2016年06月01日

ガイアの夜明け|ニッポン製”再起”に挑む!

14b83493c3016b9fb397005e5b07e0b0_s.jpg


ガイアの夜明け|ニッポン製”再起”に挑む!

TWINBIRD
生産拠点を中国から日本へ
ツインバード工業は、大手だとつくらないようなかゆいところに手が届く家電製品を製造販売する従業員約300人の中堅の家電メーカーです。

ツインバード工業は、中国深セン市を中心に約20年前から生産拠点を中国に移転してきました。中国の54工場で商品の9割以上を生産しています。

ところがいま、大きな悩みをかかえています。それは労務費の高騰です。深センの最低賃金ここ5年で約2倍になるほど急激な上昇を続けています。そして、円安でコスト高が重なったことで新潟県燕市に本社を構えるツインバード工業の社長 野水重明さんは、メイドインジャパン、メイドイン燕の高付加価値の商品づくりを目指す決断を下しました。生産の拠点を日本に戻す、いわゆる日本回帰です。

そんなツインバード工業が日本回帰の第1弾として商品開発に取り組んだのがいままでになかった全く新しい家電、360度首振りをする扇風機です。


ところがプラスチック部品を製造するために訪れた新潟ダイカストでは、金型製造に 3〜4ヶ月かかると言われてしまいました。それでは発売日までには間に合いません。海外に生産拠点が移ってしまった間、後継者不足などで金型屋の数が減少してしまったことが要因にあるようです。このように必要な技術を持った会社が国内から失われてしまっている現状があるのです。

そこでツインバード工業は、中国に生産拠点を移す前に仕事を依頼していた江戸川産業に相談を持ちかけました。十数年ぶりに仕事の依頼を受けた江戸川産業は、かつてツインバードが中国に生産拠点を移したことで、1年間の内にツインバードの売り上げが10分の1になり大変な苦労をした経験があります。それでもかつて共に成長した企業として協力してくれることになりました。

さらに社員数6名の町工場である小林研業には商品を鏡面のように仕上げる磨きの作業を依頼しました。小林研業はアップルのiPodの表面を磨いたことで有名な会社でもあります。

そして完成した日本回帰第1弾の360度首振りの扇風機は、部品の3分の1を中国産、残りの3分の2を国産で仕上げることができました。

海外への生産拠点の移転により生じた空白の20年を埋めるためには多くの課題があることがわかりましたが、それを埋めることは決して不可能ではないようです。



posted by CYL at 08:00 | ガイアの夜明け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする