2016年05月17日

ガイアの夜明け|育て!会社を背負う者たち

df1871329d04faec8f8f8e3721f9a23c_s.jpg


ガイアの夜明け|育て!会社を背負う者たち

Summary(まとめ)
あらゆる規模の企業が抱える
経営課題「人材育成」

大企業|三菱商事

創業以来の初の連結赤字
ビジネスモデルの変換期
仲介業務⇨事業投資⇨事業経営

新しいビジネスモデル
経営を担う人材の育成
⇨投資先へ送り込む
⇨企業を成長させる
⇨収益を上げる

実例:ファーストリテイリングへ
三菱商事の社員を出向させる
柳井社長の経営を実践で学ぶ

中小企業|大人の武者修行
中小企業向けの人材育成プラン
経済産業省の補助事業
全く異業種での研修



66cf48d9bc8adaa96ed6029828b93c21_s.jpg


商社のビジネスモデルの変化
喫緊の課題|経営を担う人材の育成

これまで商社は日本企業が輸出や輸入など国内外の取引をする際に間に立つ会社として発展を遂げてきました。たとえば石油などの資源、麦やトウモロコシといった食糧、ファッションブランドなど海外から日本企業へ紹介し、その仲介業務による手数料で収益を上げています。しかし、近年各企業が独自に海外に取引をはじめるなど商社がかかわる機会が次第に減ってきたといいます。

そこで新たに力を入れているのが「投資」です。資源の開発や水産物の養殖といった海外事業への投資や国内の外食産業や小売業への出資を積極的に行っています。

そして、今、商社がもっとも力を入れているのが経営を担う人材の育成です。商社のノウハウをもつ人材を投資先に送り込み、企業を成長させて収益を上げるというのが狙いのようです。

中小企業向けの人材育成プラン
大人の武者修行

大人の武者修行は、中小企業向けの人材育成プランで経済産業省の補助事業として2014年からスタートしています。約100社を優良企業として認定しそこに人材育成に悩む中小企業が将来を担う幹部候補を送り出します。期間は2週間以上で研修費の3分の2を国が補助します。全くの異業種で修行を行うのが最大の特徴です。

十勝バスの再生物語
89年をピークに売り上げが激減し一時は倒産の危機に陥った十勝バスは、40年ぶりに増収に転じました。十勝バスを経営危機から救ったのが4代目社長の野村文吾さんです。大人の武者修行として研修にやってきた研修生にこう語ります。

「朝起きて意識して歯を磨いていますか?気がついたらいつも通りにやっている。悪い磨き方だと虫歯ができる。「よい習慣」をどれだけ身につけられるか。勝手に自動操縦に入っていつまでも成果を出すやり方を続ける。」

悪い習慣を良い習慣に切り替える仕掛けが十勝バスにはあるのです。そして人材育成の根幹にあるのは人格に問題があるのではなく習慣に問題があるという考え方だといいます。悪い習慣を良い習慣に変えることこそが大切なようです。


スポンサードリンク



posted by CYL at 23:55 | ガイアの夜明け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。