2016年12月15日

オイコノミア|落語の経済学

232276346239ee27e910463bccd4b92d_s.jpg


オイコノミア|落語の経済学



落語「千両みかん」の経済学
落語の演目「千両みかん」から経済学が見えてきます。果たしてそれは一体どんなことでしょうか、探して見ましょう。

千両みかんとはこんなお話。
8月にみかんを食べたいと病に臥せった若旦那が言った。その父は息子のためを思い番頭さんにみかんを探すように頼んだ。ところがみかんは冬の果物だけに江戸中の八百屋をまわった番頭さんでしたが、みかんを見つけることができませんでした。

みかん問屋を訪れた番頭さん。みかんはあるがそのお値段は、、、なんと千両だというではありませんか。若旦那の願いを叶えるためには千両でも安いと若旦那の父は番頭さんに購入するように命じました。若旦那はみかんを美味しそうに食べ、残り3房を父、母に分けて、最後の一房は番頭さんへとみかんを手渡しました。みかん1つで千両ということは1房100文と考えた番頭さんはそのまま姿をくらませてしまったというお話です。

この千両みかんのお話を経済学の視点から見てみると2つの経済学用語が浮かび上がります。それは次の2つです。

1、使用価値
あるモノが「使う人にとって」どのくらい価値があるのか。
例:若旦那とそのお父さんには、みかんは千両の価値があった

2、交換価値
市場でほかの商品と交換できる客観的な価値
みかんには千両の交換価値はない
つまり、使用価値と交換価値はイコールではない。


5ae28ca760dccdfbc99c282f5ea6a968_s.jpg


落語「花見酒」の経済学
花見酒はこんな話です。
兄貴分と弟分の二人が花見の季節に酒を売ってひと儲けしようと考えました。二人は酒屋で2升のお酒を後払いで購入しました。酒を運ぶ途中で兄貴分は我慢できずに弟分に10文を払って一杯飲んでしまった。弟分はお金を払ってもらったので文句はありません。少しすると今度は弟分がお酒を飲みたくなってしまった。弟分は先ほど兄貴分からもらった10文を兄貴分に払って一杯飲んだ。お互いに10文をやり取りしながら続けていくうちにお酒は空になってしまいました。

この話から見えてくる経済学は
「共有地の悲劇」です。

共有地の悲劇とは
何人かで共有する資源をそれぞれが自由に使えると乱用して悪い結果になってしまう。
例:牧草地→牧草は食べ尽くされてしまう
うなぎ →取り放題→絶滅

ひとりが所有していれば大切に使うことになるが、共有地の悲劇は、”みんなのものは誰のものでもない”ということです。税金は共有地の悲劇の一例かも知れません。


6dcc885d3f1fbae641d11a13eb90aec4_s.jpg


落語界の仕組みを
経済学で考える


入門(弟子入り)しないとプロの落語家になれないのが落語の世界です。落語の世界には独特の階級があります。見習い→前座→二ツ目→真打ちという4段階の階級です。この階級は年功序列で約15年で真打ちに昇格するといいます。

落語界が徒弟制度になっているのには訳があります。経済用語の人的資本(人間が身につけている知識や技能を資本とみなすこと)は、さらに二つに分類することができます。一般的人的資本と特殊的人的資本です。落語は特殊的人的資源にあたり、教科書などに記述するのが難しいため、徒弟制度が今も続いているのです。

一般的人的資本
読み書き、計算、外国語など応用範囲の広い能力

特殊的人的資本
一部の専門的な職種でのみ力を発揮できる能力。
教科書などに記述するのが難しく徒弟制度が効果的だとされる。









スポンサードリンク



posted by CYL at 07:00 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする