舗中約半分がチェンジ完了で、あと2年で全店舗のチェンジを目指しています。

226519a67e052d14102dfe1db8011a90_s.jpg


カレーハウスCoCo壱番屋
喫茶店ぽく地味チェンジ


飲食店経営のポイントの一つに回転率があります。回転率をあげるためにはお客さんの滞在時間が短い方が良いのですが、CoCo壱番屋の戦略はその逆を行きます。できるだけお客さんに長居をしてもらうための地味チェンジを行なっています。

喫茶店のような店舗への地味チェンジです。例えば、マンガの本棚を設置したり、100円のコーヒーマシンや各席にコンセントを設置して、お客さんが食事が終わった後も長居をしてもらえるような工夫を行なっていますが、長居をされたら回転率も低下してお店の経営にはマイナスではないのでしょうか。

実はこれまでの店舗ではランチやディナー以外の時間帯は閑古鳥が泣いていたと言います。それを解決するためにお客さんに長居をしてもらってガラガラの入りにくい雰囲気をお客さんがいることで入りやすくするようにするためというのがCoCo壱番屋が喫茶店ぽい店舗への地味チェンジを始めたきっかけです。

12年前からはじめた地味チェンジは国内のほとんどの店舗が完了し、実際に地味チェンジした店舗の来客数は9%増加したといいます。


メガネスーパー
中高年をターゲットに
眼鏡屋から眼の全体のケアの店に地味チェンジをしました。安くてオシャレなメガネを提供する若者向けのメガネチェーン店の登場で一時はその価格競争に巻き込まれ経営赤字となったメガネスーパー。

今はターゲットを若者から中高年にターゲットを絞り地味チェンジを行なっています。老眼が年々進む中高年には目全体のケアが必要となります。目の検査も通常は15分程度ですが1時間をかけて様々な観点から検査を行い一人一人にぴったりとあったメガネを提供することが目的です。

目のケアに人一倍気を使う中高年の方々には値段よりも目全体のケアを求めているようです。


ミスターミニット
サービスのちょい足し

駅などで見かける靴の修理と合鍵づくりのチェーン店が行う地味チェンジ、それは時計の電位交換サービス
スマホの画面交換サービス、ハンコづくりのサービスを追加したことです。

その結果、昨年度の売り上げは前年比108%アップと過去20年間で最大の伸び率を記録しました。


スポンサードリンク



posted by CYL at 09:10 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする