2016年03月19日

ワールドビジネスサテライト|仮想通貨最前線

84057b054104356f0f2fd1151fba6a7b_s.jpg


ワールドビジネスサテライト
仮想通貨最前線



留学中の娘に送金
仮想通貨「ビットコイン」を使ってカナダに留学中の娘に送金をするのは三重県に住む母親です。ビットコインを使った送金には大きなメリットがあるといいます。それは手数料の安さです。

ゆうちょ銀行で送金をした場合、10万円の送金で2500円の手数料がかかりますが(さらに受け取り側でも手数料が発生)ビットコインではアプリ会社に支払う6円で済んでしまうのです。

ビットコインの専用アプリを開発したレジュプレスの大塚雄介取締役は、ビットコインの最大の特徴は送金機能だと語ります。

e4767dc708f604463604269a0e76cb09_s.jpg


送金なぜ安い?
ビットコインによる送金が格安の理由は、通常の送金システムでは、複数の金融機関を経由するのに対して、ビットコインでは、暗号化されてネット経由で送金が行われるため、原則として費用がかからないのです。

ビットコインで寄付
12年前からアジアやアフリカで貧しい人々の支援を行っているNPO法人グッドネーバーズジャパンの広報部長 飯島史恵さんは、これまで海外団体や個人から寄付の申し出があっても銀行振込の手数料が高くて難しかったと語ります。

ビットコインでの寄付では、ビットコインアプリを使えば送金手数料なしで手軽に少額募金ができるのです。

仮想通貨は革命的
早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問で経済学者の野口悠紀雄氏は、仮想通貨の登場で銀行の送金システムを使わずに仮想通貨を使うことは十分考えられると語ります。一方で、銀行が仮想通貨を導入しようという計画が進んでいます。シティーバンクやバークレー、ゴールドマンサックスなど国際金融機関40行が2015年9月に仮想通貨の研究会を立ち上げました。研究会には日本のメガバンクも参加しています。全国銀行協会の佐藤康博会長は、仮想通貨は悪ではなく、社会の利便性を上げる有効な面があると語ります。

161e04553834ace9896d899bf8e16db5_s.jpg


仮想通貨規制法案
2016年3月4日には利用者の保護、不正利用防止を目的に仮想通貨規制法案が閣議決定されました。資金決済法の改正案では、仮想通貨の売買・交換業者を登録制にし、さらに定期的な監査が義務付けられます。

その背景には、ビットコイン取引所の大手マウントゴックス経営破綻による(2014年)ビットコインの消失事件や国際的なテロ資金対策があります。


世界取引額は5割増
東証1部上場、FX大手のマネーパートナーズグループがビットコインの取引所「クラケン」を運営するアメリカのペイワード社と提携に向けた検討を行ったり、ビットコインを取り扱う店が日本国内でも急増しています。

銀座にある寿司店「銀座沼津港」ではビットコインの決済システムを導入しました。利用者の多くは外国人観光客です。
ビットコイン導入のメリットとして、決済の手数料をあげます。クレジット決済に比べて手数料が安いため、その分利幅が多くなるといいます。

マイクロソフトがビットコインでの支払いに対応するほか、リクルートやゴールドマンサックスなどがビットコイン関連企業に出資しており、ビットコインの世界取引額は前年に比べて5割以上増加しています。


スポンサードリンク



posted by CYL at 11:20 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。