2017年01月08日

ワールドビジネスサテライト|シェールガス日本への影響

d37ab2ec8de0d97849ee8fad45927831_s.jpg


ワールドビジネスサテライト
トランプ氏に揺れる日本、
シェールガス日本への影響


6日、新潟県上越市の上越火力発電所に、アメリカ産のシェールガスから作った液化天然ガス(LNG)が到着しました。アメリカ産のシェールガスの日本への輸入第1号となります。

輸入を行なったのは、東京電力と中部電力の出資で設立されたJERAです。今後は、東京電力管内の火力発電所への輸入も検討されていると言います。

シェールガスとは従来の天然ガスより深いシェール層に滞留するガスで2006年以降、掘削技術の向上などによりアメリカで生産が本格化しました。天然ガスの輸入国であったアメリカは、輸出国へのと変貌を遂げました。

このシェールガスの生産増加はトランプ次期米大統領が進めようとしている政策の一つなのです。トランプ氏はアメリカ国内でエネルギー資源を安く使うことができれば、電気代やガス代が下がり、アメリカ企業の生産拠点を国内に取り戻せるとして、天然ガスやオイルの採掘に積極的な姿勢を見せています。これまでの環境悪化の懸念から採掘地域を限定するなどの規制を強化しましたオバマ大統領の政策とは対照的です。

現在の日本の液化天然ガス(LNG)の輸出は主に中東に依存しています。中東のLNGの価格は原油価格と連動していることから価格の変動が大きいことが一つの特徴となっています。一方で、アメリカ産のLNGは、原油価格と連動していないことからその価格は比較的安定しているというメリットがあります。

ただ、これまで原油や天然ガスなどのエネルギー資源を中東からまかなってきたアメリカが、エネルギー資源を自国でまかなえるようになった場合、これまでのように中東地域の安定化への関心が薄れてしまうことが懸念されています。

そうなった場合、エネルギー資源を中東地域に依存する日本にも影響が出る可能性があり、トランプ氏のエネルギー政策に注視する必要があります。

スポンサードリンク



posted by CYL at 09:46 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする