2016年06月17日

ワールドビジネスサテライト:激変!グローバル流通業 イケア(IKEA)

db2c35ec6a138e816a972ec33a61ae77_s.jpg


ワールドビジネスサテライト
激変!グローバル流通業 イケア(IKEA)




イケアの商品開発の柱
デモクラティックデザインとは

北欧スウェーデン南部にある人口約1万6000人のエルムフルトはイケアが73年前に創業した場所です。先週、エルムフルトで年に1度のイベントが開催され世界各国から集まったメディアに新商品のお披露目が行われました。

イケアの商品戦略の柱となっているのが、デモクラティックデザイン(Democratic Design)です。デモクラティックデザインは下記の5つの要素から成ります。これら5つの要素を全て満たしたものだけがイケアの商品となるのです。

デザイン(design)
機能性(function)
品質(quality)
持続性(sustainability)
低価格(low price)




最大の脅威はイケア自身
イケアの総収入はこの10年右肩上がりに拡大していますが、イケアグループのペーテル・アグネフィエルCEOは、現状に警戒感を示しました。今イケアにとって最大の脅威は現状に満足してしまう危険性を持つイケア自身にあると語ります。


殻を破る新戦略
そこで、ペーテル・アグネフィエルCEOが打ち出したのが2つの新戦略です。ひとつ目はネット販売の強化です。これまでイケアは実店舗での販売に重点を置いてきましたが、日本でもネット販売サイトを立ち上げる計画があるといいます。

もうひとつはは家具以外の商品開発です。例えば若者の車離れを意識してイケアが開発したのが自転車です。アルミ製のフレームは25年保証というから驚きです。また、一見本のように見えるのが、電池の充電器です。日本の家電メーカーと共同で開発したといいます。

スポンサードリンク



posted by CYL at 08:00 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする