2016年11月27日

がっちりマンデー|儲かる!黒船カンパニー

76fa665ecc65b0372d6d03f4c2da4179_s.jpg


がっちりマンデー|儲かる!黒船カンパニー

海外からやってきた驚きの黒船カンパニー
色々なお国の儲かりの秘密に迫ります!!


ロシアから上陸
悪いことをしようと思っている人を検知!

東京都品川区にあるエルシスジャパン(株)(ELSYS JAPAN)は、不審者の可能性が高い人を検知する防犯監視システム「ディフェンダーX」を販売している会社です。

ディフェンダーXはロシアで開発され、ロシアではすでにデパートや空港で導入されています。日本では今年の5月に開催されたG7伊勢志摩サミットで使用されました。

仕組みはヒトが発する振動
ディフェンダーXがすごいところは演技では反応しないことです。それもそのはず、ディフェンダーXは、人間が無意識に発する微妙な振動の場所や大きさを読み取り、緊張、ストレス、攻撃性など約50の感情に分析しているからです。そのため、演技では反応することはなく、”本気”でなければ反応しないのです。

ロシアならでは技術
ディフェンダーXに使用されている”振動を分析する”技術はロシアならでは技術です。ソ連時代からの膨大な映像資料からいままで約10万人の人体実験を行っており、研究開発をしたのはロシアだけだと代表取締役の山内氏は語ります。

もともとロシア政府が振動分析の研究開発を行っていましたが、約15年前に製品化するために政府と民間が手を組んでできたのがエルシスなのです。エルシスジャパンは2016年12月に設立されたばかりですが、その売り上げは1年たらずで2から3億円だと山内氏はいいます。

アメリカ発
(株)スタラタシス・ジャパン(Stratasys)

世界シェア50%の世界一の3Dプリンタの会社
全世界の売上高は約800億円

1988年アメリカで誕生
3Dプリンターを世界に先駆けて作った

熱溶解積層法(FDM方式)
プラスチックを熱で溶かした物をソフトクリームのように積み重ねながら固める技術。
→20年が経過して基本特許が切れる
→他社が3Dプリンターに参入
→Poly Jet 方式の新3Dプリンターを開発

Poly Jet方式の凄いところ
→カラー(FDM方式では単色)
→硬さを変化させることができる

アメリカから上陸
最新のアレをバラバラにする職人技

アイクラックト ジャパン(iCracked)

→iPhoneの修理専門のお店を運営
→本社はアメリカ発
→修理人は全米に4000人
→年間売上は約30億円

特徴は
→対面バーカウンター型修理スペース
→対面しながら修理をしてくれる
→写真や仕事のデータを抜き取られる心配なし
→液晶画面の割れなら30分で修理!


トリップアドバイザー
世界最大の旅行に関する口コミサイト

→2000年にアメリカで誕生
→世界48カ国で運営
→毎月3億5000万人が利用
→全世界の売上高は約1600億円
→広告料のみで儲かってる




スポンサードリンク



posted by CYL at 10:49 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。