2016年04月17日

がっちりマンデー|儲からせる地方コーチ

06d4f1f7ed89bfa0d677fdbe49d65b5d_s.jpg


がっちりマンデー|儲からせる地方コーチ

世界一の技術や独自の魅力を持ちながらも儲かっていない日本の地方。そんなうまくいかない日本全国の会社や人を儲からせる地方コーチをご紹介!!


(株)地域活性化プランニング
ロケ誘致の地方コーチ


NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台となった岩手県久慈市。そのロケ誘致がもたらした岩手県内への経済効果はなんと32億円。ロケ誘致に成功すれば、出演する役者の宿泊などはもちろんのこと舞台となった場所に訪れる観光客など経済効果は大きく、現在、地方自治体の間ではロケ誘致合戦が繰り広げられているのです。

そんなロケ誘致の専門家として地方自治体からの依頼が殺到しているのが(株)地域活性化プランニングです。(株)地域活性化プランニングはいわばロケ誘致のコンサルティング会社です。ロケ誘致のノウハウを伝授することに加え、ロケ可能なスポットをネット上で紹介するサービス「ロケなび!」を展開しています。

教えるロケ地選びのポイント
 基本は「東京にない景色」

・人工物が映り込まない場所
・川、山並み、野原、一つの画に収まる
・左右対称の景色

 トイレ、駐車場、食事場の情報重要



ドラマや映画のロケ地選びで重要なポイント、それは時代設定や場所が特定されないことだと言います。特に敬遠されがちなのが観光名所です。例えば、大分県豊後高田市にある昭和の町は、古き良き昭和の風情が残る商店街として多くの観光客を集める人気スポットですが、ロケには向かないといます。それは時代設定が昭和に限られてしまうためです。

それよりは何気無い河原がロケには向いていると言います。人工物が映り込まない場所、川、山並み、野原、が一つの画に収まる場所や左右対称の景色があるような場所などです。多くのロケ地が東京であるため、東京にない景色が地方ロケには求められるのです。そのため、地元の人には全く価値が見出せないようなまっすぐ伸びる田んぼの一本道などが好まれることがあるのです。

また、誘致する場合の重要なポイントとして、ロケ地の周りのトイレ、車を停める場所(何台停められるか)、食事場所などの情報を把握しておくことが大切になると言います。それらの情報はロケができることのアピールとなるからです。


e059d0af73606f6a447089bdfe0901ff_s.jpg


ライフスタイルアクセント(株)
自社ブランド製品づくりの地方コーチ



ライフスタイルアクセント(株)は、地方にある縫製工場の自社ブランド商品制作を手伝う地方コーチです。地方にある多くの縫製工場は、大手からの下請けとして働いていますが、それでは儲けが小さいわけです。ライフスタイルアクセント(株)はそんな地方にある縫製工場が、自社ブランドの商品を作ることでより多くの利益を得るためのコーチなのです。

例えば、年間18万枚以上のシャツを製造する永山産業株式会社南湖工場では、ライフスタイルアクセントが依頼した一流デザイナーの竹腰名生氏のデザインによるレディース用シャツの試作を作りました。実際に、ライフスタイルアクセントの山田敏夫CEOと竹腰氏が工場を訪問し、仕上がりをチェックしました。完璧な仕上がりに納得した後は、お金についての打ち合わせを行います。永山産業株式会社の永山社長が売価として提案した額を聞いた二人はもっと利益を乗せて良いと逆に提案をしました。

それを可能にするのがネット販売です。ライフスタイルアクセントが運営するファクトリエでは、地方縫製工場でできた自社ブランド商品をネット上で販売を行います。店舗ではなくネット上で販売を行うことで、人件費を抑え、お手頃の価格で提供することができるのです。つまり、人件費分の負担がない分、売り手は高く売れて、買い手は安く買えるというわけです。山田敏夫CEOは、年間200箇所以上の縫製工場を訪ね回り、ファクトリエは全国34の縫製工場とコラボしています。


f0c4971ca9ef4b2b957a0025ce0fac5e_s.jpg


CSN地方創生ネットワーク(株)
儲かる魚の仕立て方の地方コーチ


CSN地方創生ネットワーク(株)がコーチを行う対象は地方の漁師さんです。CSN地方創生ネットワーク(株)は、羽田空港内にある羽田市場を運営する会社です。羽田市場は、市場を通さずに漁師さんから直接仕入れ、都内の飲食店に卸しています。そのため、漁師さんから如何に新鮮な状態で魚を送ってもらえるかがキーポイントとなります。

野本良平社長は自らの足で契約の漁師さんを訪ね、魚の鮮度と味を決める大切な作業である魚のシメ方や箱詰めの仕方のコーチを行っているのです。例えば、ブリの場合、適切な方法でシメたブリとそうではないブリでは漁師さんが得る販売価格は10倍以上の差が出ることがあるそうです。

魚が多く取れなくなってきた現代漁業では、捕った魚をより高く売ることが漁師にとって大切なこととなっていると野本社長は語ります。羽田市場は現在700人の漁師さんと契約を結んでいます。
posted by CYL at 09:25 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする