2016年05月26日

ワールドビジネスサテライト|旅行界の巨人「エクスペディア」の新戦略

c3aeb96ffec46dbed80093e3e494ce6c_s.jpg


ワールドビジネスサテライト|
旅行界の巨人エクスペディアの新戦略



旅行界の巨人
エクスペディアの新戦略


エクスペディアは航空券やホテルを割安でオンライン予約できるサイトです。エクスペディアは、世界最大のオンライン旅行会社で世界約70カ国で展開し、年間2億以上の宿泊予約を受けています。

そんな旅行業界の巨人「エクスペディア」が今年戦略的に強化するのが日本市場です。

エクスペディアのダラCEOは、日本市場は前年比80%増と急成長を続けており、今後もその成長に期待しているといいます。

しかし、エクスペディアにおける日本の登録宿泊施設は数千軒にとどまっており、その数字は日本全体の宿泊施設数の10分の1にも満ちていません。


0d84db2ae703d92125a32420adb99197_s.jpg


急成長の日本市場攻略
そのカギは、、、


そこでエクスペディアが成長の鍵として注目しているのが「旅館」です。例えば、箱根の旅館登録数で比較してみると楽天トラベルやじゃらんでは200軒を超えていますが、エクスペディアでは約80軒と大きく水を開けられている状況にあります。

実際に箱根の老舗旅館「龍宮殿」では、エクスペディアに登録し外国人観光客が増えたといいます。特に最近増えているのが中国からの個人旅行客のようです。

龍宮殿では、2013年にエクスペディアに掲載し、当初7%台だった外国人観光客の比率は現在では約30%に迫るまでになり、Wi-Fi環境や浴衣のレンタルなどリピート客を増やすためサービスの充実に取り組んでいます。

2020年の東京オリンピックに向けて右肩上がりの外国人観光客をいかに自らの売り上げに取り込むことができるのか日本各地の宿泊施設にとってエクスペディアは良い選択肢の一つになりそうです。

スポンサードリンク



posted by CYL at 22:59 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする