2017年01月07日

ワールドビジネスサテライト|世界最大の家電ショー「CES」

1ee7b92e6c26fd54d215d4473bc501b3_s.jpg


ワールドビジネスサテライト
世界最大の家電ショー「CES」



今年で50回を数える毎年恒例の世界最大の家電ショー「CES」が5日よりラスベガスで開催されます。昨年は17万人が訪れました。

これまでは新型テレビなどの発表の場として注目を集めていましたが、近年は、自動車メーカー及び関連メーカーの出展が年々増加しています。その背景には、電気自動車の普及やインターネットサービスとの連携が拡大していることがあるようです。

今回、初めての出展となる日産自動車のカルロス・ゴーン氏の基調講演も予定されています。


4日の開幕に先立ちメディアに公開されました発表会で、ひときわ注目を集めていたのが、トヨタ自動車のコンセプト・アイです。AI(人工知能)を搭載した車です。

人工知能が運転者の表情や動作などから感情や疲労の度合いを把握します。運転者が疲れているなど危険を察知した場合は自動運転に切り替えるなど人の心が理解できる車だと言います。

トヨタ自動車MS製品企画の岡部慎氏は「私たちの究極の目標はAI(人工知能)の技術で人を幸せにする車をつくること」と語ります。

かつて家電の祭典であったCESは、今や自動車メーカーがシノギを削る場となりつつあるようです。



スポンサードリンク



posted by CYL at 02:06 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする