2016年09月18日

がっちりマンデー|儲かる地下街

014f209919afcf240a8f92a4745a3561_s.jpg


がっちりマンデー|儲かる地下街



日本の地下街の総面積は約120万平方メートル(東京ドーム25個分)と世界でも有数の地下街大国です。しかし、地下街と一口に言ってもその個性はまさに千差万別です。今回はがっちり儲かっている地下街の儲かりの秘密に迫ります。



東京駅一番街
東海道新幹線ホームの真下にある地下街「東京駅一番街」は、東京の玄関口の東京駅という立地だけあって訪れるのは東京に来る地方の人、外国人が多い。そんな地方の人、外国人が欲しいものが集まっているのが東京駅一番街です。

地方の人、外国人が欲しいもの
その1:キャラクターグッズ

東京駅一番街には、プリキュア、ウルトラマン、ポケモン、スタジオジブリなど人気キャラクターグッズショップが26店舗あります。その中でも儲かりNO1はリラックマストアです。リラックマはアジア人観光客に人気があるといいます。また、店舗の配置にも儲かりの秘密があります。お客のターゲット層が近い店舗を近くに並べる工夫がされているでついつい隣のお店でも買い物をしてしまいます。


地方の人、外国人が欲しいもの
その2:限定お菓子

日本のお菓子は海外へのお土産として大人気です。グリコ、森永、カルビーなどでは東京駅一番街でなければ買えない限定商品が多数販売されています。またその場で食べることができる商品もあり人気を博しています。


地方の人、外国人が欲しいもの
その3:ラーメン

東京に本店を構える8店舗のラーメン屋さんが軒を連ねる東京ラーメンストリートは一番街屈指の集客力を誇ります。その中で売り上げナンバーワンは1日900杯も売れる特製つけ麺で有名な六厘舎です。ナンバーワンの秘密の一つは朝の7時半にオープンすることです。そのわけは東京駅近くに朝早く到着した高速バスの乗客です。朝ラーメンを求めて押し寄せることもあるといいます。


92426c34cc41407f54e6300517b7d7f1_s.jpg


新宿サブナード
日本有数の歓楽街である新宿歌舞伎町が近い新宿サブナードの地下街は地上の新宿と同じように1丁目から4丁目まで分かれています。

サブナードの福家書店コミックストアでは実に個性的な品揃えでボーズラブコミックなど腐女子系オタクの大好物が揃っているとマニアの間で評判のお店です。

歌舞伎町が近いとこともあり様々な個性的なお店が軒を連ねています。ストゥリームは新宿一の品揃えを誇るウィッグの専門店、三善メイクアップセンターは舞台、映画、テレビの出演者の化粧品のお店であの宝塚歌劇団もお得意様だといいます。

サブナード3丁目エリアは歌舞伎町で働くキャバ嬢向けドレスの激戦区となっています。歌舞伎町が近いということで出勤前に買い物をしていくキャバ嬢もいるといいます。

dbe289c8d7eca4d96113c127722b4a9c_s.jpg


うめだホワイティー(whity)
うめだホワイティーはまるで巨大迷路のような地下街です。どこも同じようなデザインで統一されているために初めての人は迷ってしまいます。案内所で道を尋ねる人はなんと1日に400人というから驚きです。

観光客にはわかりづらい地下街も日頃使い慣れた人には便利な地下街です。うめだホワイティーには多くの路線が乗り入れているので通勤の乗り換えなどで利用する地元大阪の人々が主なターゲットなのです。

ホワイティーには地元大阪人に愛される老舗が多いのが特徴です。約180
店舗のお店の内、開業当時の昭和38年から契約をしているお店が約40店舗あり、全体でも年に4から5軒しか入れ替わりがないというからどのお店のがっちり儲かっている証です。
posted by CYL at 09:44 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする